2011_09
25
(Sun)23:59

おおきく振りかぶって17巻感想(2)

昨日の日記に引き続き「おおきく振りかぶって」第17巻の感想・後編です。
ちなみに、前編はこちら→おおきく振りかぶって17巻感想(1)

この17巻の収録内容については、
約2年半前の月刊アフタヌーン発売当時に、くどくどとウザイ感想を書いていますので、
よろしければ下記リンク先もご覧ください。
アフタ09年2月号(1)
アフタ09年2月号(2)
アフタ09年3月号
アフタ09年4月号(1)
アフタ09年4月号(2)
アフタ09年5月号(1)
アフタ09年5月号(2)


※野球素人の腐女子によるネタバレ感想です。
腐った妄言も含みますので、原作を純粋にお好きな方はご不快になる恐れがあります。ご注意ください。
野球に関する知識に間違いがありましたら、ご指摘いただけると勉強になります。よろしくお願いします!







単行本化にあたって、やはり加筆修正はたくさんありましたね。
ほとんど全てのコマに手が加えられているといっても過言ではないほど。
16巻でもそうでしたが、
バックスクリーンの選手名上の番号が、背番号→守備位置を示す番号に修正されていたり、
背景が細々と描き込まれていたり、影のトーンが変わっていたり。
特に影は、本誌掲載時に描いた斜線の影をわざわざ消してトーンだけに直されてますね。
あとは、ランナーがいる場面で葵くんワインドアップ→セットポジションに(P.28)、
榛名さんが何故か右肩をグルグル回す(苦笑)→ちゃんと利き腕の左肩にw(P.38)、
三橋くんの見た武蔵野戦のスコアがちゃんと書き込まれていたり(P.110)、
朝ご飯メニューが「生卵」→「やっぱりとろろ」になってたり(P.119)。
大きく変わったところは、航先輩がHRを打った後に、見開き2ページ追加(P.62~63)や、
試合終了時の葵と涼のセリフがまるっと差し替え(P.93)かな。


漫画本編の感想は、アフタヌーン感想でほとんど言い尽していますので、
上記のリンク先をご覧いただくとして、単行本を通して読んでみて感じたことを少々。

●県大会準々決勝 武蔵野第一vs春日部市立
16~17巻の2冊分、半年に渡って連載されたこの試合。
通して読んでみると、少年野球漫画の王道が散りばめられた試合でしたねぇ。
・武蔵野は3回で3-0のピンチ。予定を前倒してエース榛名を投入せざるを得ず。
・絶対的エース・榛名が9回まで内野安打1本に抑え、追加点を許さない。
・自己制限の80球を超えてもマウンドを降りない榛名!? どーなる?
・春日部は榛名からヒットが打てず、膠着状態。
 葵は7回以降、毎回先頭打者を塁に出すものの要所を締める。
・8回裏、エース榛名vs4番高橋の勝負! 豪速球で三振!
・武蔵野は絶対的エースの自信にひっぱられて、打撃・守備とも上向きに。
 逆に春日部の葵は、徐々に追い上げられる焦りから、9回裏に四球から自滅し、同点!
・延長戦突入! 武蔵野逆転! しかし春日部バッテリーもスクイズ外し!
・その裏、またもエースvs4番対決! 豪速球を完璧にとらえホームラン!! 再び同点!
・ところが12回表、榛名がホームランで再び逆転!! そのまま逃げ切り、武蔵野勝利。

豪速球エース、スラッガーとエースの真っ向対決、延長戦にもつれて点の取り合い、スクイズ外し、などなど、
少年野球漫画の見せ場がいっぱい!
コマの構図も、見開きでどーん! と見せたりと少年漫画らしい躍動感。
野球好きとしては読んでいて楽しい試合でした♪

……だけど、「武蔵野編はつまらない」と巷で言われたりすることがあるのは……
榛名さん一人の力で勝ったような印象で、あまりにも超人でご都合主義っぽく見えるからでしょうか。
豪速球で9回1/3を3安打に抑えちゃうし、決勝点のホームランも自分で打っちゃうし。
まさに「武蔵野って榛名のワンマンチーム」。
でも意外と、リアルの高校野球にはこういうチームあるんですよね(笑)。
エースで4番くんが、好守に渡り一人で八面六臂の大活躍とかw
甲子園でも「あるある!」と言いたくなるような試合運びで、
ある意味、リアリティのある試合とも言えるんですけれどね。
「事実は小説より奇なり」で、漫画で描いてみると”ご都合主義”っぽく見えちゃう不思議^^;。

