*All archives* |  *Admin*

2024/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
アフタヌーン12年6月号 おお振り感想(2)
月刊アフタヌーン2012年6月号掲載「おおきく振りかぶって」の感想、後編です。

今月の感想前編はこちら→アフタヌーン12年6月号 おお振り感想(1)
過去のおお振り感想はこちら→カテゴリー「おお振り感想」

※野球ファン歴5年(ニワカ)の腐女子によるネタバレ感想です。
原作を純粋にお好きな方、腐女子の妄想や筆者の文章がお嫌いな方は、
ご不快になる恐れがありますので、ご覧にならないでください。
のっけから腐ったことを叫んでおりますので、重々ご注意を。
野球に関する知識に間違いがありましたら、優しくご指摘いただけると勉強になります。よろしくお願いします!







三橋「オ、オレ、おかしく、なる」
阿部「おめーじゃねェ。オレ達だ。
   失敗したくねェから


なっ!!?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)
こ、これは5月3日スパコミで頒布された薄い本の一ページかなんかですか!?
(嘘ですごめんなさいほんまごめんなさいm(_ _;)m←額から煙が出るほど擦りつけて土下座)

と、思ってもみなかった萌えセリフ爆弾に動揺して鼻息を荒くしつつ、
まずは感想前編の続きから、順にストーリーを追ってまいります。


●4回裏、巣山くんの(密かな)ヒットで、ノーアウト一塁。
次の打者・4番の田島くんは(巣山たのもしー!)と勇んで打席に入ります。
(さっきは打ったんだ。ちっとは本気出せよ!)と前に構えたバット越しに榛名さんをピカッと凝視。
サードの清水くんからもギラッギラッとコワイ視線を受けて、榛名(わってるよ)
3番(巣山)はナメすぎてヒットを打たれた、と一塁に牽制を挟みながら、
盗塁するなら打者は1球目待ち、でもいー球なら手ェ出すかもしんねーから打っても内野ゴロになる球、
と考えた榛名さん、(新ワザ ヒローだ!)と縦スラ!
田島くん、ピクッと反応しつつも見送ってボール。
秋丸(縦スラだ! 試合で投げんの初めてじゃんか)
田島(ツーシーム…じゃないよな。外へ流れて、そんで少し落ちた。
   内野ゴロ狙いか。コース入ってたらはまってたかも)

おお~! 榛名さん、縦に変化するスライダーも投げられるのか。
スライダーは2種類投げ分けて、ツーシームも投げられる、って、
榛名さん意外と器用なのね(失礼w)。高校入ってから変化球も増やしたんですね。

初球で走らなかった巣山くんに、榛名(1回刺しただけでも案外効くんかな)と思っているけれど、
モモカンの指示は、これだけ走らせたから1球目は待球みこしてカウントかせぎにくる
→ストライクの球を田島くんに打てのサイン、だったようです。
(でも、田島くんは球筋をよく見て、振らなかった=打たされて内野ゴロになるのを免れた)

2球目のモモカンサインは、バッター1球待ち、ランナー盗塁。
榛名さんの速球をバシィッとキャッチした秋丸くん、素早く立ち上がって、ビュッと二塁へ送球!
ま た ま た 逸 れ て ま ー す\(^o^)/
二塁送球……というより、センターへ送球(苦笑)。
センターの小林くんが捕球してナイスカバーしてくれて、巣山くんは二塁止まり。
小林「キャッチ、ドンマイすよ!」
榛名(いい後輩スギだろ)と引き攣った苦笑。
それにしても、センター前まで50m以上は遠投してますよね、コレ。
秋丸くん、肩強いなぁ~! あとはコントロールさえなんとかすれば^^;。

3球目、秋丸(2B(ツーボール)…ここでストライク入れに行くと打たれるパターンだから、
  苦しまぎれのスライダー?)
と考えつつ、パパとサインを出しました
榛名(は!? 何サイン出してんの!? もともとスライダーのつもりだし!)と驚き(と不満?)の表情。
初球で縦スラを見せたことで、田島くんは空振り!

