善哉庵 ~杏月の萌え日記

腐女子の杏月が「善き哉」と感じたことを徒然に綴ります。I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes... or should I ?

Entries

おおきく振りかぶって13巻感想(1)

お江戸では昨日(12月22日)発売された「おおきく振りかぶって」第13巻。
おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって Vol.13 (アフタヌーンKC)
(2009/12/22)
ひぐち アサ

商品詳細を見る

僻地住まいの私は、いつも2日遅れでの購入を余儀なくされていたのですが……。

本日10時半、クロネコさんがおうちに届けてくれました!!

ありがとうありがとう楽天ブックス
密林さんだと「配達予定日12/24~12/26」となっていたので、
店頭発売(2日後に並ぶ)の方がタッチの差で早いかな? と逡巡していましたが、
今回、試しに初めて楽天ブックスを利用してみたら、遠隔地の我が家にも
発売日の翌朝に届きましたっ!
わーいわーい♪ これからはもっと利用させてもらうよ、楽天ブックス様々vv
……と、楽天イーグルスファンとして親会社をひととおりヨイショしたところで(笑)、

「おおきく振りかぶって」第13巻の感想を。

※以下、野球素人の腐女子によるネタバレ感想です。
 腐った妄想を含みますので、原作を純粋にお好きな方はご覧にならない方がよろしいです。








●表紙
前回、12巻の表紙が美丞の野手達だったので、
13巻の表紙は予想していた通り、投手3名&捕手2名の美丞バッテリーズでしたねvv
ということは14巻の表紙はもしかして滝ロカ……? わくわくvv
この13巻の表紙、初めて見た時にも思いましたが、
これまでの表紙と比べて、構図がちょっと変わっていますよね。
遠近法がすごいというか、キャラの大きさにかなり差があるというか。
匠くんがこの漫画の主人公みたい(笑)。
男子校らしい、やんちゃでわちゃわちゃした雰囲気が出ていて、
いかにも美丞っぽくて、なんか好きですvv

そして、話題騒然の帯!
表側にはアニメ2期決定、裏側にはアニメ1期総集編DVD発売の情報が。
以前の日記で書いたとおり、私は既に写真画像を見ていたので新たな衝撃はなかったのですが、
自分の手にとって実際に見つめると、
「ガセネタじゃなくって、やっぱりホントだったのね、アニメ2期……うふふふふww」
と喜びが実感を伴って、自然とニヤニヤ。

帯よりもむしろカバー裏表紙、が。
「あのムリヤリな約束を オレは さっきまで信じてた」
私、美丞戦のストーリーは既に知っているのに、
この時の三橋くんの気持ちを思うと……胸にずしりと響きました。

●キャラクター・プロフィール、目次
新刊が出る度に、プロフィールで私と同じ誕生日のキャラはいないかと探してみますが(笑)、
なかなかいないものですw
先入観で、匠くんは美丞一の速球投手だから背が高いイメージがあったんですが、
170cmしかないのが意外でした。
カグヤンやイッチャンとほぼ同じか。
斎藤優くんは181cm……。とゆーことは、
原作11巻P.47の滝井さんとの身長差から考えて、滝井さんの身長は170ぐらいかな?

目次ページの絵を見ながら、しばらくニヨニヨしていましたw(キモ)
身長差萌えるわぁ~vvv
呂佳さんが野球の練習着を着ているのも、なんか嬉しい。

中表紙の三橋くんのアップが……(T-T)。

●カバー裏おまけ漫画
部活以外の学校生活についてキタ――www
12巻感想でも書きましたが、
西浦ナインの自宅の位置とか、下校の様子とか、部室とか、文化祭体育祭とか、
公式がここまで親切に設定を公開してくれるとは……。
同人者の好む部分が次々と顕かになってて、なんだか見透かされているかのよう^^;。

まずは、「わりとひっしに」授業を受けている田島・三橋・泉に驚き!
田島くんゴメン……先日書いたSSで「授業中は居眠りが多い」って設定にしちゃった;;
朝練&夜遅くまで練習で体は疲れているだろうに、居眠りもせず熱心に授業を聞いてるとは。
野球部えらいな!(本気で尊敬)
一方、ハマちゃんは予定調和で居眠りしていたので、なんか安心しました(笑)。
あとは、泉くんのTシャツの柄が気になって気になって凝視したけれど、よく見えなくて残念><(え、そこ?)
割とフツーっぽいTシャツに見えるのも残念(笑)。
いや、実は色がショッキングピンクだったり、胸のロゴが「Romantic」だったりかもしれないぞ!

