*All archives* |  *Admin*

2024/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  >>
■○○の秋といえば?
2007-10-13colored leaves



FC2トラックバックテーマが「○○の秋といえば?」 だったので、答えてみます♪

「○○の秋」と聞けば、椅子を倒す勢いで立ち上がりながら
「食欲っ!!」
と挙手して叫びたいところですが、
せっかく「日本文学100選」のブログパーツも設置してることですし、
今日のところは一つ、「読書の秋」とゆーことで^^。


先日の日記で、
ま、とりあえず薄いタイトル(=短い作品)で気になるものがあったら読んでみよっかな^^。
と公言しましたので、さっそくその日に読みましたよ♪

宮沢賢治の「雨ニモマケズ」をww(超みじかっ!!)

さらに宮沢賢治は大好きな作家なんで、興がのって他の作品もちょっと読んでみました。

「よだかの星」

そしてまた、いつもの如く号泣してしまった。

ええ、泣くんです。
ぼろぼろと。
このお話読むたびに。毎回必ず。


皆さんはないですか? 泣きツボを突かれる本って。
え? 私だけ??(汗)


それではここで、杏月が読むたび必ず泣いてしまう本をご紹介します♪

100万回生きたねこ(佐野洋子 作)

ないた赤おに(浜田広介 作)

永訣の朝(宮沢賢治 作)

よだかの星(宮沢賢治 作)

銀河鉄道の夜(宮沢賢治 作)

他にもいろいろあったと思うけど、とりあえず今思いつくのはこれだけ。
宮沢賢治の作品は、上記リンクをクリックすると作品をすぐ読むことができますv

これらのお話、初めて読んだ1回目だけ、じゃないんですよ。
なぜか読むたび必ずぼろぼろと涙が零れるんです。

なんなんだろう……心の病なのかな?
愛に飢えてるんだな、きっと(苦笑)。


本当は、杏月の過去の読書遍歴やら、読書と国語力についてやら
いろいろ徒然に書き綴ったんだけど、記事保存しようとしたらタイムアウトで全部消えちゃったorz



ところで、明日から4~5日程、仙台あたりに行ってきます。(ニヤニヤ…ww)
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

おひさ~
読書の秋とはいいですな。
宮沢賢治はワシも好きな著者の一人だが、最近は久しく読んでいないな。。。。。

ワシのお気に入りは『セロ弾きのゴーシュ』。
あと『グスコーブドリの伝記』と、その元になった『ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記』とかを読み比べるのも面白い。

どれ、ちょっと見てみようか。。。。。ポチッ
宮沢賢治、いいですよねv
課長様、ようこそおいで下さいましたvv
こちらこそ、いつもいつもご無沙汰しております。

「セロ弾きのゴーシュ」私も大好きです♪
乱暴なようでいて、動物達への愛が溢れてるゴーシュがいいですよねv
ラストシーンのゴーシュが特に。
動物達の描写も独特でおかしくて、でも生き生きしていてさすがですよね。

「グスコーブドリ…」は自己犠牲の愛が子供心に衝撃的で、
やっぱり読んだ後で涙した記憶があります。
物語の詳細は覚えていないけど、
胸にズシンときたラストの衝撃だけは感覚として忘れられずに残っています。
このお話を読むと、賢治がライフワークにした「ほんとうの幸ひ」や、
「雨ニモマケズ」の文章が連鎖的に思い出されたりします。

たまには純文学もいいもんですね~♪
是非また課長様お薦めの書などご指南下さいませvv
旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