ボールカウント2ボール1ストライクで4球目、
秋丸(したらあとはストレート押し、でしょ)とパパとサイン
榛名(だあから、なんでサイン出してんだよっっ)とイラついた顔w
(言われなくても、どストレートだ!!)と榛名さんの投げた豪速球、
田島くんは豪快に振ったけれど、チッとバットを掠めて球はキャッチャーミットへ!
田島(ゲェッ) 榛名(は! ラッキー!)
で、次の打者へ。

あ、アレッ!?(゚д゚;)
ファウルチップだからストライクになって、ボールカウント2-2ってことで、
まだ田島くんはアウトになっていないような……。
それともこの図はキャッチャーフライ……? じゃないですよね……?
私の素人目には、典型的なファウルチップに見えるんですが……教えて野球に詳しい方><!

●1死一塁で、5番花井くん。
秋丸(5番はさっきは盗塁援護で2S(ツーストライク)ンなって、結局3球三振。
   ならまだストレートでいーや。ってカンジかな)
サインを出す
榛名(わああ、イライラするうううっ)←顔が青くなってますww
てゆーか、花井くん、武蔵野の1年生達はおろか、秋丸くんにまでも
完全に舐められてる……orz

●さあ、こっから冒頭でも触れた、西浦ベンチでのアベミハ・愛の劇場の始まりザマスよ~♪
阿部「危険球のつもりはなかった」と捕手用防具を外しながら話しかけると、
三橋は驚いて振り向きながら、「わっ、わかってる、よっ」
阿部「でも、投げる時、少し引っかかってただろ」
三橋「そ、れは、まっすぐ…が」
阿部「だよな。3巡目からつって決めんたんだから」それにコクコクと頷く三橋。
阿部「近すぎる球続けたのが、球筋見せないためだってのは、考えたか?」
三橋は無言で阿部を見たまま返事に窮する。
阿部「せめるわけじゃねェけど、引っかかったら首振れよ」
三橋「でも、ちょっと、だ」「ひ、ひっか、気になった、の」
阿部「ちょっとでも首振れよ。投げたくねー球投げても、いい結果出ねーし。
   投げたくねー球投げさせられ続けたら、どっかおかしくなっと思う」

三橋「オ、オレ、おかしく、なる」
阿部「おめーじゃねェ。オレ達だ。失敗したくねェから」
目を見張って阿部を見つめる三橋。
……という西浦バッテリーの語り合いがありました。
(それを煩悩で捉えて意味深に曲解したのが、冒頭のセリフってことっすねw)

阿部くんが三橋くんに「首振れよ」って2回も繰り返し言っているのが、
初期の「首振る投手は大嫌いなんだ」からの成長を感じて、感慨深いですねぇ……!
過去に、三橋くんが阿部くんのサイン通りに投げるのを躊躇ったことは、2度ありました。
三星戦の7回裏、織田くんへの2球目(原作2巻P.76)では、
「ピッチャーの直感」でダメだと思ったけれど、首振ると阿部くんに嫌われちゃう、
とサイン通り投げて、タイムリー三塁打。
桐青戦の9回裏、迅くんへの3球目(原作8巻P.85)では、
勝ちが見えてきたプレッシャーで「まっすぐは打たれる!」と怖がって、
結局は阿部くんが折れて変化球を要求し、内野安打になっちゃいました。

三橋くんはこれまで阿部くんのサインには絶対服従……のように見えて、
実は意外と頑固なところがあるというか、最初の三星戦はともかく、桐青戦では、
本気で嫌な球は投げたくない、と表情やキョドリで意思表示してたんですよね(笑)。
だから、阿部くんが心配しなくとも、今後は「引っかかった」ら首を振ってくれると思うよv
それに、これまでは”なぜこの球を要求されているのか?”をよく考えることもなく、
阿部くんのリードのままに、唯々諾々と投げていたので、
「投げる時、少し引っかかる」こともほとんどなかったのでしょう。
「阿部君、オレを頼ってくれ!」「力合わせて強くなろう!」と、
バッテリー二人で協力して配球を組み立てると決意してから、
三橋くんも1球ごとにサインで要求される球種・コースの意味を考えるようになっただろうし、
最終的に投げたピッチャーが「全責任を負う」という重みを、ようやく実感してきているのかな。

そして、その責任を負う三橋投手に対して、
おかしくなるのは「おめーじゃねェ、オレ達だ」「失敗したくねェから」と言う
阿部捕手の言葉にジーンときました。
投手がちょっとでも「引っかかった」状態で投げて、打たれたり当てたりと悪い結果になってしまえば、
その後の投球に影響して崩れてしまうかもしれないし、
なにより捕手との信頼関係が揺らぐかもしれない。
今まで「首振るな」と三橋くんの主張を封じ込めてきた反省に立って、
些細なことでも互いに話し合って、納得し合って、二人三脚でやっていく、
そんな夫婦になりたい! という阿部くんの強い想いが溢れていますね~♪
(↑メオトと書いてバッテリーと読みますよもちろんw)