文化祭で和洋折衷カフェがあるなら、もちろん女装メイドカフェもあるな、うん。(断言)
体育祭当日に(欠席裁判で選手に選ばれて)大車輪の活躍をする西浦ーぜ達、ぜひ見てみたいですvv
一つの競技が終わっても、また次の競技で次々と西浦ナインが登場して、互いに競走ですよ?
誰を応援するか迷っちゃうわ~vv
あと、応援班として体育祭で振り付きで応援している7組トリオとか是非見てぇえええ!(ハアハア)
「振りは私が教えとくから」とのたまった篠岡さん!
ここは是非とも奴らを騙して、らき☆すたとかランカちゃんの振りを教え込んでやって
当日は全校生徒の前で羞恥プレイでお願いします!(杏月自重)
西浦モデル校の体育祭は、6月にやってるはずなんですが、
出場種目決めを崎玉戦の日(7月18日)にやっていたということは、
西浦高校の体育祭は夏休み明け、という設定なのかな?
そして、ハマちゃんの野球部フォローっぷりに涙、涙……(ノД`)
ハマちゃん……練習に手伝い参加して、生活費稼ぐためバイトやって、野球部の代わりに体育祭の準備か。
野球部のオカンは花井だと思ってたけど、実はハマちゃんだったのね。


●本編、まずは呂佳さんのモノローグから。
桐青中学で最後の大会中に「肩をぶっこわした」滝井さん。
滝井さんはピッチャーだったのかな?
性格的にもピッチャーぽいイメージあるけど。

●試合は、12巻からの続き。
5回表2死二塁、バッターは4番和田くん。
(こいつ(※三橋)のコントロールはホントならスゴイ武器だろうに。
配球読めちゃうと、かえってそれがマイナスになる)

ホント、和田くんの言うとおりだよ~!
高校生レベルでこんな精密機械並みのコントロールのピッチャーなんていないもの。
配球通りに寸分の狂いもなく投げられるなんて!
そんな和田くんは、阿部さんのセクハラサイン(=股の間に中指一本出す・笑)
首を振る三橋くんに惑わされて、3球空振り三振! チェンジ!
三橋(阿部君の、リードは、スゴイ!)
……いや、私は公衆の面前でそんなセクハラサイン(=股の間に中指一本出す・大事なことなので2度言いました)
を出せる阿部さんの度胸がスゴイと思うよ、うん。

「首振らせるサインがある」「三橋は全部うなずくだけ」と初めて知ったモモカンは、
三橋自身の意志で「丸きり捕手にまかせっきり」にしていると思います。
メラッと立ち上る怒りの炎で、これ以上ないくらい投手を委縮させていますけど^^;。
ビビる三橋くんの胸倉を握って支える阿部くん、のツーショットに萌え~vv
一方、阿部くんは(三橋が首振んねェのは1番はじめにオレがそう言ったからだ)
(投手にそんなこと言うのはおかしいんだ)とイビツさを自覚しつつも、
(ホラな、こいつは今なんの不満もねーんだ)(わざわざ、訂正してやるまでもねェよ!)
と自己弁護して目を逸らしちゃってますねー。

(いつも、声かけてもらえる。みんな、やさしい。みんな、阿部君のおかげっ)
「最後の打者、ナイピッチな」
と阿部くんに褒められれば、ポアッと真っ赤になって大喜びの三橋くん。
忠犬みたいで、一生懸命で可愛いなぁvv
でも、やっぱりイビツなのよ……この関係は。

●5回裏、西浦の攻撃。
美丞大狭山はシートの変更。ピッチャー:竹之内→鹿島、レフト:北村→竹之内。
竹之内くんをベンチに下げずレフトに、ということは、試合終盤にもう一度登板させるのね。

匠くんの投球練習に合わせて、西浦ベンチ前でバッティングのタイミングを計る巣山・泉・花井・田島に萌え~vv
いや、これは野球じゃ当たり前の光景なんですけどねw
なんかみんな並んで真剣な顔でやってるから可愛くって(笑)。
特に、左右対称になってるハナタジに萌えましたvvv

