2019/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月やあらぬ

2011-03-19cherry.jpg


月やあらぬ 春や昔の春ならぬ 我が身ひとつは元の身にして
                      (在原業平「古今和歌集」巻15)

日本酒メーカーの元副社長さんが書いた、桜とお酒にまつわるコラムを見つけました。
>サクラの語源は、「咲く」に接尾辞「ら」がついて「サクラ」になったとの説もあるが、
>民俗学者によると「サクラ」というコトバそのものが、古代の土着信仰と深く結びついており、
>「サ」は田の神を意味し、「クラ」はその神々の宿る台座を表わしているという。
>桜の開花は、山の神々が里へ降りてきて田の神となったあかしであり、
>樹に神が宿ると信じた古代の人たちは、花の下に集まり、豊作を祈りつつ、神々と共に酒を酌み交わした。
>「花と酒」とのかかわりあいは、すでにこのころから始まっていたのである。

酒・歳時記<春>桜と日本の酒―日本の感性が育んだ酒―(月桂冠HP)

冬が終わり、春が来て。
山の神々が里へ下って、田に宿る。
その証として、桜の花が開く。
昔から人々は、桜の下で神々と酒を酌み交わし、豊作を祈る。

自然に親しみ花を愛でる日本の風習はやはり素敵です。
お花見にも、いにしえから生活に根差した深い意味があるのですね。
過去日記にも書いたように、今年は自粛ムードでお花見も憚られますが、
ただのドンチャン騒ぎではなくて、お花見の由縁や本来の意味を思いながら、
桜に杯を掲げ、かの地を鎮守する神々に復興と安寧を祈りたいと思います。
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

*All archives* |  *Admin*

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ内検索
カウンター
おお振り単行本
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
おおきく振りかぶって
東北楽天ゴールデンイーグルス
V6
名探偵コナン&まじっく快斗

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。