--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009_01
18
(Sun)23:59

お尻ペンペン萌え

正気の沙汰とは思えぬ本日のブログタイトルですが(苦笑)、
本日の内容は、大河ドラマ「天地人」、第3話の感想です。

本題に入る前に。

天地人博:オープニング式典に妻夫木さん、北村さん来訪--24日、米沢 /山形(毎日新聞1月11日付)
妻夫木さん、北村さんが若松に 来月24日、「天地人」展初日のセレモニー (福島民報2008年12月26日付)
NHK大河ドラマ:「天地人」ゆかりの地で対談--妻夫木さんと北村さん /新潟(毎日新聞1月9日付)

ゆかりの地で主役の主従二人がトークショー!?
みっ、見に行きたい……!!

スケジュールは、
24日10:45~ 山形県米沢市で、11時半から約1時間のトークショー(450名)
24日15:30~ 福島県会津若松市で、16時からトークショー
25日10:30~ 新潟県南魚沼市で、トークショー(1300名)
25日15:00~ 新潟県上越市で、トークショー(1300名)
だそうで、それぞれの街で「天地人」にまつわる展覧会が開幕するので、
そのオープンセレモニーにゲストとして出演するようです。
大河ドラマで町おこし、がんばって!(切実に応援)

それにしてもお二人とも撮影でお疲れなのに、ハードスケジュールだなぁ。
でもまた二人してキャッキャと美味しいお酒飲んで楽しい時間を過ごすんだろうなぁvv
このお二人、そしてキャスト・スタッフも含め、現場はめっっちゃ仲が良いらしくってですね。
それについては、また次週、詳しく触れます^^。

そんなイチャコラを目の前で見られるなら、いっそ応募しようか?
でも応募したら高い確率で当たっちゃいそうだし、当選しても現地に行く日程が厳しいしなぁ。
なんて思いあがったことを考えていたら。

倍率20倍超、450人が当選 「天地人トークショー」観覧、米沢で抽選(山形新聞1月15日付)
>県内を中心に関東や大阪府などから、予想を大幅に上回る9447通の応募はがきが寄せられ、
20倍を超える倍率となった。


妻夫木、北村さんトークショーに応募殺到 新潟(MNS産経ニュース1月14日付)
>ともに定員1300人、往復はがきで募ったところ、
>13日までに上越市には定員の5倍近い約6200通が届き、
>南魚沼市も4000通を超え、定員の3倍を上回った。
>14日が締め切りの上越市は最終的に7000通、
>15日(市内分17日)が締め切りの南魚沼市は同じく5000通の見込みだ。

   
なっ……!?
9500通の応募で20倍以上の倍率!?
……くじ運悪い私なんて到底当たるはずもなかったです。
舐めたこと言ってすんませんっしたorz


それでは、第3話「殿の初恋」の感想を。


※以下、腐女子が腐った目線でネタバレ感想を書いていますので、お嫌いな方はご覧にならないでくださいませ。


本日の大河ドラマ、
開始10分でいきなりお尻ペンペンですよ……!!(;°∀°)
兼続(妻夫木さん)が四つん這いで畳の上を逃げ惑い、
景勝(北村さん)がお尻をペンペン叩きながら追いかけ回す、とゆー……。
「ああっ、と、殿っ! ご勘弁を! あっあっ、イタッ! と、あっ、殿」とか口走ってるし。(うはwww)
片や、殿は四つん這いの兼続の帯を背中側から右手で握って、左手でスパンキング……。
(スパンキングゆーな)
しかも、家来(東幹久さん)がやってきて、殿の母上様(高島礼子さん)がいらしたと告げても、
殿はギリギリまで掴んだ帯を離さずにイチャコラ…懲らしめようと。

……いったい誰をターゲットとしたサービスショットなんですか!? 脚本家先生ッ!!

