平成最後のお正月

謹賀新年

2019-01-01shimekazari.jpg

あけましておめでとうございます。
謹んで新年の寿ぎを申し上げます。

2019-01-01flowers.jpg

旧年中、開店休業中のこのあばら屋を覗いてくださった皆様、
大変お世話になり、心より御礼申し上げます。ありがとうございました。


2019-01-01sunrise.jpg

今年の初日の出も、雲居隠れでした。残念。
……このボケボケ写真だと、一見、
もっとも明るく朱い中央部分がお日様のように見えますが、
雲に日光が反射しているだけです(苦笑)。

2019-01-01osechi.jpg

今年も例年どおり、ナンチャッテお節を用意しました。
ご覧のとおり、数の子、田作り、海老や魚の焼き物などなど、
大事な構成食材が欠けていますが、
自分が食べたいものだけ詰めました!(笑)
あと、写真にはないけど、大好きなお雑煮もいっぱい食べました♪
(だから例年正月太りが……orz)


さてさて、近頃なにかと耳にする「平成最後の」という枕詞。
そろそろ耳タコ気味ではありますが、
このフレーズが使えるのもあと4ヶ月間。
せっかくですので、ここぞとばかりに私も本日のブログタイトルに冠しましょう。

「平成」という元号の由来は、

『史記』五帝本紀の「内平外成(内平かに外成る)」、
『書経(偽古文尚書)』大禹謨の「地平天成(地平かに天成る)」からで
「国の内外、天地とも平和が達成される」という意味

だそうです。

今上天皇が昨年末のお誕生日の記者会見で仰られたように、
日本では「平成が戦争のない時代として終わろうとしている」ことは、
「平成」の名が体を表したとホッと安堵しています。
一方で、天皇陛下のお言葉にもあるとおり、
「国の内外」の外のほうでは、宗教対立や民族紛争やテロが尽きることはなかったし、
国内でも、大地震や豪雨災害など天災が多発した時代でもあったなぁ。

私個人としても、嬉しいこともつらいことも、願ったり叶ったりなことも、予想外なことも、
悲喜こもごも、「禍福は糾える縄の如し」な時代だったなぁ。
……って私の人生における最重要期が「平成」になるでしょうから、そりゃそうでしょうけどね。
けれど、振り返ってみて、もしも神様に「遡って人生をやり直したいか?」と訊かれたら……
その一瞬一瞬の小さな小さな選択の積み重ねで、なにかしらのミスやエラーはあったにせよ、
これもまた私の人生。
「これでいいのだ」と、粛々と受け入れることでしょう。
これから先の人生も、最善の選択を目指しながら、粛々と生きます。

皆様にとっては「平成」はどんな時代でしたか?


管理人・杏月の無精により、この「善哉庵」は、今やまさしく
「殊に見る人なき所」に成り果ててしまいましたが、
それでも「心のうちは、なほいとをかし」。
萌えでドキドキうきうき楽しく感じたことを、時折ボソリとのんびり書き散らかしてまいります。

平成最後の、そして新元号最初のこの1年が、皆様にとって良い年となりますように。
「亥年は無病息災の年」ともいわれるそうです。
皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます。
本年も御用とお急ぎでない方は、お気が向かれた時にでも、ゆうるりと訪うていただければ幸いです。
関連記事

コメントの投稿

SECRET

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

旬の花時計

善哉庵アルバム

2006~2009年の花や空

カレンダー(月別)

08 ≪│2019/09│≫ 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事+コメント

カテゴリー

人気ページランキング

ブログパーツ

ブログ内検索

カウンター

おお振り単行本

Amazonサーチボックス

QRコード

QR

プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
おおきく振りかぶって
東北楽天ゴールデンイーグルス
V6
名探偵コナン&まじっく快斗

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪

▲ top