*All archives* |  *Admin*

2024/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
たわけ者めが!!
大河ドラマ「天地人」第6話の感想です。
が、その前に、今週も関連記事を3つご紹介。

1)子役の与六くんと喜平次様がイベントに
2)豆まきする兼続と、モデルの殿
3)三池監督が今日の天地人に出演


1)子役の与六と喜平次様が、南魚沼の雪まつりに登場、だそうです。

南魚沼市雪まつりに与六登場(新潟新報2月6日付)
名子役 加藤 清史郎くんがやってくる!(南魚沼市「天地人」サイト)

2月14~15日に行われる新潟県南魚沼市雪まつりに、
与六(のちの直江兼続)役の加藤清史郎くん(7才)と、
喜平次様(のちの上杉景勝)役の溝口琢矢くん(13才)がゲスト出演。さらに、
>大河ドラマ「天地人」で上杉家家臣を演じている役者さんも急遽駆けつけてくれることが決まりました!
や、やるなぁ、南魚沼市……!!
同時期(2月14~15日)に、山形県米沢市でも
「第32回 上杉雪灯篭祭り」というお祭りが開催されるんですが……。
(↑夜、雪で作ったたくさんの灯篭にろうそくが灯され、静かで幻想的なお祭りです)
いやはや、南魚沼市のやりっ手っぷりに感服です。
子役主従2人は14日(土)午後3時過ぎに、雪のステージに登場する予定。
>インタビューのほか、地元の小学生との交流も検討している。
>与六の名せりふ「わしは、こんなとこに来とうはなかった」が出るかは未定。

って、ゲストに呼ばれてそれ言ったらマズイっしょwww


2)毎年恒例の成田山での節分会で、大河ドラマ出演者5名が豆まきをしました。

節分:「福は内」 朝青龍、妻夫木、長澤が成田山で豆まき(毎日新聞2月3日付)

そのころ、殿(北村一輝さん)は……?
北村一輝がモデルでタキシード姿披露(スポーツ報知2月4日付)
ブライダル服メーカーさんのイメージキャラクターを務めておられるそうで、
こちらのサイトの「GRANVINO」というページをクリックすると、
あまりの格好良さに腰が砕けそうになりますのでご注意ください。


3)本日の天地人第6話に、映画監督の三池崇史さんが出演していますよ。

三池監督がゲスト出演、兼続と刃を交える!?(NHK大河ドラマ公式サイト)
三池崇史監督がNHK大河「天地人」準レギュラー(スポーツ報知2月6日付)

三池監督は、今回の大河ドラマ出演キャストと縁が深く、上記の報知でも
・妻夫木聡:「SABU~さぶ~」
・深田恭子:「YATTERMAN ~ヤッターマン~」(3月公開予定)
・小栗旬:「クローズZEROII」(今春公開予定)
などキャストが出演した三池作品が紹介されていますが。
え、ちょっと! 三池組といえば「北村一輝」じゃないの!?
だって三池監督の作品に無名の頃からたくさん出演しているし、
そもそも本名で活動していた北村さんに「一輝」って芸名授けた名付け親が、三池監督でしょ。
私はあまり三池監督の作品見たことないし、北村さんのコアなファンでもないけれど、
その私ですら知ってるのに……。
上記以外にも、吉川晃司さん、松田龍平さん、上地雄輔さんなどなど、
三池監督とお仕事した役者さんはこの大河にいっぱいいますけどね。
>親交の深い共演者らがニヤニヤと見守る現場に「普段ダメ出しているので、やりづらかった」
という監督の言葉が可笑しかったw
今日の天地人の、どこでどの役で登場するのかは、後のお楽しみw

それでは、第6話「いざ、初陣」の感想を。


※以下、腐女子が腐った目線でネタバレ感想を書いていますので、お嫌いな方はご覧にならないでくださいませ。





「たわけ者めが!!」

殿(景勝)のこのひとことに、兼続への愛やら憂慮やら淋しさやら、万感詰まってましたねぇ~。

念願の初陣に目を輝かせていたのに、
母に貰った櫛を握りしめて命乞いする敵を斬れず、味方に怪我を負わせた兼続。
「申し訳ございませんでした」と謝罪する兼続に殿は、
「命乞いをする者を斬るのは確かにつらい」「もう二度と謝るな。強くなれ」と言葉を掛けます。
その後、兼続は戦死者の中にあの命乞いした敵兵を見つけ、
亡骸の手に櫛を握らせて落涙。「兼続は戦の怖さを知ったようでございますな」
その様子を沈痛な面持ちで遠く見つめる殿。
兼続は直江景綱様(宍戸さん)にも「決して生き急いではならぬぞ」と人生の忠告を受けます。
なのに、陣中で景虎様(玉山さん)の家臣と諍いを起こし刀を抜いて、
兼続はとうとう謙信公から、上田庄へ帰れと蟄居を命じられる……。
「もう二度と謝るな」「強くなれ」と言ったのに、
またもや「申し訳ございません」と自分に土下座する兼続を見て、
殿はやりきれない悔しさや哀しみでいっぱいだったことでしょう。

殿は、人の気持ちを思いやれ、人の痛みも解る優しい気質だけれど、
「戦場では人が変わる」という設定だそうで。
さすがは武家の頭領の子。
戦場にあっては非情に徹しなければならない、その厳しさをよく解っています。
一方で、「あの者にも母がいると思ったら……斬れなかったのです」
と落ち込む、感受性豊かで涙もろい兼続の優しさ(言いかえれば弱さ)に、
愛おしさを感じつつも、この先戦場で生き残れるのか、不安を強く感じたことと思います。
同時に、そんな優しい(弱い)兼続を自分の近習として
戦に駆り出さなければならない自責の念、みたいなものもちょっとあるのかな?
「強くなれ」という殿の言葉は、剣術や戦の手柄ではなく、
自分の弱さに負けるな、という意味だったと思いますが、
あろうことか兼続は、景虎の家臣の挑発に乗って御法度を犯してしまった。