●そんな西浦バッテリーの萌え萌えなやりとりの傍ら、
武蔵野第一バッテリーは、5番花井に四球を与えてしまいました。
榛名(いらんサイン出されてリズム狂った…!)←イライラ最高潮の顔ww

1死一、二塁で、モモカンは(阿部君で勝負)と6番沖くんにバントのサイン。
秋丸(打者関係ない。四球のあとはだいたいストレートを外角)サインを出すw
榛名(クソ。何がイラつくかって、オレの投げようとしてる球を、こいつが全部当ててくることなんだよ!)
「完全にビビって」る沖くんに、ストレート外角!
バントのはね返りが強すぎて、榛名さんが素早く飛び出しキャッチ
→注文通りの1-6-3ダブルプレーで、スリーアウトチェンジ!
やっぱり榛名さんの球威のある球を転がすのって難しいんですね~。
栄口くん、ホントにバント職人だわーvv 尊敬。

●ベンチへと戻る榛名さんに、清水くんが嬉しそうに話しかけます。
「先輩! 一度も首振んなかったスね! 長いつき合いだから……っスか!?」
榛名さんはイヤそ~な微妙な顔で曖昧な返事w
夏大の試合中に3年生達から「通じ合ったキズナッぷり」「ホントは仲良し」と言われた時と同じ、
不本意タラタラな表情です(笑)。
秋丸(榛名の投げそうな球予想してサイン出してみたけど、案外首振んなかったなー。
   オレけっこうリードできるかも)

榛名(とか思ってねーだろな)←↑通じ合ってるしww

ったく、結局どーしたいのよハルナサン!?(苦笑)
とツッコミたくなりましたww
秋丸には「もっといっしょうけんめいやれ!」と怒鳴り散らし、
「うちはこいつ(秋丸)をやる気にさせねーといけない」と3年生に宣言し、
「清水が町田レベルになる」よりも、秋丸に自分はオレの一部じゃないと気づいてほしい、
と大河くんに打ち明けていたクセに、
実際に秋丸くんが「一生懸命」な行動を起こすと、イライラしまくってるって^^;。
秋大前の練習中に、1年生達から「なんでサイン出さないんスか!」と詰られた秋丸くんが、
「ジャマすっとおこられる」「オレが何かすること自体が気に触る」「残念ながら、オレに対してはそんな人」
と答えていましたが、まっったくもってその通りですな!(苦笑)
当時の感想に、
>秋丸くんが榛名さんにサインを出せるようになるには、
>ムダだから、怒られる、と”榛名のせい”にしないで、恐れずにサインを出すこと、
>さらには、自信を持ってリードできるように、配球面・技術面の両方で自分の野球を磨くこと、
>そして榛名さん側も、頭ごなしに拒絶せずに秋丸を受け入れること

が必要、と書いたことがありましたが、
何よりもまず、榛名さんの意識変革が必要不可欠って気がするなー(苦笑)。

けれども、清水くんのように(よかった。秋丸さん、サイン出すことにしたんだ)
手放しで喜ぶことは、私にはできないですねぇ。
だって、確かに秋丸くんはサインを出してはいるけれど、
コレはただ単に「榛名の投げそうな球予想して」いるだけのこと。
つまり、”ねぇねぇ、次はコレ投げるんでしょ? オレわかっちゃうけど、今どんな気持ち?”
「ねぇ、どんな気持ち?AA」風に煽られてるような気分ですよ、榛名さんにしてみれば(苦笑)。
バッテリーのサイン交換というのは、キャッチャーが考えた配球に、ピッチャーが賛否を表明して、
二人で協議し、相互の意思が介在しているからこそ意味があるんであって、
秋丸くんが単に「榛名の投げそうな球予想」をサインで出しているだけならば、
榛名さんが一人で組み立てているのと変わらないし、
(つまり、ARC戦の7回裏に、シオに打たれた時と同じこと)
榛名投手としてみれば、ピッチングのリズムが狂うだけ。
そりゃあイラッとするのも仕方ないかなー。

秋丸くんが、榛名さんの「お前といられんのもここまで」宣言で思うところあったのか、
ムダだから、怒られる、と言わず、恐れずにサインを出すようになったのは目覚ましい第一歩!
ではあるけれど、
秋丸くんが”意味のあるサイン”=自分で考えて、配球を組み立てたサインを出さないと、
形だけやったところで、プラスにはならない。
また、榛名さんが”秋丸に変わってほしい”と思ってるクセに、自分勝手にイラつくのを改めないと、
ハルアキバッテリーの成長は望めないでしょうね。
この試合で何か変化があるかな?

