*All archives* |  *Admin*

2024/04
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  >>
知るを楽しむ 人生の歩き方
今夜22:25~22:50に、NHK教育テレビで放送していた教養番組「知るを楽しむ」は、
「野村克也 逆転の発想」、全4回放送の第1回目でした。


野村監督の人生を振り返るお話に、思わずちょっともらい泣きしちゃったんですが。
だって泣くんですもん! おじいちゃんが。ぽろぽろと(;_;)。

NHK知るを楽しむとは?
各曜日ごとにテーマを設けた新しいスタイルの教養・情報番組です。
単なる講座番組にとどまらず、好奇心旺盛なみなさまの幅広い興味・関心にお応えし、
オトナの心を動かす「私だけが知っているホンモノの世界」をご紹介していきます。

NHKホームページより引用)

各曜日ごとのテーマのうち、水曜日は「人生の歩き方」というテーマのようです。
ご本人に直接お話を伺い、その半生を振りかえるというもの。
2月中の全4回の放送は、野村克也監督がゲスト。
ロケ場所は、東京にある野球体育博物館の中の野球殿堂。
聞き手は堀尾アナウンサー(昨年までNHKサンデースポーツのメインキャスター)。

第1回目の今日は、「極貧の暮らしが開いたプロへの扉」
極貧の少年時代から、プロ野球選手になるまでの苦労時代についてです。


昨年秋から今年にかけて、NHKとテレビ東京はノムさんについての特集番組を随分と組んでるなぁ。
いい傾向だ^^。
球団創設から3年間ずっと最下位だった楽天イーグルスがリーグ4位に浮上したっていうのは、
よっぽど意外でセンセーショナルだったんでしょうか?(笑)
傾きかけた企業の立て直しとか、人材の能力再開発とか、
そういった視点からも、ノムさんがどんな手腕を揮ったのか、
多くの人にとって興味津々で話を聞いてみたい、ってことなんですかね。

楽天イーグルスファンを標榜し、ツンデレノムさんLOVEな杏月としては、
この半年間で放送されたノムさん特集は当然ほとんど見てきたわけで、
ノムさんの少年期から現在に至るまでの半生も、何度も見てきました。
(その半生の簡単なまとめは、「カンブリア宮殿」の日記をご参照ください。)

……今回の「知るを楽しむ」も、正直、もうほとんど知ってる話ばっかりかな?
(↑なら、見るなよ!・苦笑)

いえいえ、そう思いつつ、気楽に見てたんですが。


ノムさん、お話が上手ですよね。
一般的には、「ぼやき」のせいで、陰険で根暗で気難しい、って印象なんでしょうか?
でも、実はユーモアに富んでいるお茶目な人ですよね。
話の進め方がお上手だから、続きを聞きたくなって惹き込まれます。
とぼけた間でボケやオチをおっしゃるんで、ぷっと吹き出してしまうことも度々(笑)。
さすがは、長島さんや王さんなどで人気抜群だったセ・リーグに対し、
人気・知名度で劣るパ・リーグに如何にして衆目を集めるか、と長年腐心してきた方です。
そうやって培われたマスコミ対応が、現在の「ぼやき」や突拍子もない発言など、
スポーツ紙やテレビを賑わして注目を集める術になってきたんだなぁ、なんて感心したり。

野球殿堂で、ノムさんと堀尾アナと二人。
静かな落ちついた雰囲気で、ゆったりとインタビューは続きます。
堀尾アナも、数年来スポーツ番組のメインキャスターを務めた方なんで、
もともと面識もあるし、ノムさんも腹を割って話しやすかったんでしょうね。
幼少期の苦労話やプロ入り後のエピソードに、ユーモアを交えつつオチをつけながら。
歌手になりたくて喉を潰したけどダメだった、とか
プロ入団テストで2軍コーチに目こぼししてもらった、とか、
1年目の終わりにクビ宣告された、とか。
話す人によっては重い深刻な話になりそうなところも、面白おかしく話されます。

でもそんな中、ノムさんが2度、涙を流しました。

1度目は、小学校でいじめられた話。
父が戦病死し、母は大病を患い病弱。
自分も新聞配達をして家計を助けていたが、満足に食べられず、身なりもみすぼらしく。
そんな少年・克也は学校で毎日貶されいじめられ、でも喧嘩で適わないので黙って耐え。
数ヶ月我慢したけれど、ついに我慢し切れなくなって。
学校に行ったもののすぐに引き返し、誰もいない6畳一間の我が家で大泣きした時。
「あの頃は、子供の頃で一番つらかった時期でしたね……」

2度目は、お母さんの話。
母の棺を見て、「俺のお袋って、この世に何しに生まれてきたんだろう……」。
自分たち兄弟を生んでくれたのは感謝だけれど、母個人の人生としては
苦労するために生まれてきたようだ、本当に幸せだった時はあんのかな? と思った。
母の遺品整理をしたら、自分の記事を切り貼りしたスクラップブックが出てきた。
一度もそんな素振りは見せなかったからびっくりした。

この話をしながらね、ぽろっと涙をこぼすんですよ。
あの野村克也監督が。
72歳のおじいちゃんが。
長い人生の遠い昔の記憶なのに、未だにつらく鮮明に心に刻まれてるんだろうなぁ。
そう思うと、じわっと目頭が熱くなっちゃいました。

語られた多くは既に知っていたことでしたが、
初めて見る、素直な、素の「野村克也」氏の姿でした。


来週以降も、毎週水曜日の22:25~22:50に、NHK教育テレビで続きが放送されます。
2月13日:第2回「生涯一捕手」
2月20日:第3回「野村再生工場」
2月27日:第4回「最年長監督の心意気」

それから、今日放送した第1回は、デジタル放送でこれから見れるみたいですよ。
2月10日(日)10:50~11:15 デジタル教育3
2月13日(水)5:05~5:30 教育/デジタル教育1

興味のある方は是非どうぞ。
(おまいは楽天広報部か、NHKの回し者か、って感じになってきたな~尚一層・苦笑)
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
03 ≪│2024/04│≫ 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