せちぶん

2月なので、バレンタインらしくハート模様のテンプレートにしました!(ドヤア)

このテンプレート、可愛らしくて素敵ではありますが、
私の印象、性格、指向には、とんと合わない(苦笑)。
なのに、使います。
ちょうど今から14年前、2008年のバレンタイン時期にお借りして、
その1回こっきり。以降は一度も再使用したことがなかったテンプレートですが。
当時も、

……お、落ちつかない(苦笑)。
なんかアタシらしくないんですもの。ハートマークが。
こっぱずかしいです。
でも修行だと思って、20日間限定で耐えます。
その期間、口から砂糖をさらさらと吐くような、
あまぁは~い気分を満喫します!

と書いていたし、
2月14日バレンタインデーの翌日にはソッコー模様替えして、

……いや、別にハートテンプレは女の子らしく可愛くて、
それ自体は全然「羞恥」じゃないんだけど。
結構使いやすかったし、テンプレ作者様に感謝。
でも私、心は漢(おとこ)なんで恥ずかしかったんですよ(苦笑)。

と書いていたけれど。

なんだかふと、コレにしてみたくなったので。
今年もまた、心の修行です(笑)。


さて、本日は節分です。
いろんな恵方巻を取り揃えてみました♪

2022-02-03ehou.jpg

……ツッコミどころ満載ですが^^;。



せち-ぶん 【節分】(Weblio古語辞典)

季節の移り変わるとき。
立春・立夏・立秋・立冬の前日をいう。
平安時代には、この日に「方違(かたたが)へ」が行われた。
のち、特に、立春の前日をさすことが多くなった。
「せちぶ」「せつぶん」とも。


今年の恵方は「北北西やや北」だそうで。

……“やや”北?
そんな細かい方角設定もアリなの?

恵方とは、歳徳神(としとくじん)という、その年の福徳を司る神様がいらっしゃる方位のこと。

恵方と呼ばれる方角は、実は4つしかないそうです。
・甲の方角=東北東微東(東北東より少し東寄り) 4・9
・庚の方角=西南西微西(西南西より少し西寄り) 5・0
・丙の方角=南南東微南(南南東より少し南寄り) 6・1、8・3
・壬の方角=北北西微北(北北西より少し北寄り) 7・2

上記の「微○」とは、中国の方位で方角を示しているので、
少しずれた方角が正確な恵方になる、んですって。

この4つの恵方は、その年の干支の十干(じっかん)で決まっていて、
東→西→南→北→南と5年周期で繰り返しているそうな。
なので、5年後の恵方は、今年の恵方と同じ方角になる、ということに。
5年周期ということで、
4つの恵方の右横に書いた数字は、西暦の下1桁を示しています。
例えば、今年2022年は下1桁が「2」で、
恵方は「北北西微北(北北西やや北)」。

恵方巻きの方角の決め方とは?今年の節分はこの恵方!(これが知りたい!気になる情報局)

へぇ~! そーだったんだ!!
と目から鱗で、過去の節分日記を振り返ってみたら、
……2016年2月3日の日記に、上記と同じように
「恵方の決め方」をつらつらと書き連ねていました……忘却の彼方(苦笑)。

さあ、取り揃えたいろいろな恵方巻を口いっぱい頬張って、
歳徳神様、どうか今年は福徳が訪れますように……!
関連記事