--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_11
14
(Wed)23:17

金色のちひさき鳥の





金色の ちひさき鳥のかたちして
銀杏ちるなり 夕日の岡に
             (与謝野晶子)


秋を詠んだ歌に秀作は数多ありますが、
これも私の大好きな歌の一つです。

金色の小さき鳥のように、黄昏の光を透かして反射する葉の一枚一枚。
視界を覆わんばかり、あとからあとから舞い降り積もる銀杏の葉。
その向こうに見える一面の夕焼け空と、赤い夕日。

この歌を読むたびに、この上もなく美しい秋の夕景が脳裏に広がり、
思わず息を飲み、感動に打たれます。
金色の葉→銀杏の大木→夕焼け空、と視点が広がっていって、
金色と赤に染め上げられた、音のない静かな光景に包まれるよう。

わずか31文字の中に描かれている、この完全無欠な秋の夕暮れ。
与謝野晶子や他の女流歌人が書き残した、
簡潔にして生の息吹に満ち溢れた言葉。
その表現力は、140文字で表現するツイッターすら使いこなせない私にとって、
尊敬と憧憬と羨望の的です。

短い言葉で、たくさんの情景と感情を伝えられる人って、ホントすごいっす。


冒頭の写真は、曇り空のせいか、
あんまり「金色」でも「夕日の岡」でもなかったんで、
いずれもっと相応しい写真が撮れたら差し替えますねw
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。