善哉庵 ~杏月の萌え日記

腐女子の杏月が「善き哉」と感じたことを徒然に綴ります。I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes... or should I ?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東大合格生のノートは美しい

2009-04-21crocus.jpg


いつもおバカなことばっかり書いているので、今日はちょっぴり真面目ぶって(笑)。
こんなニュース記事を見つけました。

国語辞書が小学生に大ブーム ユニーク学習法がきっかけ(産経新聞4月21日付)



ユニークな学習法「辞書引き学習」とは、
>(1)机の上にカバーを外した状態で辞書を置いておく(国語の勉強時間以外も)
>(2)引いた言葉を付箋に書いて、そのページにはる。
>あとは好きな言葉、気になる言葉を引いていくだけ。

だそうで、考案した校長先生曰く、
>「知的好奇心を身に付けるのに役立つ。
>遊び感覚でやる気を引き出し、やればやるだけ自信にもつながる」
>「頑張った分だけ付箋が増え辞書はふくらむ。
>目に見える成果が出ると、子供たちはますます引きたくなるものです」


へぇ~、いい傾向じゃないでしょうか?
電子辞書やインターネット検索の普及で、
最近の子ども達は辞書を引く機会がかつてより少なくなっているんじゃないかと思います。
(あくまで勝手なイメージで語ってますw)
でも、自分の手で辞書をめくって言葉の意味を探すっていうひと手間が、
より記憶に残りやすくしてくれる気もするんですよね。(あくまで勝手なイメージでry)

私が小学校高学年だった時の担任の先生は、国語科を得意としてらしたようで、
とにかく毎日膨大な量の「辞書を引く」宿題を出された覚えがあります。
ノートに線を引き、先生が指定した形の表を作って、
上の段に新しく出てきた知らない単語を片っぱしから書く。
そしてひたすら辞書を引いて、下の段に意味を書き写す。
これだけでも小学生にとっては大変な労力と時間を要する作業で、
いつも夜遅くまで睡魔と戦いながら宿題やってたっけなぁ~(遠い目)。
それから、国語の教科書の文章から、段落ごとに「要旨」をまとめる、って宿題もよく出されました。
今にして思えば、「辞書を引く」「要旨をまとめる」という反復訓練は、
私の国語力の礎になったと思います。
それに、解らないこと、知りたいことがあったら、すぐに調べてみる、という性向も養われました。
先生につくづく感謝です。

「自分の手で作業するひと手間が記憶に残りやすくする」とさっきも書きましたが、
覚えやすい勉強法って人によりますよね?
何度も口に出して読んで覚えるタイプとか、耳で繰り返し聞いて覚えるタイプとか。
皆さんはどのタイプでしたか?
私は「とにかく書いて覚える」タイプだったようです。
なので、特に授業のノートを取る時は、自分なりに解りやすく、綺麗に見やすく書くことに萌えて…燃えていました(笑)。

そういえば、昨年秋にこんな本が話題になっていましたね。

東大合格生のノートはかならず美しい東大合格生のノートはかならず美しい
(2008/09/25)
太田 あや

商品詳細を見る


著者は東大に合格した高校生のノートを200冊以上集めて、その共通点を分析したそうです。
そして、その結果に基づき、コクヨさんと共同開発して
東大合格生のようなノートが書ける(?)画期的なノートやルーズリーフ↓も同時発売していました。




さらに、この本がよほど売れ行き好調だったのか、つい先日、また同じようなご本を出版されたようです。

東大合格生のノートはどうして美しいのか東大合格生のノートはどうして美しいのか
(2009/04/16)
太田 あや

商品詳細を見る



「東大生のノート」の秘密 膨大な情報…体系的に整理(産経新聞2008年11月2日付)
東大合格生のノートはかならず美しい(文藝春秋HP)
東大合格生のノートのとり方を研究して生まれたキャンパスノート(コクヨHP)

私はこのベストセラー、読んでいません。
WEB上で見つけた、上記の関連ページの内容をまとめてみたところ、
・東大合格に必要なのは、膨大な情報量を体系的に整理する能力。
・書くという行為は一見非効率に見えるが、ノートをまとめる少しの手間が効率化につながり、二次試験対策になっている。
・東大生のノートから7つの法則を発見。
(1)とにかく美しい(2)大学に入学してからもノートを残している(3)余白を作り、授業時間内に理解する努力をしているなど。
・学んだことを効率的に身につけるために、後で見返ししやすいように美しく書く工夫をしている。
(書き出しを揃える、内容ごとに書く場所を決めている、教科によっては、文字だけでなく図や表を書いたり、プリントを貼る)
・人によってノートのとり方も多様。なので、学習におけるノートには「汎用性」が必須の要件。
・その結果、共同開発でコクヨから発売された「ドット入り罫線(けいせん)ノート」。
罫線に等間隔のドットを入れることで、グラフや表がきれいに書けるのが特徴。


要するに、新開発の東大合格生のように書けるノートってのは、
今までの普通のノートの罫線に、等間隔でポチポチとドットが付いている、というだけですw

まぁ確かに、見出しや書き出しの位置を揃えやすいし、表を書く時も目印になって便利だけど。
でもその分、少しお高いんでしょうか^^;?
それなら、今までの罫線ノートに定規使って線引いたり、目測で頭揃えたりしてたから、
すんばらしく”画期的”とも思わないけれど……。

それより何より、「東大合格生のノートは必ず美しい」って、
ステレオタイプに断言しちゃうのは乱暴な気もするなぁ。
結局は、「自分が理解しやすい」「自分が後で見返しやすい」のが重要なんであって、
読解不能な謎の象形文字の羅列でも、あっちこっちに矢印が飛んでても、いいわけで。
ま、私は東大合格生でもないので(あたりまえ!)、そんな私が何言おうと説得力ナッシングですがww

昨年末頃、テレビの某情報番組でこの本を取り上げた特集を組んでいたんですが、
この本の内容よりも、それに関連して「才能ある人は独自のノートを作っている」という取材内容の方が興味深かったな。
職業は様々(脚本家、漫才師など)ですが、それぞれ自分の大学ノートを持っていて、
思いついたこと、キーワード、忘備録、果てはその日の詳細な記録(日記)まで、
それぞれ独自の書き方で、雑多に書きつけてありました。
IT化が進んで、パソコンあるいは携帯で”入力”することが多くなったけれど、
真っ白なノート一面に、縦横無尽に自由に言葉を書いていくことが、
自由で豊かなで発想をもたらしている、という趣旨だったと記憶しています。

なるほどぉ~、そぉかぁ!
私ってば、一度ノートに手で書いたことを、もう一度キーボードで入力する手間が惜しくって
最初っから何でもパソコンに打ちこんでるもんな。
そんなんだから発想力貧困なモンしか書けないんだなぁ。
やっぱSSのネタ帳とかって、アナログなノートがいいんだなぁ。
と非常に納得した次第ww(オチはそこかよ)←でも未だにネタ帳は書けないワタシ^^;。
関連記事

*** COMMENT ***

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

旬の花時計

善哉庵アルバム

2006~2009年の花や空

カレンダー(月別)

08 ≪│2018/09│≫ 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事+コメント

カテゴリー
人気ページランキング

ブログパーツ

過去のログ

ブログ内検索

カウンター

おお振り単行本
Amazonサーチボックス

QRコード

QR

プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
おおきく振りかぶって
東北楽天ゴールデンイーグルス
V6
名探偵コナン&まじっく快斗

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。