まぁ、この時、兼続(妻夫木さん)14歳、景勝(北村さん)19歳ぐらい
(しかもコレ数え年だから、現代でいえば13歳と18歳ww)の設定だから、
(「こっ、心の目で見れば、今も紫!!」←必死に自己暗示をかけるための魔法の呪文w by独眼竜政宗)
まだ年若く、幼少より共に成長してきた親しい主従の、他愛もないじゃれ合いと見えないことも……
って、見 え ね ー よ !!
めっちゃ萌えたよ!!(笑)

そのお尻ペンペンの前も、かなり可愛かったww
上杉謙信の養子二人=景虎(玉山さん)と景勝を比べると、
我が殿景勝様がどーしても地味で見劣りしてしまうことが悔しい兼続わんこ。
おなごの人気も、舞の巧みさも、笙の腕前も、親元の所領の多さも、
景虎様>>>>>>>景勝様、と図星なことをズケズケ言っちゃって(笑)、しかも、
わんこ「されど! 殿には……」
殿  「……されど?」(期待で身を乗り出してワクテカw)
わんこ「…………思い当たりませぬ」(半べそ)
殿  ズコー(AA略)
そしてスパンキングシーンへ……。
なんだこの天然主従コンビwww


もう一つ萌えたところ。

出陣前の杯を挙げる戦(いくさ)支度の王子様…我が殿を、
縁側の末席から潤んだ目で遠く見つめている兼続。
兼続はまだ14歳(しつこいw)の若輩者なので、お屋形様(謙信)に一生懸命お願いしたけれど、
未だ戦に連れて行ってもらえません。
今回も景勝様の館でお留守番。
他の上田衆(=お寺で一緒に修業した小姓達)は出陣するのに……。
殿は今回の合戦で、初の先陣を務めます。
戦いの最前線。もしや殿の御身に危険が迫ることもあるやもしれません。
無性に感情が昂ぶった兼続は、思わず末席から「殿!」とご武運を祈る声を。そして、

「この兼続の居る場所は、5歳の頃より仕えてから、殿のお傍をおいて他にはないのです!」
みるみるお目々ウルウルウル~。
「なのに……なのにいつも失敗ばかりで、殿の足手まといになるばかり。
それが、それがほんっとうに情けなく……」
先陣で戦う殿を守れないことが悔しくて悲しくて「どうかこの兼続をお許しください!!」

景勝のご家来衆全員を前にして、おっきな声で愛の告白大会w
キミ、ほんっと~に殿が大好きなんだねぇえ~。と、しみじみ。

そして、そんな泣きべそわんこを見つめる殿の優しい目がまたいいんだこれがw
自分が恥かいても何も弁明できない(しない?)くせに、兼続のフォローのために、
超無口な殿が頑張ってちょっと場を和ますこと言ったりして、そんでもって
「兼続! ……留守を頼む」の殺し文句w
あの~、そのセリフって、旦那様が愛妻に(ry
殿もわんこが大好きなんだねぇえ~。と、つくづく。


オープニング前の前フリ映像でも、
画面いっぱいに、左に兼続、右に景勝のアップで、
その間に「愛」の兜って……。
二人の間には愛が、って意味ですかそうですか。
(いやまあ、親愛があるのはその通りだけど、あまりにもインパクトある絵で……)


それにしても、寡黙で不器用な殿(景勝)萌え~www
黙々と刀の手入れするのが大好きだったり(これは史実に基づいているw)。
宴で初めてお船(常盤貴子さん)と会って見惚れて、
お酌してもらったお酒を杯からぼとぼと零したり。
景虎の優雅な舞の後で、「次は景勝様に舞ってもらっては?」と言われて、
「お断りいたします」とKYなこと言って、場をシーーンとさせたりw
(景勝様に舞を、と話が出た瞬間、上田衆のやっ、やっべ! って顔がたまらんww)
兼続はじめ上田衆が殿をフォローして裸踊りを始めたのを見て、
ホッとして感謝を秘めつつそっと口元に笑みを浮かべたり。
恋慕の情でぼんやりため息ついたり、好きな子が近くを通ったらカッコつけたり。
そのおなごと二人きりになってしどろもどろの挙動不審になりまくったりw