●速球派だけどノーコンで立ち上がりが悪い投手か。うんうん、いるいる(苦笑)。
(ブルペンでどんだけ放らせても変わらねェかんなァ)
(1球スライダーで力抜け)
という捕手・岳史くんの考え方も、
(エンジンかかるまではストレートで行かしてほしーんだよなァ)という投手・匠くんの考え方も、
どちらも共感できるし、しかもリアルだわww
スライダーのサインに(やだ)って首振る匠くんがなんかカワエエw
立ち上がりはノーコンで打者出しちゃうけど、4~5人目にはエンジンがかかって130後半出るようになる、か。
ブルペンでいくら投げ込んで肩作っても、マウンドに立って打者相手に投げるのとは全然違うのよねー。
私が応援する某プロ球団にも「ブルペンエース」と呼ばれる未完の大器、いらっさいます……(涙)。

ここで、岳史くんの捕手としての能力に疑問符が提示されましたね。
匠くんが立ち上がり悪いのは、チーム全員がわかっていること。
匠くん本人も正捕手の直正くんも、立ち上がりの制球難を早く軌道に乗せるには、
ストレート連投で思い切り腕を振るのが一番の近道、と解っている様子。
滝井監督は(ギリギリまでガマンして使うぞ)=1点差までは点取られることも折り込み済み。
バックを守る内野陣も、1死一・三塁なら1点取られるのは覚悟で前進守備は敷かない。
当の匠くんも、4番に打たれて1点取られたとしても(その間に肩あっためる!)と考えている。
直正くんも、1点取られても「そろそろ本気出せよ!!」とレフトから声を掛けている。
みんな匠くんのピッチングのクセを解った上で、試合の流れを冷静に読んでいます。
なのに、捕手の岳史くんだけが、3点目取られて2点差になったら、また呂佳コーチに指示を出される、
と脅えたのか、打たれて失点した投手に声を掛けるのも忘れ……。
周りが冷静に見れなくなっていますねぇ。
きっと匠くんはピッチングが気分に左右されるタイプの投手なんでしょう。
上手く乗せて気持ちよく投げさせてあげれば、速球ガンガン投げて抑えられるんでしょうけれど。
そんな投手の操縦法こそが、捕手の腕の見せ処かも?

「肩できたんなら、もうあいつら打てねーぞ! 思いきってこい!」
と匠くんに声を掛けた岳史くんは、とてもよかったけど。
でももう少し早く声掛けしていればね。2点は取られなかったかも。

●内野を抜くナイバッチな泉くんと、安定感抜群なバント職人の栄口くん、きっちりレフト前に運ぶ巣山くんに惚れ惚れ~vv
そしてコチョコチョしたくて仕方ねークソレ(笑)。そんなところが大好きさw

なにより、おっとこまえな4番・田島様に目がハートvvv
(最悪で犠飛)=犠牲フライで1点入れて、2死一塁。
(1死一・三塁のまま花井に回せれば、100点!)
=自分がヒット打って一塁セーフで、三塁ランナーはホームに帰って1点、一塁ランナーも三塁まで進む。
自分が凡退するって予想はこれっぽっちも考えてませんよ!
しかも、1死のままなら次の花井が犠飛でもいいから楽に打てる、ってそこまで考えてるんですもの!
そんで、その100点満点の、一・二塁間を抜くタイムリーヒットを成し遂げるんですもの!
あああ、マジで天・才!!

続く5番・花井の、文字通り「プレッシャー」をはねのける姿が萌え萌え~!(笑)
チャンスで勝負弱いあの梓が、きっちり仕事して犠牲フライだなんて……!(ほろり)←母の気持ちw

犠飛打ってベンチに戻ってくる花井くんの誇らしげに紅潮した顔が可愛くって、
私もドサクサに紛れて栄口くんと巣山くんの間に並んで、梓とハイタッチしたいです><!(ハイ、通報)
そんでもって、ドキドキドキとちっちゃくハイタッチを待ってる三橋くんがあああ~!
(4点目、入れてくれた。これで阿部くんのせい、は、なくなったよね?)
なにこの健気な考え……!
ばっしーん! と盛大にハイタッチ(?)して
(ンなことでうれしそうにしないでくれえっ)と涙目で赤面している梓と二人まとめて
熱く抱きしめたくなるじゃねーかコンチクショー!(逮捕)

●沖くんは凡退しちゃったけど、この回、西浦は2点を入れて、4-5の1点差まで追い上げました。
スタンドで観戦中の和さんは、捕手を見ながら(オレなら今ントコなんて言うかな)と思わず想像。
(野球場(こんなとこ)にいたら、また、腹ン中焼けるような思いで、何日も身動きできなくなるぞ)
ああ……和さん……(T-T)
腹の底で焦げつきそうに燻っている後悔の念が、痛いほど伝わってきて胸が痛みます。
それでも、スタンドを不安げに(?)見上げる岳史くんを見て、
(しょーがねェ、呂佳さん戻るまでいるか)と気遣ってあげるその優しさが和さんよねぇ。結婚してくだ(だが断る!)
トイレへと席を立つ呂佳さんに、心の中で思ってた
(便所なんか5回後のグラ整ン時済ましときなさいよ)って口調がなんか可笑しいw

