*All archives* |  *Admin*

2024/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
最後の試合
昨夜は、パ・リーグ2008年シーズンの最終試合、
楽天イーグルスvs福岡ソフトバンクホークス in Kスタ宮城。
王監督の、プロ野球生活50年間の最後の試合。
いくつかのパ・リーグ個人タイトルにも影響を及ぼす試合。
そして、この試合の勝敗でパ・リーグ最下位と5位が決定する、
裏天王山の試合でした。


・先発は、楽天:田中投手(マー君)、ソフトバンク:杉内投手。
お互いに今季ベストかと思われるほどの素晴らしい投球……!
9回を終えても0-0の、息詰まる投手戦でした。

・まずは、個人タイトルの行方について。
田中投手は、この試合に勝てば10勝で、高卒新人投手としては松坂投手以来の、
2年連続2桁勝利です!
→結果:
 9回を140球、被安打6、奪三振10、与四死球4で無失点に抑える力投も、
 味方の援護がなく、勝ち負けつかずに降板……。
 結局今季は9勝7敗1S、防御率3.49の成績で、惜しくも2桁勝利には届きませんでしたorz
 でも、2桁奪三振は今季6度目で、さらに
 高卒新人での2年連続150奪三振は江夏投手以来40年ぶり、だそうです。
 9回表には150km/hも出てたし、終盤に気合の入った雄叫びも度々あったし、
 田中投手本人としても、今季を締め括るに相応しい、満足ゆく投球内容だったんじゃないでしょうか。

・ソフトバンクの杉内投手は、日ハムのダルビッシュ投手と奪三振王を争っていました。
→結果:
 この試合で三振を11個取って、計213でパ・リーグの奪三振王になりました!

・この他、あと1打点で100打点に達するフェルナンデス選手もいたけれど、
延長11回裏2死三塁で、ソフトバンクの守護神馬原投手の外角ストレートを痛烈なライナー!
……と思ったらライトがキャッチorz ということで、99打点で終了でした。残念。

試合展開は、延長11回まで0-0。
両チームともこの試合、絶対負けるわけにはいきません!
今シーズン私が見てきた中でも3指に入る、もんのすごく締まったいいゲームです!
……これがホントに最下位争い? と思うくらいに……orz
12回表、1死一、二塁の大ピンチで、迎えるバッターは王監督の愛弟子、4番の松中選手……。
しかし、代わって登板した佐竹投手がたった1球で4-6-3のダブルプレーに仕留め、ピンチを脱する!
そしてその裏、楽天の先頭打者の草野選手が二塁打で出塁!!
次の山崎武司選手が馬原投手の配球を読んで、2球目のスライダーをレフト左へ!!
楽天イーグルス、劇的なサヨナラ勝利パ・リーグ5位を勝ち取りました……!!

やった~!!!!
う、うれしいぃ~~~!!!!\(T◇T)/

リアルタイムで見て涙目、今日になって録画をもう一度見直してまた涙目、です(苦笑)。

・でも、いつもなら、こんなドラマティックなサヨナラ勝ち、しかも5位決定戦、その上シリーズ最終戦だったら、
狂気乱舞して興奮冷めやらず、なんですが、
今日は諸手を挙げて喜べない気分です……。
だって、カメラさん、ベンチの中の王監督をずっと映しているんですもの……。
王監督……、最後の試合、勝って、5位になって、有終の美を飾りたかっただろうな……。
でも、私としてはゼッタイに楽天イーグルスに勝ってもらいたかった。
……なんとも複雑な心境。

・思い返せば今シーズンの開幕戦は、あのショッキングな3ランホームランでのサヨナラ負け。
2008年の楽天イーグルスは、ソフトバンクにサヨナラ負けして始まって、
ソフトバンクにサヨナラ勝ちして終わった、ということですね。
さらに、チーム対戦成績も12勝12敗で、ぴったり五分だそうで。

・王監督の最後の試合、まさに「筋書きのないドラマ」でした。
パ・リーグの裏天王山で、対戦相手が現役時代から縁ある野村監督。
監督勇退を惜しむかのように、延長12回までもつれ込む4時間超の大激戦、
12回に入ってざあざあと強くなる涙雨……。
事実は小説よりも奇なり、と言いますが、陳腐な小説など足元にも及ばないドラマチックな試合でした。
やっぱり野球の神様に愛されている人は、なにかあるんだなぁ、と感嘆。
王さん、長い間ほんとうにお疲れ様でした。
これからも野球界のためにご活躍くださることを期待しています。

・試合後、野村監督から王監督へ花束贈呈。
以前話題に上っていた「向日葵と月見草」の花束ではなかったけれど、
ホークスカラーの黄色でまとめられた大きな花束↓でした。

王さん最下位決定も笑顔でさよなら(日刊スポーツ10月8日付)

野村監督も、淋しくなるだろうなぁ……。
ソフトバンクとの試合開始直前に、仲良く談笑しているお二方の監督を見るのが、
微笑ましくって私はすごく好きだったんだけど……。
もうそのお姿も見れないのかと思うと淋しさもひとしおです……。

野村語録「おれの時もこんなに入るかな」(日刊スポーツ10月8日付)
ノムさん「張り合いなくなる。ONに支えられてきたからなあ…」(スポーツ報知10月8日付)
【楽スポ・野村語録】「山崎がサヨナラ打って、閉幕の舞台は整った」 (楽天スポーツ10月7日付)

・そして、この試合は楽天イーグルスの今季最終戦。
野村監督からの挨拶と、引退選手のセレモニーもありました。
小倉投手……試合で1球でも投げるところを最後に見たかったなぁ。
球場全体に響く観客からの「小倉」コールで、目元を指先で拭っていた姿を見て、
私も最高潮にもらい泣き……(T_T)

・というわけで、2008年シーズン、全日程を終了しました。
岩隈投手は、防御率(1.87)、勝利数(21)、勝率(.840)の投手3冠を達成。
リック投手は、パ・リーグ首位打者(打率.332)。
……投打のタイトルホルダーを擁しながら、楽天イーグルスは5位に甘んじました。
最終的なチーム防御率は3.89(リーグ3位)チーム打率は.272(リーグトップ)
65勝76敗3分、勝率0.461で、1位の西武からは11.5ゲーム差。
うう~ん……なぜなんだ……orz 来年こそは!

ところで……今日からはもう、楽天イーグスルの試合、ない、の……?
来年3月まで試合が見れないなんて……。
どうしよう……心にぽっかり穴があいたかのようなこの寂寥感……。
(昨年の今頃もそうだった・苦笑)
……また昨年みたいに飛行機に乗って、仙台まで行って、
秋季練習、見学してこよーかなぁー……(時間的&金銭的にキビシーorz)
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