●武蔵野第一のベンチでは、1年生達が「榛名さんを甲子園へ連れて行きたい」と熱いモノローグ。
秋の関東大会に出れば、選抜に出場できる芽があるかもしれない。
甲子園に出ようが出まいが、榛名さんは上へ行くだろうけど、
”甲子園”の経験はすっごくでっかいはずだ!
榛名さんに遺されたチャンスはあと2回。(※2年生のセンバツと、3年生の夏)
オレらで、連れていくしかない!
と、みんな燃えてます。
武蔵野第一の1年生達は、榛名さんを崇拝しきってるんだなー。

気合の入りまくった武蔵野1年生達!
「手強い相手が点を取りにくるぞ!」という欄外アオリで盛り上がって、
次回はまた試合に動きがありそう!?
そして、この試合も中盤だというのに、
ほとんど姿を見かけない水谷くんはどうしているのか!? 西広先生は元気なのか!?
彼らの動向が俄然気になります!!!!

……しかしながら、来月号は「単行本作業のため休載」……残念orz
6月22日発売の19巻を楽しみに待っていますので、
作業頑張ってくださいね、応援しています、ひぐち先生&編集さん!
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

初コメです
ファウルチップじゃないんですよ^^;

バットにかすめた球を、キャッチが取れなかったら、ファウルで2-2のままなんですが
キャッチが取ったら、ストライクになり、アウトになるんです。^^;

うわぁ。。。私の説明力のなさ・・・・・・

すみません・・・・わかりにくいですよね。


埼玉でしたっけ?
阿部のかすめた球を、大地くんが取っていたシーンがあったよーな・・・・・・

「チッ・・・・よくとったな」的なかんじでいわれてたよーな・・・・

うる覚えです・・・・・

違うかったらすみません
はじめまして! コメントをありがとうございますvv
私の疑問にコメントを下さり、どうもありがとうございます♪
「教えて野球に詳しい方><!」という呼びかけにリアクションをいただけて、とても嬉しいです!

>ファウルチップじゃないんですよ^^;
あの画はファウルチップじゃないんですね……そうだったのかぁ……。

>バットにかすめた球を、キャッチが取れなかったら、ファウルのままなんですが
>キャッチが取ったら、ストライクになり、
仰る通りだと思います!
上記本文中にリンクしているWikipedia「ファウルチップ」にもある通り、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%83%E3%83%97
>ファウルチップはストライクの正規捕球である。
と野球ルールに明記されています。
で、仰る通り、ファウルチップ(バットに掠った球をノーバウンドで捕手がキャッチ)は
「ストライク」にはなるんですが、即「アウト」にはならないハズなんです……。

>「チッ・・・・よくとったな」的なかんじでいわれてたよーな・・・・
崎玉戦の、阿部くんがアウトになった打席(10巻の153~157ページ)ですねv
あのシーンは、ボールカウントがノーボール2ストライク(昔で言うところのツーナッシング)だったので、
3球目がファウルチップ。

3ストライクとなり、阿部くんはアウト! でした。

でも今月号の田島くんの打席は、
ボールカウント2ボール1ストライクから、
4球目がファウルチップ。

ボールカウントは2ボール2ストライク、になるハズなんですが……。

キャッチャーが打者のバットに当たったボールをキャッチして即アウトになるのは、「キャッチャーフライ」の場合。
「キャッチャーフライ」と「ファウルチップ」の違い(基準)は、
公認野球規則に明記されていなくて、球審の判断にゆだねられています。
なので、今月号の田島くんのコマが「ファウルチップ」ではなく、「キャッチャーフライ」だというのならば、
ああ、そうなのかー……と即アウトも納得なのですが。
でも、崎玉戦の阿部くんの打席よりも、もっと典型的なファウルチップの画に見えたもので……。
(あの田島くんの打球軌道を「キャッチャーフライ」と審判されたら、
もはや「ファウルチップ」は存在し得ない気がします^^;)

