善哉庵 ~杏月の萌え日記

腐女子の杏月が「善き哉」と感じたことを徒然に綴ります。I thought what I'd do was, I'd pretend I was one of those deaf-mutes... or should I ?

Entries

ドミニカWBC優勝

本日アメリカサンフランシスコで行われた第3回WBCの決勝戦はカリブ対決。
ドミニカ共和国が3-0でプエルトリコに勝ち、
今大会8戦8勝、負けなしの完全優勝を飾りました!
悲願の野球チャンピオン、おめでとうございます!

ドミニカ初V!史上初無敗で決めた/WBC(サンスポ3月21日付)
初優勝のドミニカ監督「われわれは本当に楽しんだ」WBC決勝・試合後コメント(スポーツナビ3月20日付)
強く、そして楽しい――ドミニカが示したベースボールの“原点”大会を完全支配、WBC史上に残るチームに(スポーツナビ3月20日付コラム)



ドミニカのペーニャ監督の談、
「ベースボールとは楽しむためのもの。
緊張を減らし、チーム全体が笑い、そしてリラックスするための手段を見つけなければならないんだ」

同監督の優勝後の談、
「このチームにはユニークな男達がいます。その瞬間、その瞬間を楽しんできました。
というのも、この仲間でまた集まれるかは分からない訳ですから……恐らくもうないでしょうね。
しかし、われわれは本当に楽しみました」


そして、上記記事内に書かれていた一文、
>まるで果たし合いに挑むような日本、
>ビジネスライクで紳士的なアメリカの野球が悪いわけでまったくないが、
>ドミニカを始めとする中南米のベースボールのスタイルは根本的に異なる。
>いわば、“子供のゲームで遊ぶ大人たち”。


カリビアンの陽気なお国柄もあるでしょうけれど、
打って嬉しい、抑えて嬉しい、と一つ一つのプレーを喜び、盛り上げる雰囲気。
そして、勝って嬉しい、という思いを爆発させる姿に、
心からおめでとうを言いたくなりました。

世界No.1を決める息詰まるような大舞台でも、
子どものように、野球のプレーを楽しむ。
つまり心技体でいえば、
「技」(メジャーリーガーを多数擁する)と「体」(恵まれた体格)のみならず、
「心」にも優れていたドミニカは、チャンピオンに最も相応しいチームだったのでしょう。

日本代表チーム(侍JAPAN)も、決選の地AT&Tパークで、
準決勝の試合前にグラウンドでノックやキャッチボールをしていた時、
憧れのボールパークで野球を楽しむ子どものような輝く瞳をしていましたね。
そのリラックスのままに試合に臨んでほしかったけれど、
「3連覇」の重責を背負っては、なかなかそうはいかなかったかも……。

けれど、「まるで果たし合いに挑む」サムライのような日本の真摯な気魄、
嫌いじゃないですけれどね、私は。
サムライ潔し 礼に終わるスポーツマンシップに称賛の嵐(スポニチ3月19日付)

第4回大会には、侍JAPANはチャレンジャーとして、
子どものような気持ちで野球を楽しみながら、世界の強敵達に挑んでもらいたいな、と思います。


そして、明後日2日後からは、
まさに子どものような気持ちで、高校生達が純粋に野球に打ち込む、
センバツ高校野球が開幕しますよ~vv 楽しみ~♪ ワクワクvv
関連記事

Comment[この記事へのコメント]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2013.03/26 07:47分 
  • [編集]

3/26にコメントを下さったB様 

ようこそいらっしゃいませ~!
頂戴したコメントの一言一句に深く頷いてしまいましたvv

>WBC面白かったですねー
>これまでの大会も含めて勝ち負けは紙一重だな
>見ごたえのある試合ばかりで、毎日が感動と興奮の嵐
喜怒哀楽の詰まった、まさに「感動と興奮の嵐」の約2週間でしたね!
そして、
>プエルトリコのキャッチャーのモリーナ選手
モリーナ捕手といえば特に”強肩”を取り沙汰されていましたが、
仰る通り、インサイドワークやキャッチング技術、
そして何より、打者や審判を観察して臨機応変に対応する力。

>対投手、対打者、対審判、いずれも主導権を握って試合を支配していた印象
そう! まさしくその一語に尽きると思いますvv

>内川選手のあのシーンも、
>当事者たちがきわめて高いレベルでの攻防があったからこそなのかな
実は、私もそう思っています。
4番が打席に立っている場面で、重盗のサインは愚策だったのか?
二塁ランナーの井端さんは、スタートが遅れたと思っても走塁すべきだったのか?
一塁ランナーの内川さんは、前の走者をよく見てストップすべきだったのか?
侍JAPANの敗戦により、日本中のファンがさながら”野球評論家”となって、
喧々囂々と敗因を議論していました。
私は野球素人ファンの一人に過ぎませんが、B様のご説明に賛成です。
敵味方とも高いレベルで研究し、プレーをしていたからこそ、
日本もプエルトリコも、選手・コーチとも皆最善を尽くして、あの一瞬に賭けていて、
結果は「紙一重」だったんじゃないかな? と。
なので、あの重盗失敗に関しては、「戦犯は○○」とも「一番の敗因」とも、
私には言いきれないですね……。

カリビアンの陽気で、かつ真面目な姿勢、そして、
>日本や台湾の礼に始まり礼に終わる求道的な野球
どちらもそれぞれ魅力的で、見ていて「野球っていいな」と私も改めて思いましたvv

素敵なコメントをどうもありがとうございました!
ぜひまたお気軽にお越しくださいませvv お待ちしております♪
  • posted by 杏月 
  • URL 
  • 2013.03/28 20:29分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

善哉庵アルバム

2006~2009年の花や空

旬の花時計

カレンダー(月別)

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事+コメント

人気ページランキング

ブログパーツ

ブログ全記事表示

全タイトルを表示

カウンター

おお振り単行本

Amazonサーチボックス

プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
おおきく振りかぶって
東北楽天ゴールデンイーグルス
V6
名探偵コナン&まじっく快斗

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪

QRコード

QR