--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_11
16
(Mon)23:59

三夕

秋は夕暮れ。



寂しさは その色としも なかりけり 槙(まき)立つ山の 秋の夕暮れ (寂蓮法師)
心なき 身にもあはれは 知られけり 鴫(しぎ)立つ沢の 秋の夕暮れ (西行法師)
見渡せば 花も紅葉も なかりけり 浦の苫屋の 秋の夕暮れ (藤原定家)



この3首は、「新古今和歌集」巻四に並んでいる有名な和歌で、
下の句が「秋の夕暮れ」で終わる「三夕(さんせき)」の歌と呼ばれます。
3首とも、新古今調の特色である三句切れ・体言止め、だそうです。

三夕の歌(Weblio古語辞典)(Weblio古語辞典)

それぞれの和歌の現代語訳は、
こちらのサイト様に書かれていましたので、引用してみます。
秋の夕暮れベスト3(小倉百人一首あ・ら・かるた)(小倉百人一首あ・ら・かるた)

●寂連法師の歌↓
寂しさを感じさせるのはどの色というものではなかったな
真木(=杉や桧)の立つ山の秋の夕暮れを見て気づいたよ

※秋らしい色のない常緑樹の山を見て、
秋の夕暮れの寂しさを感じている。

●西行法師の歌↓
世を捨てたこの身にも情緒は感じられるものだ
鴫(しぎ)の飛び立つ川の秋の夕暮れには

※世俗を捨てた僧侶の身であっても、
秋の夕暮れにはしみじみと感慨にふけってしまう。

●藤原定家の歌↓
見わたしてみると春の花も秋の紅葉もないのだった
海辺の苫屋(とまや=漁師の小屋)の秋の夕暮れは

※花も紅葉もない無彩色の世界から秋の寂しさを感じている。
25歳のときに詠んだ歌ですって……!


どれもこれも、「秋の夕暮れ」で終わっているので、よくよく似ていますが^^;、
皆様はどの歌がお好きですか?
私の今の気分に近いのは……寂連法師の歌かなぁ?
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。