景勝公って、一生のうち笑ったのは一度きり、と伝説になるくらい無口で気難しそうな、
たとえて言うならゴルゴか高倉健さんみたいな人だったそうなんですw(例えが間違ってる)
北村一輝さんは、ご承知の通り、
大人っぽくてフェロモンだだ漏れでエロいw(褒めてます)んですが、
このドラマでは、さりげないしぐさや視線で、内気で奥手でウブな雰囲気を演じてらっしゃいます。
でも、内向的で大人しい凡庸な殿様、ではなく、人間的な魅力にあふれているというか、
寡黙な中にも家臣への愛情と懐の深さが滲み出ていて、家臣に慕われている。
要するに、母性本能が擽られる、素敵な天然っぷりの殿ですww
そこがまた、北村さんが演じるとえっらい可愛いです。

そんで、そんな超無口な殿のご意向が、
目配せ一つでわかっちゃう兼続。
他の近習仲間は気づかなくとも、
殿のご様子が何やらおかしいと気づいちゃう兼続。
その親密な関係がこれまた萌えるww

兼続は、景虎よりも景勝が優秀だとアピールしようと先走って、
自分の名案(笑)を勝手に「我が殿の考えにございます!」とか謙信公に言っちゃって、
逆に景虎の株を上げ、殿(景勝)の顔に泥を塗ったり。
殿がお船に一目惚れしたと知るや、殿のフリして勝手に恋文送って呼び出し、
逆に二人の仲を気まずくしたり。

お目々きらっきら・殿大好きわんこの感情豊かで爽やかな演技は、
妻夫木さんの魅力を十二分に発揮したたまもの、というか。

こんなドジっ子属性なお小姓が傍にいる景勝様。
その苦労といったらホンットに大変ww 心中お察し申し上げます(笑)。
でも兼続の失敗で自分が他の人に白い目で見られても、
兼続を責めたり詰ったりはせず、黙って拗ねてる(笑)だけww
唯一怒ったのは、スパンキングシーン(おいw)だけで、
それも半分ふざけて遊んでた感じだもんなぁ~。
嗚呼、景勝さまかわいいよ景勝さまwww

この二人の役者さん、前から好きではあったけれど、
今回の大河で、私の中でますます興味と好感が増しました。


第3話、その他の感想としては、
・泉沢(東幹久さん)、ことあるごとに兼続をベタベタ触り過ぎだww
・景虎(玉山さん)、めっちゃハンサム。目の保養w
(それでも私は見目麗しい景虎よりも、地味で朴訥な景勝の方が好きvv)
・お船さん(常盤貴子さん)お肌つるつるでキレーvv
・上半身裸で田舎踊りを踊りだす上田衆、心底楽しそうでかわええww
・兼続の母の回想シーンで子役の与六が出てきて、ああ可愛い……!

裸踊りは、女性視聴者向けお色気シーンでしょうか?(笑)
だけど私はそれ見てもさほど萌えないとゆー(苦笑)。
キャラや俳優さんの見た目の美醜より、カプの関係性に萌える性質なものでww
とにかく私は主従に萌えすぎてもー、こめかみが痛いです(苦笑)。
今日一日で既に3回ぐらい見てるんですけど(完全にオワットル)、
途方に暮れるほどの、萌えの爆弾。まったく、どうすれば……(呆然)。


だけど、大河ドラマがこんな脚本でいいのかなぁ~? とちょっと心配^^;。
腐女子的には一から十までスタンディングオベーションなストーリーでしたけれど、
硬派な戦国物語を期待していた男性諸氏や、
先週までの子役の名演技に心酔していたお母様方は、
もしかしたら今日のお話でちょっとガッカリしたかもなぁ~……。
今日の話はかなりラブコメ調だし、俳優さんの見た目もガラリと変わったし。
私は好きなドラマなので、視聴率をそれなりにキープしていって欲しいんですが……。
ま、視聴率に関係なく、私はこれからも見るけど。
でも、中身の濃い脚本を書いていっていただきたいと期待しております。
大河好きとしても。腐女子としても(笑)。
……今日みたいな恥ずかしいタイトル書かなきゃならないのは羞恥プレーですがww
国営放送けしからん! もっとやれ!!
関連記事

コメント

NoTitle

バイトがあったので見れませんでした…NO-!

