*All archives* |  *Admin*

2024/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  >>
月刊アフタヌーン8月号(1)
月に1度のお楽しみ、本日は月刊アフタヌーンの発売日です。
今月もまたやって参りました、杏月的萌え視点による「おおきく振りかぶって」の感想文。
1回流し読みしただけの曖昧な記憶で書いているので、
下記文中のセリフはすべてうろ覚えです。
いろいろ間違いもあろうかと思いますがご容赦ください。

いや~、今月もまた萌えの地雷原で爆死しそうな展開でしたね~。(爽やかな笑顔で)


(ちなみに前回(アフタヌーン7月号)の感想はこちら


※以下、腐女子による「おおきく振りかぶって」のネタバレ感想です。
相当腐っていますので、原作が純粋にお好きな方はご覧になりませぬよう……。



●まずは阿部くん。
先月1コマも出てこなかったけど、
良かった……! 今月はいっぱい登場しているよ!(感涙)

夏休みの宿題してるの? と思いきや、野球の試合分析(恐らく他校選手の打率計算?)してましたね。
武蔵野第一高校がベスト8を決める試合に臨むとニュースで聞いて、
榛名さんの力で勝ってるんだ、と思い、
「負けろ、とは思わねー…けど」「クソ!!」
ってイライラしたり、勝ってベスト8に進んだと知って落ち込んだり。
おーおー、意識してる意識してるww
ハルアベスキーにはたまらない描写でしょうね。
原作4巻のP.72で、組み合わせ抽選会の時、
「80球目で降りてりゃ、そうは勝ち上がれねェ。
さっさと負けて、お前が今日見下した投手で勝ち上がってく西浦(うち)を見てろ!」

って思ってたのに、結局、西浦が先に負けて、武蔵野第一はベスト8へ。
阿部くんがあんなに反発していた榛名さんのやり方(球数制限)で勝ち進んでいるってことは、
榛名さんが正しかった、と証明されているような、そんな屈辱感でしょうか?
もちろんアベミハスキーの私は、
榛名より三橋が投手として上だ、と証明したかったのに勝てなかった悔しさ、
と勝手に歪曲して解釈していますがそれが何か?(笑)

そして、たらふく食っていっぱい寝てたら、急にめきめき成長しちゃったみたいで。
62.1kgになって、背も伸びたみたいです。
4kg増って、たった3日間で!?(それとも大会前と比べて、かな?)
成長期ってスゲェなぁ~!


●ハマちゃんが練習に合流! わーいわーい♪
襟足の髪をちょこんと束ねて、ちっちゃなしっぽにしてる姿に萌えました!
それと、花井くんと話しながら顎さすった時に「ザリ」って。
「ザリ」って……これ、髭だよね!? そーだよね?
も、萌える……!!(変なヒト?)

ハマちゃん達応援団も野球部合宿に参加するのね!?
多分、合宿所には泊まらないんだろうけど、
うをぉっ! 妄想が広がるぜ……!(杏月、自重…)

そんでもって、
「ホイじゃ、アメリカンノック、行きまーす!」
で、思わず吹き出して爆笑したwwww
ただでさえあんなハードな練習で疲労困憊してる西浦ーぜに、アンタは鬼かwww
ハマちゃんがドSな球打ち上げて、らーぜがヒィヒィ言ってるところ妄想してしまったわよ。
飄々とボケかますハマちゃん、もう大好きvv


●年上のハマちゃんを呼び捨てにできなくて、「浜田……さんって呼ぶ花井くんに、
「ちっちぇー声でさん付けしてる~~!!」と鬼の首取ったように大声で揶揄う田島くん、
プラス、「し、してる」と尻馬に乗って追い打ちかける三橋くん。
まったくもう、アンタ達3人はいちいちカワイすぎるんだよっ!!(真っ赤になってる花井くん含む)

田島くん、「いいことあった」って今日はかなり浮かれてます。
花井くんを揶揄ってきゃっきゃしてるハシャギっぷりが何とも微笑ましいw
花井くん(達)が自分と同じ目標を掲げてくれたことが、よっぽど嬉しかったんだね!
……とタジハナスキーの私は都合よく歪曲して解釈ww

