2019/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  >>

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十五夜

今夜は、十五夜。
2016-09-15moon.jpg

八月(はづき)十五日(もち)ばかりの月に出で居て、
かぐや姫いといたく泣き給ふ。
<中略>
「おのが身は、この国の人にもあらず、月の都の人なり。
それを、昔の契ありけるによりなむ、この世界にはもうで来たりける。
今は帰るべきになりにければ、この月の十五日に、
かの本の国より、迎へに人々まうで来むず」
                           (「竹取物語」)



誰もが知っているかぐや姫の昔話――「竹取物語」ですが、
そういえば改めてストーリーを思い返してみると、
かぐや姫が陰暦8月15日の中秋の名月の夜に月へ還っていった物語だったなぁ、
と思い至って、今日のこの日に、その箇所を書き出してみました。

「物語の出で来はじめの祖(おや)」と源氏物語にも謳われる、日本最古の物語、「竹取物語」。
幼い頃から私の最も好きな物語の一つでした。
なぜだか昔から「かぐや姫」の絵本や書籍が好きだったし、
高畑勲の長編アニメ映画「かぐや姫の物語」も地上波放送を高画質録画したしw
迎えに来た月の都の人は「かぐや姫は罪をお作りになったので」地上へ降ろされたと言うけれど、
かぐや姫の”罪”……諸説言われるものの、ホントのところはなんだったんでしょうねぇ。
日本史上最強のツンデレ女王様。(←おいw)
絶世の美女で、ミステリアスで、小悪魔ちっくで、ツンデレ。
今の世でも、もしもこんな女性が(現実でもフィクションでも)いたとしたら、
周囲の男はもとより、老いも若きも女も、振り回されずにはいられないでしょう。
千年経っても色褪せない、魅力溢れる女性だなぁ。

……なぁんてことを徒然なるままに思い馳せつつ、

2016-09-16full-moon2.jpg

例によって例のごとく、
「花より団子」ならぬ「月より団子」で、
お月様へのお供えもそこそこに、舌鼓♪(笑)

ちなみに、冒頭の写真をご覧になればお分かりの通り、
今夜は「十五夜」「中秋の名月」ではありますが、
実際の「満月」は2日後の9月17日です。

【特集】中秋の名月 2016年9月15日(AstroArts)

来年(2017年)の中秋の名月は10月4日ですが、
これまた実際の満月は2日遅れて10月6日だそうです。

まんまるな満月も美しいけれど、やはり
これからまさに満ちようとする縁起の良い“月齢13”のお月様、
その美しさも趣深くて素晴らしいなぁvv(うっとり)
関連記事

コメントの投稿

Secret
(非公開コメント受付中)

*All archives* |  *Admin*

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
01 ≪│2019/02│≫ 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ内検索
カウンター
おお振り単行本
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
おおきく振りかぶって
東北楽天ゴールデンイーグルス
V6
名探偵コナン&まじっく快斗

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。