2011_11
15
(Tue)19:15

おおきく振りかぶって18巻の表紙

11月22日(火)発売の「おおきく振りかぶって」第18巻の表紙画像が、
出版社の公式サイトにアップされていましたー♪
(サイト拍手からご一報をくださった方、どうもありがとうございますvv)

おおきく振りかぶって(18) (アフタヌーンKC)おおきく振りかぶって(18) (アフタヌーンKC)
(2011/11/22)
ひぐち アサ

商品詳細を見る


上記公式サイトに書かれた、18巻の作品紹介。
夏の高校野球選手権埼玉大会、準決勝。
シニア時代、阿部とバッテリーを組んでいた投手・榛名擁する武蔵野第一と、
優勝候補・ARC学園が激突!
序盤、ARCにリードを許した榛名は、自分の本気の球を捕れる秋丸を捕手に指名。
本来の投球を開始する!
武蔵野の猛追は、ARCに届くのか!?
一方、チームのために全力を尽くす榛名を、スタンドから見つめる阿部……その心中は!?



>18巻の表紙はきっと武蔵野第一高校のはず!
と書いたワタクシの予想、ようやく当たりましたー!(既に1度外してるけど^^;)

榛名さんがど真ん中!
カグヤンが左側手前で一番デカイ!♪♪
町田さんもデカイ!
大河くん達3年生もいる!
……秋丸くんはいない!(苦笑)

ということで、ピンチでマウンドに集まった武蔵野第一ナインが、
「よし! ここ守りきるぞ!」「榛名、頼んだぞ!」「はいっ!」てな感じで、
守備位置に戻っていくシーンかな?
ああ、私の大好きな野球のワンシーンです~vv

……アレ? ちょっと待って。
試合中マウンドに集合するのって、投手&捕手&内野陣4名の計6名、が普通だけど、
18巻の表紙で集まってるのは、計7名……。
つ、つまりこの場面では、カグヤンは伝令、かな^^;?
てことはこのシーンは、私が思わず虫取り網を手に埼玉のO宮県営球場へ逝きそうになった、
18巻の中の、あのシーン……←ネタバレ注意!!

武蔵野ナインの仲良しな雰囲気が滲み出てて、
しかも私の大好きなカグヤン始め、武蔵野3年生がいっぱいいて、
生き生きと真剣に試合をしているワンシーン。
これを18巻の表紙に描いてもらえて、嬉しいです♪

さあ、18巻発売は来週火曜日
そして、アフタヌーンでの連載再開は来週金曜日ですよ~!
いよいよね……vvv ワクワクo(゜ー゜*o)(o*゜ー゜)oワクワク
関連記事

コメント

文明の利器はネタバレしまくりですね…等

小生はこの作品は本来、完全に単行本派なのですが、もういらんことを書く輩が世の中には幾らでもいるので、、、、この18巻のアウトラインは大体知ってしまっているようです(涙)。

でも、阿部君目線の戸田北時代の荒れていた時期の榛名君とはだいぶ異なる感じで描かれているのが、結構好きです。
初期の構想では秋丸君が主人公だったと聞いていますが、モモカンもいなかったそうですし、そうだったらどんな話になっていたんだろうと、ちょっとだけ妄想したりしています。

六大学ファンの「師匠」にこの作品の単行本を貸したままなのですが(師匠はまたもや昨夜から旅の空です)、以前「面白い」と感想を言われていました。

ちょっと本当に今さらの話でここに書きこむのも変なのかも知れませんが、17巻の冒頭でストライク・ボールカウントの注記が今さら出てきたのには、ちょっとだけ違和感を覚えました。

作品世界では、従来の日本独特のカウント方法(日本だけストライクカウントを先に言うようになったいわれは不明なようですね)できているのですから、途中で変えるわけにはいかないのだろうとは思いますし。

更に余談ですが、大学生時代は家族が米NYに住んでおり、小生は夏休み等に渡米しており、その頃MLBを堪能しておりました。
家からわりと近かった、ニューヨーク・メッツの試合は結構見ました。

あのMLBの球場の雰囲気は、本当にイイです。。。。。。。

2011/11/18 (Fri) 22:29 | 透析鉄 | 編集 | 返信

透析鉄様、こんにちは

>もういらんことを書く輩が世の中には幾らでもいるので
このブログもネタバレが溢れかえっておりますので、重々ご注意を^^;。

>初期の構想では秋丸君が主人公だったと聞いていますが、
>モモカンもいなかったそうですし、
このブログの過去日記にも書きましたが、
ひぐち先生が昔のインタビューでそう仰ってましたね。
構想段階では、三橋くんは今と全然違うクールなエースだった、と見た記憶がww

六大学ファンの「師匠」様も、おお振りを「面白い」と思われた、
というのは嬉しいですね!
リアル野球ファンが楽しめる野球漫画であってほしいですvv

2011/11/19 (Sat) 10:10 | 杏月 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック