*All archives* |  *Admin*

2024/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
星野JAPAN、4位
北京五輪の野球競技。
日本代表チームは、昨日の準決勝で韓国に敗れ、
今日の3位決定戦もアメリカに逆転負けして、
世界4位、メダル獲得ならず、という結果になりました。


今回でオリンピック正式競技から外れてしまう野球。
最後の大会に悲願の金メダルを! と数年前から野球ファンの大きな期待を集めてきたんですが……。
残念です。

オリンピックで金メダルを獲得したい理由はいろいろあるとは思いますが、
国内競技人口の増加、っていうのもその大きな一つだと思います。
オリンピックを見て、感動して、選手に憧れたたくさんの子供たちが、
そのスポーツをやって、競技人口の裾野が広がって、多くの優れた選手たちが生まれる。
私はそういう意味で、今回のオリンピックで星野JAPANにメダルを取って欲しかったなぁ、と残念です。

それから、全試合通してなんとなく不完全燃焼だったのも残念。
日本らしい野球、ってよく言われますが、日本らしいってどんなのかな。
「つなぎの野球」「粘り強く喰らいつく」「一球への熱い思い」「一つに団結したチーム」
漠然とですが、そういうプレーがもっと見たかったなぁ。
韓国、キューバ、アメリカの上位3チームに、今大会は5戦全敗しているのも、
後味が悪い要因でしょうか。

でも、今私が一番つらいのは、監督・選手・スタッフ達の気持ちに思いを馳せた時、です。
みんな勝ちたかったに決まってる。
エラーをした野手も、ここぞの一球を打たれた投手も、チャンスで凡退したバッターも、
選手を信じて起用・采配した監督も、
悔やんでも悔やみきれないに違いない。
他の誰に言われなくとも、自分自身が悔しくて、辛くて、苦しんでいるにちがいない。
日々、勝った負けたの勝負の世界で生きてきているプロ野球界の人達だから、
気持ちの切り替えはきっとできるとは思うけれど。

野球は他の競技と比べて、金メダルに対する国民の期待も大きく、
北京に行った星野JAPANも、日本で応援する人達も、「金しかいらない」と当然のことのように思っていました。
最後の五輪、ということも相俟って、星野JAPANは相当の緊張状況下に置かれ続けたことでしょう。
強烈なプレッシャーの中で、自分のベストなプレーをする、ということが如何に難しいか、改めて痛感しました。
「4位」という不甲斐ない結果になって、多方面からいろいろな批判が噴出していますが、
今となってはどれも「結果論」です。
もちろん、次への改善に繋げるために、悪かったところを見直すのはとても大切なことだけれど。
でも、重箱の隅をつつく結果論や、感情的な罵詈雑言じゃあ何の改善にもならないような……。

…………なんだろう、今私自身が自信喪失・自己卑下のどん底にいるからですかね。
どうも悲観的なことばかりが脳裡を占めて、辛気臭い女々しいことばっか言ってますが(苦笑)。

とにかく、日本に帰ってくる監督・選手達には、心からお疲れ様でした、と言いたいです。
残念な結果ではあったけれど、俯かずに帰ってきてもらいたいなぁ。
願わくば、彼らが後悔や自責の念や自信喪失で、必要以上に自分を追い込まずに、
気持ちを切り替えて、これからも野球少年たちに夢を与えていって欲しいな、と思います。


そんな星野JAPANのみなさん(と私自身)に今贈りたい歌を。

ファイト! 闘う君の唄を
闘わない奴等が笑うだろう
ファイト! 冷たい水の中を
ふるえながらのぼってゆけ
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