--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012_02
07
(Tue)20:37

劇場版「SP」2作品一挙TV放送!

理想の俳優コンビといえば?」
と問われたら、あなたが思い浮かべる二人は誰ですか?
番組タイトルが「相棒」っちゅーぐらいなんだから、
やっぱ水谷豊さん&及川光博さん、かしら?
と思いきや。

相棒コンビは5位で、彼らを差し置いての栄えある1位は、
「SP」尾形係長(堤真一さん)&井上くん(岡田准一さん)!
「理想のコンビ」1位は堤真一&岡田准一! 往年の名コンビやあのバカップルも上位に(cinemacafe.net2011年12月26日付)

このSPの劇場版「SP THE MOTION PICTURE」2作品、つまり、
「野望篇」(2010年10月公開)と「革命篇」(2011年3月12日公開)が
2月にテレビで一挙放送されますよー♪
「革命篇」はテレビ初登場!

2月TV初!劇場版「SP」2作品一挙放送!すべてはここで明かされる(日本映画チャンネル公式HPの特集ページ)

実はつい先日、10ヶ月遅れで「革命篇」DVDを借りてきて、ようやく見ることができたんですが。
めっちゃ 萌 え ま し た!!(満面の笑みでサムズアップ)



残念ながら多くの人達が気軽に目にする地上波ではなく、
CS放送の「日本映画専門チャンネル」なのです。
「日本映画専門チャンネル」を視聴するには、
CS放送(スカパー!、e2スカパー!、HDスカパー!光)か、
ケーブルテレビ(J:COM、ケーブルテレビ)か、
IPTV(ひかりTV、IPTV)に加入して、チャンネル契約すれば見られますよ。
e2などは「16日間無料体験」とかやっているので、興味のある方は上記HPをご参照ください。
ワタクシこの朗報を知って、早速本日、
昨年11月にプロ野球シーズン終了とともに一時解約していたe2さんに電話して、
「日本映画専門チャンネル」を契約してまいりましたー♪

放送時間は以下のとおり。

「SP 野望篇」
2012年2月11日(土)21:00~
2012年2月19日(日)12:00~
2012年2月26日(日)19:10~

「SP 革命篇」
2012年2月12日(日)21:00~
2012年2月19日(日)14:00~
2012年2月22日(水)21:00~
2012年2月26日(日)21:00~


さらに、岡田くん&堤さん主演コンビ+原作・脚本:金城一紀さん(直木賞受賞作家)の
3人タッグで2005年に劇場公開された、「SP」の先駆け的映画、
「フライ,ダディ,フライ」もこの機会に放送♪

「フライ,ダディ,フライ」
2012年2月10日(金) 21:00
2012年2月12日(日) 18:50
2012年2月21日(火) 23:30
2012年2月23日(木) 14:00
2012年2月26日(日) 17:00
2012年2月29日(水) 18:30


SP2作品を一挙テレビ放送って、超嬉し~vvv
さらに、是非とも見たいな、DVD借りてこよう、と思っていた「フライ,ダディ,フライ」も! ラッキー♪


SPといえば、昨年3月4日・5日にフジテレビで放送された
「スペシャル特別篇」と「革命前日」について、
腐女子の爛れた妄想丸出し感想を書いたことがありました(にこにこ)。

あの特番を見て「SP、萌・え・る!! 『革命篇』、映画館に見にいこっかな~♪」
と楽しみに思っていたら、あの東日本大震災が……。
劇場公開初日の、なんと前日に起きてしまいました。
私も激しく精神的に動揺して、落ち込んで、
映画館にアクション映画を見に行く気持ちになれぬまま、
劇場公開期間が終わってしまって、残念に思っていました……。

キャスト・スタッフの皆さんが並々ならぬ精力と、長い間愛情を傾けて作り上げた大作。
もともと、原案・脚本の金城さんは岡田くんを主役にプロットを練ってこのシリーズを書いたそうで、
岡田くんは、映画2作の全編アクションをノースタントでやり遂げただけでなく、
アクションスタッフの一人として殺陣構成も考え、アクション指導もしていました。
岡田くん自身、「僕の20代後半を捧げた作品」と言っていて、思い入れも非常に強く、
3月11日前はいろいろな番組に番宣で出演して、頑張ってるな~! と尊敬していたんですが。
震災の影響で、初日舞台挨拶はもちろん延期になり、
観客動員数も、興業収入もかなりのダメージを受けたことでしょう。
それでも、興業収入33.3億円で、2012年の劇場公開映画第10位(邦画の第6位)だったようです。

でもね。私が間違っていたんです。
「アクション映画」は今見るにはヘビーだな……と思っていたけれど。
たしかに、アクションシーンは過去の邦画に類を見ない素晴らしいものだった!
けれどアレは「めくるめく恋愛映画」でした!!!
ええ、尾形係長と井上の!!(←間違ってんよww)

腐女子の皆様! 見た方がいい! ゼッタイ見た方がいいです!
特に、「バディ・ムービー(男二人一組で活躍する映画)」や「ライバル」や「上司と部下」や
「男祭り」(※スタッフさん達がSPシリーズを指してそういっていますw)
という単語に萌えセンサーが反応する姐さんは是非!!
この「SP」は、ダークサイドに堕ちた尾形係長を、井上くんが彼への深い愛で救い出そうと、
国会議事堂を舞台に激しいドンパチで壮大な痴話喧嘩を繰り広げる、
びっくりするぐらいのアクションサスペンス恋愛サーガでしたYO!
(※腐ィルターを通して見た結果、大いなる誤解が生じた模様)

ということで、DVD視聴以降、ここ数日は
関連動画や関連ネット記事を見まくって萌え滾ってますwww
中の人の皆さん(特に4係)が仲良しで萌え~ww

「革命篇」DVDの感想を書こうとしていたんですが、
萌えが滾って上手く文章がまとまらないので&一度見ただけでは理解が浅くて再び見たいので、
上記のテレビ放送を録画して舐めるように見直してから、後日感想を書きますね。(←だが断る!)
関連記事

コメント

2/9に拍手からコメントを下さったY様

>感想楽しみにお待ちしてますi-175
はい、ありがとうございまっす!
このブログで「SP」関連の記事を書いても、どなたからもコメントは戴けないだろーなーorzと思っていたので、
「楽しみにしています」のお言葉を頂戴して、とっても嬉しくなりました♪
きっと調子に乗って、腐った妄想丸出しの自重しない感想になっちゃうと思いますが、
感想アップの暁には、よろしければご覧いただいて、またコメントを戴けると幸いですvv

2012/02/12 (Sun) 11:30 | 杏月 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。