--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_04
27
(Wed)23:59

貯金1で仙台へ帰還

昨日26日の楽天vs西武戦、岩隈さんの投球には感動しました~!

一人で9回まで147球の熱投! 自己最多タイの13奪三振で完封勝利!
12球団の投手で唯一の開幕3連勝♪
岩隈さんが今季対戦してきた3試合は、
成瀬投手(ロッテ)、和田投手(SB)、昨日の涌井投手(西武)と各チームのエースばかり!
その厳しい戦いを制しての3連勝だから、白星の重みもひとしおですよ~。

楽天イーグルスは今週末29日にKスタで待望のホーム開幕戦を迎えますが、
「それまでに貯金をして仙台に帰る」と星野監督が公約を掲げていました。
しかし、一昨日の段階で6勝6敗の勝率5割……。
昨日と今日の試合で2連勝しないと、貯金は作れないorz
そんな負けられないがけっぷちの試合に、岩隈さんが魂のピッチングをしてくれました!!


岩隈さんは2005~2007年頃、右肩や右肘を何度か故障していて、
ずっと試合に出られなかったり、出ても短いイニングでKOされたり……。
故障が治っても、100球前後投げると完投目前でもマウンドを降りることが多いので、
当時の野村監督には「ガラスのエース」なんてボヤかれることもありました。
それでも岩隈さんは「完投に拘っても肩を消耗するだけ。1年間ローテーションを守る方が大事。
自分の体は自分で守るしかない」という考えをもっているのです。
そんな岩隈さんが、9回完投、147球! 最後には肩で息をするぐらい全力を尽くして……!
その姿に感動して、最後のアウトを取った瞬間は私も涙目になってしまいました。

イーグルス打線の気迫も感じましたね~!
2回に2点を取ったプレーも、嶋捕手(選手会長)、さらに鉄平選手(キャプテン)が
全力疾走で一塁ヘッスラして内野安打をもぎとったお陰。
「勝って仙台に帰る!」という勝利への執念に感激しました!

気迫のヘッドスライディング!闘魂プレーで岩隈援護(スポニチ4月27日付)
↑この記事にヘッスラした時の二人の写真が載っていますが……
静止画像で倒れているところ見ると、なんか可愛い(笑)。

選手達の気迫のプレーで、公約どおりに貯金を持って仙台に帰れることになりました!
わーい、わーい♪ 選手の皆さん、ありがとうございます!
これで東北の被災地に勇気が届くと嬉しいなぁ。


ところで、過去日記にもちらりと書いたことがありますが、
楽天イーグルスには、「1975年以降の日本の地震被害ワースト3」全てに被災した人がいるのですよ。

プロ野球:きょう開幕 奥尻出身、楽天・佐藤コーチ「頑張るしかない」 /北海道(毎日新聞4月12日付)
楽天・佐藤コーチ、再び復興の光に 全力尽くし白星届ける(河北新報4月13日付)

佐藤義則投手コーチは、北海道奥尻町の出身。
ヨシコーチは、下記の3つの大地震に深い関わりを持っています。

1)1993年の北海道南西沖地震
当時はオリックスの投手で神戸在住。
故郷の奥尻島が壊滅的な津波被害を受け、伯母を亡くした。
地震の翌日に4年ぶりのオールスター出場が決まり、古里の声援に応えた。

2)1995年の阪神淡路大震災
宿泊先の大阪市のホテルで地震に遭い、神戸市の自宅や家族は無事だったが、帰宅できたのは約1週間後。
この年、当時史上最年長記録となった40歳でノーヒット・ノーランを達成、
チームも11年ぶりのリーグ優勝を果たした。

3)2011年の東日本大震災
兵庫県でオープン戦の最中に地震発生。
家族は仙台を留守にしていて無事だったが、自宅マンションには亀裂が入り、転居を余儀なくされる見込み。

但し、3度の大地震のいずれも、発生時には自身が被災地にいなかったので、
激しい揺れを経験しておらず、震災を語るにはためらいがある、のだそうです。
ヨシコーチ曰く、
「宮城の避難所を訪問させてもらった時は、涙が抑えられなかった。神戸の時を思い出してなぁ……」
「成績が悪くても震災のせいにはできない。だからやるしかない。
野球に打ち込む姿を見て、被災した人々が『自分も頑張ろう』と感じてくれれば」


楽天イーグルスの選手達も、被災地に自宅や家族があるものの、
自身は地震当日に兵庫にいて、地震を直接は体験していません。
その後も1ヶ月以上帰ることができなかったため、
「野球をやっている場合なのか。被災者の方々のためにいったい何をしたらいいのか」
と、悩んで話し合い、落ち込んでいたと聞いています。
そんな選手達を前向きにやる気にしたのが、ヨシコーチのDVDだったのです!

楽天ナインを奮いタタせたDVD「ヨシ、おれたちも」(zakzak4月15日付)

3月31日、札幌ドームでのチャリティー試合のため、
新千歳空港から札幌市内の宿舎ホテルへ向かうバスの中で、
1月中旬放送のNHKスポーツ大陸「オリックス 大震災からの奇跡」の録画DVDを流したそうです。
阪神・淡路大震災で本拠地の神戸が壊滅的被害を受けたオリックスが、
「がんばろうKOBE」を合言葉に奮起し、リーグ優勝に輝くまでを追ったドキュメンタリー番組でした。
その中に、当時41歳の大ベテラン・ヨシさんの姿が。
DVDの中で、オリックスは7月末に早々とマジックを点灯させたものの、重圧に押しつぶされ転落危機に。
そこで大活躍して、チーム再浮上の救世主となったのが、ヨシさんでした。
なんと8月26日に41歳でノーヒットノーランの快挙も達成!
この16年前のオリックスナインの姿に、「よし、俺達も」とムードが一気に高まったそうです。

>DVDの映像を食い入るように見つめていた楽天ナインも、
>報道陣に囲まれている仰木監督の背後で、
>ベンチ内で悠然とタバコをくゆらせる佐藤コーチの姿が大写しになった瞬間だけは、
「ベンチでタバコはあかんやろ!」
>と口々にツッコミを入れたという。


その時のバスの中を想像して、ほっこり笑ってしまいました。
「がんばろう東北」とワッペンを付けている楽天イーグルスナインの皆さんには、
あの当時のオリックスナインのように、復興の希望の光となるよう、頑張っていただきたいものです。
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。