なにより「つまらない」と言われる一番の理由は、やっぱり西浦の試合じゃないからかな?
でも、西浦の場合だと”豪速球エースvsスラッガー”という王道対決は描けないし、
負けていても絶対的エースに引っ張られてポジティブなチームに対し、
勝っているチームの方が徐々に追い上げられて焦り、9回にまさかの乱調、
という展開は描けないんですよね。
そういう王道展開を見せたくて、ひぐち先生は武蔵野戦をじっくり描いたのかもしれないですね。
あと、カグヤンの最後の夏をしっかり描きたかったのかな? と思います。
連載中の私の個人的意見としては、試合は楽しいけれど、
もう少しだけ短かくしてもらって、早く西浦を見たいなーとも思っていましたがm(_ _)m

●西浦の夏合宿
17巻発売日以降ここ数日、「カツレイ」や「人拓」という言葉で検索して、
この辺境ブログに漂着された方が結構多かったみたいで^^;。
言葉の意味がわからなくて、解説を求めてお越しになった方のため簡単に。
「人拓」ってのは、魚拓みたいに、汗で地面に人型の跡がついた、って意味ですね。
カツレイとは要するに「割礼」ですよ。
○○○の皮を一部切って剥くための手術とか儀式とか……(何を説明してんだアタシ^^;)
思春期男子(巣山や水谷)にとっては、三橋くんはワンランク上の憧憬の的ってコトですねw
おお振りって、意味がわかりづらいセリフが意外と多いみたいですね?
(カツレイって見た瞬間、即座に意味を把握して吹き出したアタシってorz)

17巻では西浦の出番は少なめだったけれど、
「ビクビクとイライラ」な三橋くんと阿部くんの関係性が、私は興味深かったです。
15巻で「阿部君、オレを頼ってくれ!」「力合わせて、強くなろう!」と
せっかく通じ合ったかに見えたのに、前に戻ってるじゃん(怒)と
ご不満な読者もいらっしゃるでしょうけれど。
でも「力合わせよう」と言ってすぐツーカーの仲になれるほど、人間は簡単じゃないですしねー。
阿部も三橋も、お互いにコミュニケーションをとりたいと思っている。
だけど、阿部は三橋に対して「言ってることがわかんねー」「通じてるのか通じてねーのかわかんねー」、
さらに榛名が勝ち進んだ上に、三橋が「ありえねェことを言う」からイライラ。
三橋は阿部に対して「西浦に来たこと後悔したくないから? オレがダメだから?」とビクビク。
この二人のすれ違いは、阿部くんの「榛名」というトラウマを
次の試合観戦で解消するための前フリとして必要ですよね、うん。

それから、17巻は沖くんと花井くんのシーンが特に好きですvv
阿部のイライラと三橋のビクビクを傍から眺めた際に、
三橋に共感して「阿部は怒っている」と見ている気の弱い沖。
阿部に共感して「三橋はイラッとくる」と見ている万能優等生な花井。
その一方で花井は、「手加減なしでモノ言われんのって、三橋にとって多分悪いことじゃねー」と、
三橋の劣等感や競争心・向上心に、恐らく西浦で一番共感しているキャラなんですよね。
脇役まで丁寧に性格の違いを描き分け、比較描写されていて、ひぐち先生に感嘆しました。

野球の試合展開ももちろんですが、こういった心理描写の妙が、
私にとってはおお振りの堪らない魅力です♪


さて、県大会準決勝、武蔵野第一vsARCがいよいよ始まりました!
アフタヌーン感想当時は「萌えねーなぁ……」と散々こぼしていた太田川くんですが、
今ではもう、可愛い1年生坊主であの変顔に萌え萌えです~♪←
榛名さんが1回でまさかの3失点! 果たして追いつけるのか!?
武蔵野の秘密兵器(?)秋丸恭平もついにキャッチャーマスクを被って、
榛名さんが本来の豪速球を躊躇なく解き放った!
さあ、決勝戦に勝ち進むのは、武蔵野第一か、ARCか!?
11月22日発売の、おおきく振りかぶって18巻に、乞うご期待!!
(……ネタバレが平気な方は、このブログでアフタ感想の続きをご覧くださいませ^^)
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

