--年--月--日 (--) | スポンサー広告 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014年10月12日 (日) | 雪月花 |
秋は、夕暮れ。


夕日のさして、山の端いと近うなりたるに、
烏の寝どころへ行くとて、三つ四つ、二つ三つなど、飛び急ぐさへあはれなり。
まいて雁などの連ねたるがいと小さく見ゆるは、いとをかし。
日入り果てて、風の音、虫の音など、はたいふべきにあらず。

                            (清少納言「枕草子」)


名著に描写されているのとまさしく同じ、シンプルで何気ない光景。
1000年前に、とある日本人女性が感嘆したのと同じ風景を、
1000年経った今、同じように「美しいなぁ」と愛でることができる。
そんなとき、幸せだなぁと思えます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。