*All archives* |  *Admin*

2024/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
甲子園ベスト8
夏の甲子園、昨日ついにベスト8が出揃い、
3回戦(準々決勝)の組み合わせが決まりました。

8/21(金)第1試合:明豊(大分)-花巻東(岩手)
     第2試合:日本文理(新潟)-立正大淞南(島根)
8/22(土)第1試合:帝京(東東京)-県岐阜商(岐阜)
     第2試合:都城商(宮崎)-中京大中京(愛知)


今年は9回での大逆転とか、延長戦にもつれこむ激戦とか、終盤にドラマが多いですよね!
(あくまでイメージで語ってます^^;)

私は全試合をテレビ観戦できているわけではありませんが(当たり前w)、
断片的に見た試合や、夜のニュースや熱闘甲子園で見たダイジェスト映像、
スポーツ新聞のWEB記事から、私なりに一部ピックアップして以下に書いてみます。


●8/19 県岐阜商6-3PL学園
PL5年ぶりの夏終わる…監督「悔いが残る」(サンスポ8月19日付)
5回に、ファールフライを追いかけて、PLのレフトの子とサードの子が交錯したんです!
二人はしばらくグラウンドに倒れたまま……私まで思わず涙目になりました。
レフトの子は脳震盪を起こしてベンチに下がり、
サードの子は左膝を痛めたようだけれど、試合に出続け……。
頑張っている未来ある高校球児達には怪我をして欲しくないので、
こういうシーンはホントに血の気が引きます。

怪我だけでなく、PLの控えの子や、立正大淞南の子達が新型インフルエンザに罹ってしまったりと、
今年は野球とは別の障壁が立ちはだかって、球児達も大変です……。

ベンチ一丸、立正大淞南が逆転8強/甲子園(サンスポ8月20日付)
>小野は「いない子たちが戻ってくるまで野球がしたい。何としても打とうと思った」と目を腫らし、
>太田監督も「きょうを乗り切れば、みんな戻ってきてくれるという思いです」目を潤ませた。

(T◇T)もらい泣き……。
勝てて良かったねぇ! 次も頑張って!!
……とはいえ、対戦相手にだって同様の必死さや勝利への渇望があるだろうから、
そっちも勝って欲しいし、なんとも悩ましいところ^^;。


●8/19 九州国際大付3-4x帝京
伊藤が148キロ!帝京サヨナラ8強/甲子園(サンスポ8月20日付)
劇的なサヨナラだったなぁ! さすがは帝京の底力!
最後、マウンドで崩折れた九国大の納富くん、可哀想だった……。

帝京の1年生投手伊藤拓郎くんが投げた直球が148km/hを計測して、
1年生として大会史上最速記録を更新したそうです!


●8/20 常葉学園橘6-8明豊
プロ注目同士の対決 オール直球勝負 敗れて悔いなし(サンスポ8月20日付)
9回裏、6-5で常葉橘1点リード。しかし無死三塁、同点のピンチ。
そこで打席に迎えた明豊の今宮くんに、庄司くんは全球直球勝負を挑み、同点打を浴びました。
>捕手「ライバル心を燃やしていたし、この舞台だし、勝負したかった」
>庄司投手「前の打席で今宮君に変化球を打たれていたから、悔いは残したくなかった」

庄司くんは延長12回を一人で投げ抜いて211球の力投。
というか、甲子園での3試合全て一人で完投。
最後は、一死満塁から打者・平井くんに併殺コースの当りを打たせたものの、
明豊一の俊足に負けて、併殺崩れの間に勝ち越し点を取られて敗れ去りました。

明豊は継投した3投手がみんなレベル高くって、今宮くんは151km/h出すし、
3番手の子も「何で今まで試合出なかったの?」と思うぐらいいいピッチャーだし。

試合後整列の後、庄司くんと今宮くんが歩み寄って笑顔で語り合い、
庄司くんが着けていたバッティンググローブを今宮くんに「受け取ってくれ」と渡し、
笑いながら胸を軽く叩いて、固く握手して抱き合って、爽やかに離れていきました。
素敵な光景で萌え…とても微笑ましかったですvv
こーゆーのがあるから試合後整列は目が離せないんだよなあ(杏月、自重…)

あと、明豊の校歌(by南こうせつ)を聞いて度肝を抜かれましたw


●8/20 東北1―4花巻東

菊池雄154キロ!花巻東が東北対決制し8強(サンスポ8月20日付)
菊池くん、9回に154km/h(左腕の歴代最速!)のストレートを投げたんですって?
す、すごいなぁ~!
東北勢対決となった両チーム。中学時代に東北選抜でチームメイトだった選手もいたそうで。
試合終了後の整列で、両チームが歩み寄って声掛けあって、
さらに、負けた東北高校の選手達がベンチ前で清々しい表情をしていたのが印象的でした。


そういえば、8/17の横浜隼人戦。
6回まで1-1のまま膠着した投手戦で、7回裏1死ランナーなしから、
菊池くんがセンターオーバーのヒットを打って、チャンス到来。
なのに、三塁を狙ってタッチアウトになったんですよorz