王道大好き

こんばんは~。

エースがぐいぐい引っ張っていって、あれよあれよと勝っていく・・・ってのが高校野球。
ホント、プロじゃありえないような劇的さ!
それがたまらなくて「高校野球、好きだっ!」と叫んじゃうんですよね。

そーかー・・・武蔵野戦、巷では「つまんない」かー・・・。
でも私もこの試合は「王道」としてとっても楽しませてもらいました。
そして「やっぱ、いーよ!高校野球!」と、思わず週末の秋季大会県決勝戦を見に行きそうになっています(笑)

底の浅い野球好きにしてみれば、1つのマンガでこれだけタイプの違うチームの試合を見ることができる、っていうのが「わーい♪お得ぅ♪」とか思っちゃうんですけどね・・・。

も、もちろん一番の楽しみは西浦っ子たちの成長ですよ!ええ!そこはブレませんとも!(汗)

2011/09/27 (Tue) 21:59 | ちるちる #iedmesOg | URL | 編集 | 返信

お言葉に甘えて語りに来ましたww

杏月さんの感想やっぱり好きです~^^!

野球に関しては前回コメで叫んだのでまぁ控えるとしてw
でもほんとエースで4番の子が一人で投げて打って勝つ!みたいなチーム結構見ますよねぇ!リアルですよー!!

むしろ9分割とあんな超細かいリードする高校生キャッチャーのがいねぇよwwww(いやそこがいーんですけどね^^;)

私も花井&沖君の会話のところすごく好きでした~!
沖君なごむ・・・( ̄▽ ̄*)ホカッ
こーゆーところも改めておお振りいいなぁって思いましたv

あと次記事ですけど、やっぱりご出産だったんですね^^
よかったです~vvv
18巻も連載再開も近くてホント楽しみですねー!!

日めくりは親切価格wなので2冊買っても全然よさそうですね!
・・・とか言って私も普段グッズは買わない派なので1冊にしますけど(笑)

2011/09/28 (Wed) 21:44 | サクヒロー #- | URL | 編集 | 返信

コメントをどうもありがとうございます!

●ちるちるさん
エースの活躍、プロでは見られない劇的な展開。
まさに「高校野球の王道」な試合でしたね、武蔵野vs春日部戦はi-179
野球ファンとして、ワクワクがいっぱいの試合展開でしたi-185

>「やっぱ、いーよ!高校野球!」と、
>思わず週末の秋季大会県決勝戦を見に行きそうになっています(笑)
ああ、いいですねi-189 私も久々に球場で高校野球を生観戦したいぃ~i-237

>1つのマンガでこれだけタイプの違うチームの試合を見ることができる、っていうのが
>「わーい♪お得ぅ♪」とか思っちゃう
そうですよね~!
登場した各チームごとに、異なるチームカラーと、異なる長所&弱点を持っていて、
いろんなチームの成長や葛藤が見られて、楽しいです!i-176


●サクヒローさん
いらっしゃいませ~i-178 お待ちしておりました!(笑)

>エースで4番の子が一人で投げて打って勝つ!みたいなチーム結構見ますよねぇ!リアルですよー!!
>むしろ9分割とあんな超細かいリードする高校生キャッチャーのがいねぇよwwww
>(いやそこがいーんですけどね^^;)
仰る通りだと思いますi-278
実は、一人の力で勝っちゃうスーパーエース榛名よりも、
9分割コントロールの三橋のほうが、現実にありえないファンタジーですよね(笑)。
「おお振り」の魅力は、なんだかリアルにありそうな高校野球部が、
リアルにありそうな試合をしている、と思わせてくれるところですよねーi-189
高校野球漫画で、1球ごとの配球や心理的駆け引きを細かく見せてくれて、スゴイと思います。
少年漫画誌に載っている、いわゆる王道ど真ん中の野球漫画だと、
派手な魔球とか、すんごいバッターとすんごいエースの竜巻を巻き起こす激突とか、
戦いを勝ち進むごとに段違いに強くなっていく対戦相手とのトーナメントとか、
パワーインフレがどんどん続いたりして、それはそれで奇想天外でおもしろいんですけどねw