●6回表、美丞大狭山の攻撃は、
先頭の5番・直正くんがヒットで出塁したものの、
6番・匠くんがバント失敗で空振り三振、
7番・松下くんは4-6-3のダブルプレーで、チェンジ!
4-6-3(5-6-3も)大好きな私はウハウハです(笑)。

●攻守交代のベンチで阿部くんは三橋くんに
「死球でいいから出たいとかぜってー思うなよ」(のぶといこえ)←笑ww
このシーン、早くアニメで中村さんの声で聞きたいです(笑)。
(ノーコン速球派は試合出すなよなァ)って思ってるけど、阿部さん、
アンタ中学時は、すぐマウンド降りたがるノーコン速球派の榛名さんに、
少しでも長く投げて欲しかったんじゃなかった?(苦笑)

そして、ドM水谷の背後に迫るのは、くすぐりドS大魔王泉様
「みーずたに! アレ、イーのか? ん?」ってセリフとコチョコチョの手つきがえっろ!
その調子でいつもは誰をイジメてんですか?(ニヤニヤ)
しかも泉様のみならず、「おっしゃ!」の雄叫びも猛々しく、
超絶テクニッシャン最強天然4番田島様も参戦!!(笑)
この二人のドSに責められて3Pか……(おーいww)
クソレ……完全に廃人と化したな。もうフツーの刺激じゃ満足できない体に……。

●6回裏、匠くんのピッチングは明らかに5回とは違って、球が走ってるし、フォームも躍動感あります!
西浦は先頭の7番阿部くんがフォアボールで出塁したけれど、
ドM水谷くんは、「ナイバッチ水谷スイッチオン!」……することもなく、速球にビビって3球三振。ダメだこりゃ。
西浦ベンチの「あー」「たけーよー」「おしーおしー」の言い方が、めっちゃ棒読みで爆笑wwww
三橋くんはバントが強すぎて、まんまと併殺コース。
6回は美丞も西浦も、同じような展開になっちゃいましたね。
でも、匠くんの調子が上がってきたし、1点ビハインドだし、西浦の方が精神的に劣勢かな?

●三橋くんを励ます沖くん。二人のやりとりに、またまたホンワカ萌え~(*´д`*)
お互いビビり同士(笑)、通じ合う部分があって、
優しい言葉のやりとりで二人ともホワホワ嬉しい気持ちになって頬を染めているのがvv
……そんな心温まるお花畑ペアの平穏をぶち壊すのは、いつだって阿部さんのデカイ地声ですYO(笑)。

水谷くんに「当たんなよ。ホネ折れちゃうぞ」とアドバイスされて、
(心配、して、もらう の、うれしいな。心配してもらえるのは、役に立ってる、から だ)
(役 立つためには、ケガに、注意する!)

沖くんに「ドンマイ!」と声掛けられて、
(オレ、幸せだ! バント失敗しても、気にかけてもらえる)
(気にかけてもらえる、のは、投げてアウト取れるから)
みんな、阿部君のおかげだ!

三橋くんの思考回路は、全て「阿部君のおかげ」に帰結しています。
こんなに盲目的に依存しちゃって……ますますサヨウナラフラグが……(汗)。

●一方、美丞大狭山ベンチの岳史くんは。
チームメイトの打ち解け合ったやりとりに目を細めながら、
呂佳コーチのサインに従って自分が犯した、過去のラフプレーを思います。
(……怪我が治ったからって、許されることじゃねェ)
(渡辺、木村。オレは高校で野球辞めるから、今日だけ、こいつらのためにがんばらしてくれ)
(お父さんもお母さんも今日はスタンドに来てくれてる)
(オレ、バカでホントごめん――!)