むしろ私は、「『チッ』という効果音は、バットに球が掠った音じゃなくて、
もしかして秋丸くんのミットに田島くんのバットが当たっちゃった音…?
だとしたら、『捕手に対する守備妨害』とみなされて、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%88%E5%82%99%E5%A6%A8%E5%AE%B3
即アウトになったという可能性も……?」
と悩んだりしていましたー^^;。
でもあのシーンは”ミットにバットが当たった”ようには見えないし、
球審も特にジェスチャーしていないし、
そもそもミットにバットが当たったら、逆に秋丸捕手が「打撃妨害」とみなされて、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%93%E6%92%83%E5%A6%A8%E5%AE%B3
田島くんは一塁へ行けちゃうことになるハズだし、
さすがにそれはないな(苦笑)。
あれはやっぱり「キャッチャーフライ」だったんでしょうかね……。
むむ~、難しい……orz

私の素人な(恥)疑問に、ご親切にご回答くださり、どうもありがとうございました!
是非またお気軽にコメントをお寄せくださいvv
あのファールチップのシーン謎ですよね。

野球漫画は沢山ありますが、大振りはひぐちさんが高校野球のこと良く調べて丁寧に描いてる所が好きで、高校球児だった自分でも「うわ、これ知らなかった」と思わされたこともありました。

だから、あのシーンを見た時は、5回くらい見直しました。何回見ても田島が何故アウトになったのかわからないです。
カウント1-2からのファールチップですから捕ろうが捕るまいが2-2になるはず。

ファールチップの定義を自分が間違えて覚えてたのかと一瞬焦りながら野球規則を調べてみたけどやっぱり間違えてない。

何か自分が知らなかったルールでもあったのかと思い、ネットで調べてたらこちらのページにたどり着きました。
僕と同じ疑問を他の読者の方も抱いていたと分かり安心しました。

しかし、あの打席で一体何が起きたのか…謎は深まるばかりですね。

感想面白かったです。
通りすがり様、はじめまして!
あのファールチップのシーン、謎ですよね~。

私も「アレッ?」って思って、何度もじっくり読み直して、
ファールチップについて勘違いしていたかと焦って、
ネットで調べまくったりしましたー。
結果、やはり「ファウルチップはストライク」と確認しましたが、
Amazon書評に、ファウルチップはアウトで正解ですよ、と書かれていたり、
21巻で当然修正が入るだろうと思っていたけれど、そのままだったり。
だんだん自信がなくなってきて首を捻っていました、実は。

なので、元高校球児だった経験者の方にご賛同いただけて、
ホッと安堵の胸を撫で下ろしましたー(笑)。

あの打席の描写、誰からも指摘や監修が入らなかったんでしょうか……?
ホントに謎は深まるばかりです……。

>感想面白かったです。
どうもありがとうございます!
……でも、腐女子(BL好きな女)なもんで、イロイロと歪んだ妄想も織り込まれていて、
いやはや、お目汚し失礼致しましたー^^;。

どうぞまたいつでもお気軽にお越しくださいませ!
野球経験者の目からご覧になって、感想の中で野球知識の間違っている点があれば、
ご指摘・ご教授いただけると幸いですvv
あぁ、ちょっと榛名に対する投球のシーンを探すために21巻を読んでいたのですが、やはり田島にのこの打席は謎ですよね。
聞いた話では、打った打球が捕手の頭より上に上がる球はフライとみなし、アウトになる。と聞いたことがあります。
多分ですが、とりあえず弧を描いたらアウトだと思います。

しかし、野球というのはルールがかなり複雑な競技であり、経験者でも知らないルールや、小さい頃に聞いたことのあるルールが実はウソだった。という例もあります。
例えば僕たちの間では両打ちの選手は2ストライクから打席の変更はできない(右から左とか)と言われてましたが、実際にはそんなルールはありません。

後、この話で榛名に対するインコースの件が出ているのですが、いったい僕はどこの書き込みにコメントしたのだろうか(笑)
ちなみにモモカンも内に2つ外せば当たると言っていますね。
みらの様、お返事が遅くなり申し訳ございません
>やはり田島にのこの打席は謎ですよね。
やっぱり、野球経験者であるみらの様の目から見ても謎ですか!

>多分ですが、とりあえず弧を描いたらアウトだと思います。
私もそういう解釈で、「ファウルチップ」と「キャッチャーフライ」を見分けていました。
うう~む……このシーンの謎は深まるばかり……^^;。

勉強になるコメントをどうもありがとうございました!
旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