でも次の土曜日にある再放送を見ます!
それ見てから感想お読みしますね~


それにしても倍率20以上は壮絶ですね。

2009/01/19 (Mon) 20:02 | 山中 | 編集 | 返信

山中さん、ようこそvv

土曜日の再放送、ぜひご覧になってください!
あんなハレンチなスパンキング映像を高視聴率のドラマで流すなんて…。
けしからん! 実にけしからん!
これからもずっとついて行きます、日本○○協会様…!!
(おまいの頭がけしからんよ)

9500通の応募ってスゴイですよね~!
大晦日のスタパでもキャッキャしてたお二人なんで、
それを生で見られる方が羨ましいですw

再放送をご覧になった後で、山中さんのご感想もぜひお聞かせくださいねvv

2009/01/20 (Tue) 00:07 | 杏月 | 編集 | 返信

観ました!けど…(泣

再放送観ました!けど…前半見逃しましたぁぁ…(昼食の筑前煮を作ってた)

なのでお尻ペンペンは見れなかったです。
残念~…
「・・・・・・・思い当たりませぬ(泣)」
ズコー

↑のあたりは『天地人』放送前のCMで観ました。
DVD出たらたぶん借りて見ます。


後半はばっちり見ましたよv

あの喜平次様が恋…おいしすぎます!かわい~v
そして不器用。せっかく兼続がセッティングしてくれたのに生かしきれてないし(笑)
なんだあの挙動不審な殿(笑)
しかも「おぬしの仕業か」の後!もう本当にたまらん。


酒宴でのやり取りも見ものでしたね~
夫婦って裏設定があると思います!
じゃないとあんな台詞言わせませんよ!
それに酌をしてる姿も妻そのものじゃないですか。
絶対確信犯ですよ、脚本家先生は。

腐った目線でも楽しめましたけど、泣いている兼続とお船のシーンはちょっとときめきました。
ドキッとしてる兼続カワユスv
お船さんも素敵な女性ですよね~
あんな魅力あふれる人になりたいものです。


『篤姫』はここ数年の大河ドラマでも群を抜いて高い視聴率でしたが、『天地人』も負けないぐらい数字取れるのではないかと(私は)踏んでいます。
エネルギッシュだしなんか勢いがある。
この勢いが一年持つといいのですが…


明日はバイトがないので4話見ますよ!
たのしみですねv

2009/01/24 (Sat) 22:06 | 山中 | 編集 | 返信

山中さん、ようこそvv

お返事が遅くなり、申し訳ございません。

前半、ご覧になれませんでしたか~。残念です><

>「・・・・・・・思い当たりませぬ(泣)」
>ズコー
私もこのシーンは放送前CMで見かけていて、
「なんだこの萌える二人wwにやにや」としていたんですが、
まさかそれ以上の爆弾(お尻ペンペン)がすぐ後にあろうとは……!
さすがは日本○○協会!

>なんだあの挙動不審な殿(笑)
一つ間違うと「キモ男くん」(笑)になっちゃいそうなところですが、
さすがは北村さん!
母性本能をくすぐるシャイなカワイイ殿、でしたねvv

>しかも「おぬしの仕業か」の後!もう本当にたまらん。
殿がぺいっ! って文(ふみ)を投げつける様子も可愛ければ、
兼続が「…きっ」みたいな小さな声あげて首を竦める様も可愛くって、
ゴロゴロ萌え転がりましたww

>エネルギッシュだしなんか勢いがある。
>この勢いが一年持つといいのですが…
今は平和で和やかなラブコメモードですけれど、
数年後からは熾烈で切なくって波乱万丈な出来事が
これでもかこれでもかと待ち受けている上杉家ですからね。
重くなりすぎずに、でも真面目に生きざまを描いていって欲しいと、
脚本や演出に期待してますv

また4話以降のご感想も聞かせてくださいねvv
お待ちしております!

2009/01/26 (Mon) 00:51 | 杏月 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。