2012_09
02
(Sun)23:59

フレスコ画修復失敗

スペインの教会の壁に、19世紀に描かれたキリストの絵を、
近所の80代のお婆さん(ド素人)が勝手に修復し、
とんでもないビフォー&アフターになってしまいました。

キリストがサルのように アマチュアの無許可“修復”で19世紀の絵が別物に(ねとらぼ8月23日付)

これが今、世界中で思わぬ反響を呼んでいるらしいですよ。



私もテレビで偶然この修復画のニュースを見ましたが。
「これは……なんとひどいことを……」と真面目に残念に思いました。
歴史のある、しかも地元の人達に愛されている絵が、
原型と似ても似つかぬ、無残な絵に塗り替えられてしまうなんて。

なんでも、絵を修復したお婆さんは、
「キリスト様が可哀想」との善意から、
”教会に許可を得て”絵を直した、と主張しているそうですが……。
せめて自分の絵心や絵の技術を踏まえたうえで、修復を申し出てほしかった……。
↓修復したお婆さんが逆ギレしてインタビューに答えている動画w
素人画家が修復に失敗 スペイン教会のフレスコ画(47NEWS8月24日付)

ところが。

このあまりにもインパクト大な、一度見たら脳裏に焼きつき忘れられない、
百戦錬磨のNHKアナウンサーですらニュースを読みながら思わず吹き出してしまう↓
NHK森本アナ、あまりにひどい修復をされたフレスコ画に吹き出しすぎてニュースにならず(NAVERまとめ8月26日付)
それほどの前代未聞な”名画”が、
全世界のネット上で話題沸騰となったようでwww


無断修復でサルのようになってしまったフレスコ画が大人気→コラ画像大量発生(ねとらぼ8月27日付)
あまりに酷い修復が行われたフレスコ画のコラ画像が大人気!世界中で修復される名画たち(NAVERまとめ8月31日付)

ちょwwwwwwwwww 修復されすぎwwwwwww



さらには、我こそは! と腕に覚えある者は誰でも「修復作業」ができる事態に(笑)。

サルのようになった“あの”フレスコ画を修復できるサービスが登場(ねとらぼ8月31日付)

現在、くだんの教会には、「修復された」絵を見ようと観光客がわんさか押し寄せ、
周辺地域では、あの絵を焼き付けたチョコレートがお土産物に売られ、
「絵をそのまま保存して」とネット上で署名運動も起きているとか^^;。

私の個人的意見としては、歴史ある絵は大切に守ってもらいたいし、
19世紀に絵を描いた画家さんの子孫の方の失望も大きかったようなので、
壁絵は元通りに復元してほしいけれど。
でも、今の「名画」も写真などで後世に残して欲しいっすww
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック