*All archives* |  *Admin*

2024/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
清原選手、引退
昨夜は、オリックスバッファローズの清原和博選手の引退試合がありました。
私はその試合を見れませんでしたが、
(楽天vs日ハム戦の方を、マー君が2回1/3までに7失点したところまでは見ていたんですが……)
今日になって、引退セレモニーの、清原選手の最後の挨拶だけ動画で見ました。
またもらい泣きしてしまった……。

オリックス特集:清原和博選手の引退セレモニー(Yahoo!動画)


私は、清原選手の素晴らしい功績も、芳しくない評判も、あまりよく知りません。
ほんの3年前まで私は野球が大嫌いで、
清原選手が活躍していた全盛期(高校球児の頃から数年前まで)を、リアルタイムで見ていないからです。
プロ野球(パ・リーグのみ)を熱心に見るようになったのは昨シーズンからだったので、
清原選手はリハビリ中でした。

活躍はよく知りませんが、「清原和博」という選手が多くの人を惹きつけて止まない、ということはよくわかります。
「無冠の帝王」といわれ、打撃3タイトルは一度も獲れなかったそうですが、
高校時代、そしてプロ入り後も、様々な素晴らしい記録と記憶を残してきました。
清原選手が好きだという人も、嫌いだという人も、
彼のドラマに満ちた野球人生に惹きつけられてきた、という点では恐らく同じでしょう。

私は、清原選手と桑田真澄さんとの愛憎が綯い交ぜになった関係を知ってから、好意を感じました。
桑田さんが現役引退した時のインタビューや、
清原選手の一軍復帰前に、桑田さんが打撃投手を務めたニュースを見て、
思わず感動しました。(すみません、根が単純で……)
もちろん、キレイ事だけではないとは解っていますが、
清濁を兼ね備えた清原選手に人間的な魅力を感じて、興味を惹かれます。

膝の怪我が悪化して、2度の手術をして以降、2年に及ぶ毎日のリハビリは相当苦しかったことでしょう。
それでも、リハビリ中もファンやマスコミから復活を熱望され、
一軍復帰、引退表明後の人気も高く、引退試合のチケットも早々に完売。
そしてその試合では、王監督から花束をもらい、イチローや桑田さんが観戦し、
阪神・金本選手から花束贈呈、長渕剛さんが「とんぼ」を生で熱唱。
野球選手としての最後の花道を、こんなにたくさんの人に惜しまれて華々しく終えられた彼は、
本当に野球の神様に愛された人だったんだなぁ、と羨ましくも感じます。

清原さん、本当にお疲れ様でした。
最後に、この目で清原選手のホームランが見てみたかったなぁ。


そして、清原選手の引退試合と同じ10月1日、
楽天イーグルスでは「来季の選手契約」について発表がありました。
小倉恒選手は現役引退、
佐藤宏志投手、戸部浩投手、木村考壱朗捕手、吉岡雄二内野手、沖原佳典内野手、森谷昭仁外野手、鷹野史寿外野手、高波文一外野手は、戦力外通告です。

淋しいです。
ものすごく。
この時期は毎年そうだけれど。
ルーキーが入団してくる一方、「来季のチーム構想から外れた」選手が球団を辞めさせられるのは、
厳しい勝負の世界、仕方のないことなんですけれどね……。
私は楽天ファンになってまだ2年のニワカですが、
辞めていく全ての選手に、様々な思い出と思い入れがあります。

今回引退する小倉投手は38歳。
実は楽天イーグルス1年目終了時(2005年秋)に、一度、戦力外通告を受けてるんです。
でもトライアウトを受けて、楽天の新監督・野村監督に拾われて、
楽天でさらに3年間活躍してくれました。

それから、杏月が4月の日記でおおきく取り上げた高波さんも、
今回残念ながら戦力外になってしまいました……。
育成選手から這い上がって、今頑張っている中村選手&内村選手も私は応援していますが、
俊足の若い彼らが活躍すれば、同じく俊足を武器にしている高波選手や森谷選手は、
どうしても出場機会がなくなってしまいます。
森谷さん、まだ28歳で、球界一足が速いとも言われているのにな……。
昨年5月の青山投手完封試合でのセンター守備は、本当に素晴らしかった……。
高波さん、再びサラリーマンを考えているのかな……(T_T)

他の選手にも一人一人思い出があります。
ああ、淋しい……orz

自分自身で限界を感じて、自ら幕引きをできる選手は、本当に幸せですね。
球団側が引退セレモニーを用意してくれる選手も。
まだ自分はやれるはず、辞めたくない、と現役にこだわる選手は、
これから12球団合同トライアウトに向けてベストを尽くしていくことになります。
そこでも声が掛からなかったら……20代~30代にして、職を失ってしまうことに。

そうやって考えると、今一軍で試合に出ている選手、
二軍だけれど「プロ野球選手」として野球で食べていける選手、
怪我や故障を乗り越えて、自分が納得できるまで野球人生をまっとうできる選手は、
とてもとても恵まれているんだなぁ。
そもそも、プロ野球選手になりたくてもなれなかった人は、ごまんといることでしょう。
好きな野球を職業にできたプロ野球選手って、まさに奇跡のような幸運だ……。

当たり前に過ごしている一日一日が、実は「恵まれている」ってこと、
ときどきは思い出さなきゃいけないな……と、戦力外通告を見て、
なぜか自分自身を省みたりした秋の夜でした。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