そのように心が弱くては戦場でなぞ生き残れぬぞ!
しかも、諍いの原因は犬を「喜平次」と呼び虐待したことへの怒り(=自分への忠義心)とは、
なおのことやり切れなくて胸が痛む。
つか、ぶっちゃけお前が上田庄帰らされたら、離れ離れで、ワシ一人ぼっちじゃん!!
「いつまでも、わしの傍にいよ!」「はい!」
って約束したのにぃ!
「たわけ者めがッ!!」
……ってことですよね? 景勝様。(腐女子フィルター装着済み)

兼続がへこんでると、殿もムスッとご機嫌斜め。
「兼続の沙汰を穏便に、とお屋形様にお願いしておいた」という景虎様にも、
いつもしどろもどろだったくせに「人の家臣の心配など無用じゃ」と、
”ワシのわんこに構うな”牽制をして、景虎家臣の風紀が乱れているとチクリと釘をさす。
お屋形様を前に「家臣の不始末の責めを負うのが主の務め。責めは私に!」と懇願。
……まったく、殿はどんだけ兼続が好きなのかと。

あと、わんこかわえええ!! わんこvvvv
(どっちのわんこやねん・苦笑)
あの柴わんこを「喜平次~、喜平次~」って呼んで、かいぐりかいぐりしたい!!

……なんだか、私の感想、景勝目線というか殿贔屓な傾向ですが、
この大河は基本、「主従萌え」で、しかも兼続に同調して見ているので、
ついつい「殿らぶ!」な気持ちに感情移入してしまうようです^^;。
それと、寡黙で言葉少ないから、殿がどんな気持ちだったのか想像したくなるのかな?

わんこ(17歳の方w)は今回もへたれっぷりを如何なく発揮していましたねw
大河ドラマ好きの方には「戦国時代にあんな女々しいことを言う奴があるか!」とお叱りを受けそうですが、
私は今回の兼続は等身大な少年でいいな、と思いました。
時代がいつであろうと「初めて人をこの手で殺める」というのは、ヘビーな体験だろうし、
「人を殺めて得意がるような者にもなって欲しくないのです」という母の言葉にも頷けました。

てゆーか、「母から貰った櫛を持っていた敵兵の遺体を発見」シーンで、
兼続にまたもらい泣きしちゃったよ私……(アチャー^^;)
我ながらマジで涙腺どっかおかしいんちゃうかと思います。
どうやら「親子ネタで泣かせる芝居」に弱い模様(苦笑)。

それから、敵兵は殺せないくせに、
「敵を切れぬ腰抜けを家臣にもつとは景勝様の器量も知れたものよの」
と侮辱されたり、わんこ喜平次を「腰抜け」「臆病者」「弱虫」と呼ばれると、
たとえ味方相手でもキレて抜刀するってのが……兼続、ホント殿が大好きねぇw
上田庄へ帰れ、という謙信公のご沙汰を受けて、真っ先に言うこと(一番つらいこと)が
「殿のお傍を離れねばならぬのですか……」なのか。この正直者めww

とゆーことで、三池監督は、刈安兵庫役でした~!
片目を眼帯で隠してた、兼続と刃傷沙汰を起こした上杉景虎の家臣、ですね。
独特のワルイ佇まいが雰囲気あって、なかなか良かったですね。
三池監督は多分この先、第10~15話のどこかでも登場するでしょう。


その他の感想。

・「上杉軍は圧倒的な強さで敵の山城を攻め落としていったのでございます」
とナレーションが言ってる割には、上杉軍のお屋形様(謙信公)、
敵が次々と繰り出す槍を片っぱしからたたっ斬ってたなww
総大将が周りを敵の雑兵に囲まれてるって、かなりピンチじゃないかと(苦笑)。

・第6回にして今週はようやく合戦のシーンがあって(スタジオ収録だけどw)、
戦国時代っぽい絵になってきて、ちょっぴり嬉しかったw

・信長様、流し目エッロ―――いww

・謙信公が兼続を陣から立ち去らせて上田庄に蟄居としたのは、
今のままの兼続だと戦であっさり殺されそうだから、
=兼続への過保護気味な愛情、としか見えませんでしたがそれが何か?

・今回はとにかく斬新な演出でしたねぇ。
暗闇+スポットライトで、「ここはどこ?」な独特の雰囲気でした。
水面に映る月や、道端の花なんかも意識的に使われてて。
この演出、視聴者の好き嫌いがはっきり分かれそうだなぁ^^;と思ったり。
個人的に、雪降る夜闇の中を、景勝と兼続がとぼとぼと歩くシーンが、すごく良かったww


さて、来週はわんこ(兼続)がご主人様(景勝様)から引き離されて、保健所…もとい、上田庄へ。
遠距離○愛萌え、ですね、わかります。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

最近見れていません…試験もあったんで

今週の土曜日の再放送は大丈夫なんですが、日曜の放送はバイトが入ってまた見れそうもありません。

あぁぁ…(泣
山中さん、ようこそいらっしゃいませvv
お忙しそうですね。
試験の季節ですものね……。
どうかご無理をなさらずに。

でも、見れる場合は土曜日に見るということにして、
後はこのブログでおおよそのあらすじを掴んでいただければ嬉しいですvv
(……って、こんな腐女子目線で偏った感想じゃ全体像掴めんorz)

もしテレビ放送をご覧になれた時は、
いつでもご感想をお聞かせくださいませvv
(私の感想が人様とどんだけズレてるのか心配です・苦笑)
旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