……このモノローグで、本気で涙目になってしまいました。
この後の衝撃的展開は知っているので、13巻を読んでむしろこのシーンの方が私にはショックだったかも。
岳史くんがやったことは、決して許されることじゃないけれど。
でも、まだ十代の子どもの彼が、野球をしたくて、試合に出たくて、
大人の悪い誘惑に乗ってしまった、その葛藤と罪悪感を思うと……。
だけど、呂佳さんを悪い人だ! と断罪するつもりも、嫌いにもなれません。
彼が勝利至上主義に走ってラフプレーも厭わなくなった、その元凶のトラウマに痛いほど同情を感じるから。
なんだろう……つまりは弱い人間が好きなんですかね、私^^;。

●7回表、美丞の先頭打者・岳史くんは、首を振る三橋くんを見ても、
(バッテリー間の力関係なんて簡単には変わらない)
阿部くんの「(打者の)好きなトコへはボール球」「基本の配球」を読んで、
外へ逃げるスライダーを左中間へ弾き返しツーベースヒット!
(結局捕手は、ここぞって時に最悪を考えてしか動けない)
捕手だからこそ、捕手の心理を読みきったこのセリフに痺れました!

9番バント失敗で、1死二塁。
次の打者は今日3安打の川島くん。
阿部くんの配球を読んで、決め球ストレートに山をはった川島くんは、きっちりセーフティバント!
オールセーフで1死一、三塁! 西浦大ピーンチ!

次打者のヤノジュンは、サードランナーの岳史くんに「しっかりな!!」と掛け声。
これは「相手捕手を狙ったラフプレーはしねェで、しっかりフェアプレーで点取ることだけ考えろ」って意味なのかな?

●大ピンチの局面を迎えた西浦バッテリー。
頼れる女房役の阿部くんは、もちろん投手を励ますためにマウンドへ駆け寄り……
三橋くんのムナグラをガッと掴んで「またバックホーム躊躇したら、ブッ殺すかんな!と脅迫www
ホントおもしれーなぁ、このバッテリーww

1死一、三塁。次の打者は2番。
3番も4番も長打があるから、四球で満塁は避けたい。
スクイズを警戒しつつ、”まっすぐ”でストライクを入れるしかない。
この厳しい状況の中、三橋くんのモノローグは
(阿部君は、ケガしない!)
めっちゃフラグ立ててますぅ~!^^;


とゆーことで、感想が長くなったので以下つづく!(笑)

続きの感想はこちらです→おおきく振りかぶって13巻感想(2)
関連記事

*Comment

No title 

こんばんわ。
恐るべし楽天ブックス、私のところも、発売日の2日遅れ、休日が間に入ると3日遅れの地域ですので、23日に読めるなんて、全く思っていませんでした。
それが昨日の午前中、ピンポーンと・・・
のんびりとなんだろう?と出てみると、「おお振り」じゃないですか!
びっくりでした。

その13巻ですが、なんかちょっと胸が痛くなっちゃいました。
ネタバレを見て、何が起こるのか知っているのに、夢中になってしまいました。
阿部君の怪我・・・辛いですよね。
漫画の世界の話なのに、本当に起こったことのようで、切なくなっちゃいます。

アニメは1期も放送されなかった地域、放送されることはないでしょう。
DVDになるのを待たなければならないのは辛いところです。
田舎暮らしにはなれましたが、こればっかりはどうしようもないです。
  • posted by めぐ 
  • URL 
  • 2009.12/24 18:47分 
  • [Edit]

めぐ様、ようこそ~vv 

めぐ様も楽天ブックスご利用されましたかvv
まさしく「恐るべし楽天ブックス」、ですよねv

>なんかちょっと胸が痛くなっちゃいました。
私もです……。
何が起こるか知っているのに、やはりこの目で見るとショッキングでした。

>アニメは1期も放送されなかった地域、放送されることはないでしょう。
一刻も早く見たいのにご覧になれないのは、つらいですよね……。
早く見たいvvなんて浮かれたコト書いて、配慮が足りなかったですね。申し訳ございません。
でも、ウチの地方も地上波放送されるかどうか、かなりアヤシイです^^;。
期待していた1期再放送はまんまと裏切られたし…。
もしBSで放送されてリアルタイムで見ることができたら、
懲りずに感想をブログにアップしようかと思っています。
アニメネタバレがお嫌でなければ、よろしければ見においでくださいませvv
……それも、BSで放送されるかどーかにかかっていますが^^;。

コメントをどうもありがとうございました!
また遊びにお越しくださいね~♪
  • posted by 杏月 
  • URL 
  • 2009.12/25 19:34分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

旬の花時計

善哉庵アルバム

2006~2009年の花や空

カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事+コメント

人気ページランキング

ブログパーツ

ブログ内検索

カウンター

おお振り単行本

Amazonサーチボックス

QRコード

QR

プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
おおきく振りかぶって
東北楽天ゴールデンイーグルス
V6
名探偵コナン&まじっく快斗

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