これって味方は超へこみますよね……?
おお振り10巻でも、崎玉戦6回裏で花井が念願の長打を打って8点目が入ったけれど、
三塁まで狙ったら、大地くんに刺されて三塁アウト、チェンジ! となった瞬間、
西浦ベンチは「ああ…」「もったいねー…」とガッカリしてたっけ。
そんでモモカンに「ため息いらないよ!」って言われてた(笑)。

ところが、三塁側ベンチの花巻東選手達は、アウトになった菊池くんを迎える顔が、
みんなすっごい嬉しそうな満面の笑みなんですよ!(驚)
アウトで戻って来た菊池くんも照れ笑いして楽しそうだし、
チームメイトも彼に声掛けたり肩叩いたり、興奮して嬉しそう。
待ちに待ってたチャンスが目の前で潰れたのに。

花巻東は、アウトになってベンチに帰って来ても選手は下を向かないし、
ベンチもハイタッチして笑顔で迎えるそうなんですが、
本当にそうなんだ……! と驚きました。
そして、その直後に二死から勝ち越しツーランHRが出ました。
菊池の激走に燃えた!「取ってやるぞ」と柏葉2ラン(スポニチ8月17日付)
>この回、エースの菊池雄が中堅手の頭上を越える打球を放った。
>だが、三塁を果敢に狙ってアウトに。
>柏葉は「投手なのに必死で走っていた。あれで流れがこちらにきたのかな」と話した。

対戦した横浜隼人も「笑顔」を絶やさない爽やかなチームだったなぁ!

菊池くん、ここまで甲子園で3試合とも一人で完投しているけれど、
今日の準々決勝、第1試合……疲れはかなり残っていることでしょう。
悲願の“白河越え”、できるかどうか注目ですね!


●8/20 都城商4―1智弁和歌山

智弁和歌山の岡田投手って、身長181cm、体重68kgで、
おお振りの花井くんとほとんど同じなんですよ!
「もし西浦の二番手投手・花井投手が甲子園で投げたら、こんな感じなんだな……ハァハァ」
と思いながら、熱く見守っt(そーいや、以前も同じようなこと書いてたな^^;)

智弁和歌山エース「泣きたいけど、今回は泣かない」(朝日8月20日付)
岡田くんは左手中指にマメ+原因不明の発熱で前日も38.1℃あったそうで、
万全の体調ではなかったけれど、試合後半は気迫のピッチングでした。
7回無死満塁の超大ピンチを無失点で切り抜けて、
ラスト1球、見逃し三振で吠えたのがカッコ良かったなー!
「本当は泣きたいですけど。1年の時も2年の時も泣き崩れて甲子園を後にしていたから、
今回は泣かないと決めていました」


高嶋監督の甲子園最多勝利記録は、58勝のタイ記録でストップ。
歴代単独トップをプレゼントするのは、岡田くん曰く「後輩たちに託します」。


他にもいろんなドラマがあっていっぱい感動したけれど、長くなったのでこれくらいで^^;。
私、あらゆるポジションの野手も大好きだし、見た目の美醜はあまり興味ないほうなんですが、
イケメン投手たちが次々と敗れ去っていって淋しいよー(T-T) (おいおいw)

最後に。
某サイトマスター様が企画したベスト8予想に、身の程知らずにも参加させていただいたんですが、
私は8枠中4校、当たりましたvv
よ、よ、よかった~=3
途中から「2~5位の人は罰ゲームで……」という話がのぼって、どうしようと本気で焦っていたので(笑)。

明日から準々決勝。
夏の甲子園はあと4日間しかないのか、と思うと淋しいですが、
激闘にワクワクしたいと思います♪



※追記:
このブログのカウンターが120000Hitに達しました!
うわわ!? 前回の11万打からちょうど1ヶ月で超えるとは……。
嬉しい驚きです><!
こんな辺境ブログまでお越しくださった皆様、本当にありがとうございます!
ご来訪者様にひとときの息抜きの場をご提供できれば何よりの幸せです。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

こんにちわ! 花巻東vs明豊の試合、見応えありましたよ。9回2点を追う花巻東の攻撃、(アウトカウントど忘れ)3,1塁のシーンで、ノムさんもびっくりの偽装スクイズが飛び出しましたよ。他にも明豊がタイムをかけずに投手交代した隙を二塁走者が三塁へ進塁するなど、ノムさん好みの野球が幾つも。
wakaba様、いらっしゃいませvv
wakaba様、ようこそ!

見ました! 準々決勝・花巻東vs明豊。
9回表の偽装スクイズも、明豊の投手交代の隙を狙った三塁進塁も、
ノムさんの野球を日々見ている者としては、
高校生なのにやるなぁ! と痺れました。
すごく集中して試合に臨んでいましたね。

それに、5回の菊池くんの緊急降板や、
延長で一塁手と激突して失神した佐藤涼平くん、
熱中症になってベンチに下がった選手達などもいて、
それでも勝利したドラマチック過ぎる試合展開に、
試合を見ながらマジで涙してしまいました。

そして、敗れ去った明豊・今宮くんの晴々とした笑顔に再び涙……。

高校野球はドラマが多すぎて感動ばかりもらっている毎日です。
…楽天イーグルスの快進撃にも感動させてもらっていますがw

コメントをどうもありがとうございましたvv
旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