>沖君なごむ・・・( ̄▽ ̄*)ホカッ
沖くんの三橋寄りな心理描写は、今回急に出てきたワケではなくて、
ちゃんと崎玉戦前に、阿部の声がデカイくて怖いんじゃない? とおずおず忠告したり、
美丞戦の最中に、三橋くんと一言二言交わしてホンワカ和やかな空気になったり、
阿部くんが三橋くんに声をかけると一緒にビビったりと、
細かく伏線(というか性格)が描写されているんですよね~。
ホントに脇役までちゃんと性格設定して描き分けされていて、ひぐち先生スゴイですi-189

18巻発売に、連載再開に、日めくりカレンダーと、
これからおお振り関連の楽しみが次々来ますね~i-178 ワクワクします!


●9/28に拍手からコメントを下さった方
>春日部VS武蔵野戦も、野球の試合という面から見ると、なかなか面白かったですよねi-185
よかったi-176 同じご意見を戴けてi-228

>春日部戦を読むと、春日部はどうすれば武蔵野に勝てたのかと考えてしまいます。
なるほど~! そうですね。
確かに延長戦でどっちに転ぶか分からない、競った試合だったので、勝敗を分けた分岐点を考えちゃいますよねi-189
バッテリーごととっかえだと、試合の流れが掴みにくくて打者の攻め方とか難しい上に、
変わりバナ(リリーフ投手の立ち上がり)に打たれやすいですよねぇ。
アフタ2月号感想(2)にも書いたのですが、
私も敗因は、春日部監督の継投を決断するタイミングが遅かったんじゃないかな~? と思います。
9回のカグヤンに四球を出した直後あたりで、
葵くんを長沢先輩に変えておけば、また違った結果に……?
(野球素人の浅知恵ですし、所詮は結果論ですがi-229

>プールのシーン
>同じものを見ていても感じ方は人それぞれ違うという
>当たり前だけど日頃は意識していないことを描いていて、すごくおお振りらしいなと
私もそう思いますi-189 そういう丁寧な心理描写がおお振りの魅力の一つですよねi-176

オータはもう、随所で可愛くって可愛くって、頭をかいぐりかいぐりしたくなりますぅ~i-237
18巻が楽しみです!(笑)


皆様、たくさんのコメントをどうもありがとうございました!
大好きなおお振りについて語り合えて嬉しいですi-178

2011/09/30 (Fri) 13:17 | 杏月 #- | URL | 編集 | 返信

なかなかいい試合でしたね

確かに主人公の学校の試合ではありませんが、なかなか良い展開でしたね。私はてっきり、8回裏はホームランかな、と思っておりましたが……。

小生は42のオッサンなんで、当然割礼の意味はすぐわかりました。日本ではあまりない習慣かと思われますが。

梓くんがピアノが上手なのはイイですね。同じカットでいずみんが珍しく?泉ブランドじゃないっぽいTシャツを着ていたのも気になりましたが。

沖くんは左利きなのに毛筆が随分上手ですね。書くのだけは右利きなのかも知れません。

モモカンはやはり実家暮らしじゃないとそうは貯金できないですよね。
個人的には百枝家の面々も見てみたいです。
彼女の弟はやはり榛名君にそっくりなのでしょうか?ちょっと気になります。

透析鉄様、いらっしゃいませ!

>私はてっきり、8回裏はホームランかな、と思っておりましたが……。
17巻のラストで、航先輩が自信満々の顔をして、
「この打席が高校最後の対決かと思うと…」なんて考えていたので、
いかにもガツンとHRを打ちそうな、引きの強さだったかもしれないですねw

>当然割礼の意味はすぐわかりました。日本ではあまりない習慣かと思われますが。
ほとんど聞かないですよね~i-229
ホントに全くいったいぜんたいどんな謎風習が伝承されているんだ群馬の魅惑のワンダーランド三橋家!