それと、このシーンは三橋くんの変化が感じられて嬉しくなりました。
だって、少し前までの三橋くんだったら、田島くんが花井くんを揶揄ってても、
「…あ…う…」とか口籠ってキョドキョドして、一緒にふざけたりできなかったと思うんですよ。
原作8巻にある、今から2週間程前の桐青戦や、その翌日の三橋家カレーランチの頃は、
「花井君……も、怒ってない?」(P.126)とか、
「主将もつれてオレを怒りにくるのか」(P.176)とか、
三橋くんの中で花井くんは、ちょっとコワイ人、の代表だったのかもしれません。
(もちろんコワイ人筆頭は阿部くんw)
それも仕方ないかもね~。
原作1巻の初対面シーンでは、
花井くんに「うっぜえなあもおっっ」「エースだったんだろ!?」って怒鳴られて、
1球投げたら「おせ……(遅い)」って言われて、でも3打席勝負やったら封じ込めちゃって……。
花井くんに対しては、苦手意識というか、必要以上にビクビクしちゃってたかもね~。
だけど、原作10巻で、「オレ、競うよ!」のツーショット会話を経て、
美丞大狭山戦では、噂によると花井&三橋の擽り合いもあったらしいし(私は未見です…涙)、
だいぶ打ち解けてきたんじゃないかな? 三橋くんと花井くん♪


●センチメンタル・バスの「Sunny Day Sunday」の曲に合わせて、大ナワトビ……って……!!
ひぐちセンセー、ハ マ り す ぎ で す !!
ちょっとこのコマ見た瞬間ブルブルブルって震え走っちゃったよ!
うわ~うわ~! この曲大好き♪
これはアレか? モモカンの趣味だよね?(つか、ひぐちセンセーの、でしょw)
だって9年も前の曲だもん。現役高校生は知らないよね?
あああ、モモカンGJGJ!!
そんで、初め見た時は、みんなで歌いながら縄跳びやってんのかと思って、腰抜かす程萌えたって!
なんか最後のコマに、伴奏らしき音喩(効果音)が書かれていたから、
たぶんテンポ合わせのBGMとして音楽かけていたんだな、と後で気づいたけど。
きっと西浦ーぜ達は、帰りにダラダラ自転車漕いでる時とか、一人で風呂入ってる時とか、寝る前とか、
高校卒業して何年も経ってからとか、
ふとした時にこのメロディとともに甘酸っぱい青春の日々を思い出すのね……ニヤニヤww

それと、大ナワトビで、他のメンバーより一人だけ遥かに高くジャンプしている田島様の跳躍力に惚れた!


ところで。
今月号のおお振りで、杏月が萌えたセリフが2つあります。
まず一つ目はこちら!


「お前と阿部の二人で野球やってんじゃねーぞ」
そして、その田島くんのセリフに、ドキッとする三橋くん。
な、なんという、アベミハ萌えセリフ……!!

え? このシーンはタジミハですか? 世間一般的には。
え~、だってぇ~。
やっぱり田島様も「こいつら二人だけの世界入っちゃってんなァ~」って思ってたってコトでしょ?
そんで、そう指摘されてドキッとしちゃうんだ、三橋くんw
というか私の場合、田島と三橋のツーショット見ると、
ちびっこ二人の表情が幼く見えて可愛くって可愛くって、並んでるだけで「お花畑」って感じで、
腐女子萌えの方向には行かないのです(苦笑)。
新人戦で全勝すれば、秋大のシード取れて、強いところと当たる前に阿部くんの怪我治って帰ってくるかも、
だから新人戦がんばる!! って、スゴイ前のめりで食いつく三橋くんの様子に、
三橋くんてば、どんだけ阿部が好きなんだよ、とアベミハスキーの杏月は都合よく(ry



いつも通り長くなったんで(明るい笑顔で)、
もう一つの「今月号の萌えセリフ」と、残りの感想は、明日の日記で!


続きはこちらです→月刊アフタヌーン8月号(2)
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