>同じカットでいずみんが珍しく?泉ブランドじゃないっぽいTシャツを着ていた
思わず17巻をひっくり返して確認してしまいました!(笑)
確かに柄は一見フツーですが、白黒だから分からないだけで、
きっと配色がモノスゴイんですよi-189
ショッキングピンク地に、蛍光グリーンやドギツイ原色で柄が描いてあるのかも?
(↑なんとしてでも泉ブランドのブランドイメージを死守したいのかi-229

>沖くんは左利きなのに
そうなんですよね~。左利きだと毛筆って書きにくそうな印象なんですが……。
17巻の準決勝観戦の際、球場スタンドでお昼のお弁当食べている時も、
沖くんは右手で箸を持っていたので、「ひぐち先生、書き間違えたのかなw」と思っていたんですが、
単行本化でも修正されていなかったですね……
もしかして、沖くんは筆や箸は右手なんでしょうかね??

>弟はやはり榛名君にそっくりなのでしょうか?
う~ん……恐らく、モモカン弟は榛名さんのクローンで、
榛名姉のなおちゃんはモモカンのドッペルゲンガーでしょうねi-239(笑)


●9/30に拍手からコメントを下さったT様
>千代ちゃんがとっても欲しがっていたセーラー服自体も、春日部市立高校のものだった筈
そういえばそうでしたね!
かなり昔に描いたおまけ漫画なので、ひぐち先生はもう失念されているのかもしれないですねー。
私の高校はブレザーだったので(ゲンミツには制服決まっていないけれどw)
私も千代ちゃんのように、セーラー服を一度着てみたいi-189と憧れました~i-189

2011/10/04 (Tue) 12:58 | 杏月 #- | URL | 編集 | 返信

沖君の箸とか

アニメ一期の話ではありますが、GW合宿で山菜天ぷらを揚げている時の沖君は、菜箸を左手で持っていましたが、食事中は右手で箸を使っていました。

ありゃ、両方使えるのかな、と思いましたが(^_^;)

ちなみにこれも左利きのモモカンも、天ぷらのころもを作っている?シーンで、右手に箸を持っていました。



私の父は書道が趣味なのですが、師匠、は左利きでやはり毛筆は右手でないと使えないらしく、だいぶ苦労して右手で毛筆を使えるようにしたそうです。

余談ですが、私自身も、箸や鉛筆等は右利きですが、ちょっとした作業、例えば今ケータイで文字を入力しているのですが、これなんかはなぜか左人差し指が一番しやすいです。



やはり泉ブランドは、カラーでないと、真価を発揮しないようですね(^_^;)

これもGW合宿で一瞬だけ映る、彼の私服の全身像の余りの素晴らしさ??に絶句したものですが……。


そう言えば阿部君の回想シーンでも、左手にグラブをはめてマウンドを降りる戸田北時代の榛名君が、何か一瞬いました(アニメーターの書き間違いかと思われますが(^_^;)。

2011/10/08 (Sat) 20:56 | 透析鉄 #- | URL | 編集 | 返信

透析鉄様、再びようこそ

>GW合宿で山菜天ぷらを揚げている時の沖君は、
>菜箸を左手で持っていましたが、食事中は右手で箸を使っていました。
思わずDVDを見返しましたが……ホントですねi-229
単に描き間違いなのか……両手で箸を使えちゃう器用さんなのか…(笑)。
モモカンも右で箸使ってますねー。

>師匠、は左利きでやはり毛筆は右手でないと使えないらしく、
>だいぶ苦労して右手で毛筆を使えるようにしたそうです。
そうなのですか~!
やはり毛筆は右手でないと書くのが難しいのですね。
となると、小学生で毛筆の賞をもらえるほど達筆な沖くんは、
右手もとっても器用に使えるんでしょーか?
(あるいは、単に左利き設定を忘れてた…?i-229

田島くんが桐青戦で手首を怪我したため左手で食べていたり、
左手でキャッチボールしていた、その器用さにも惚れましたが、
両手を自在に操れる方はスゴイですね~尊敬しますi-189

>GW合宿で一瞬だけ映る、彼の私服の全身像の余りの素晴らしさ??に絶句したものですが……。
私も、定番の★★★★マークよりも、
あの絶妙な色合わせとデザインのセンスに目を奪われました!(笑)

2011/10/12 (Wed) 09:51 | 杏月 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック