--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011_04
22
(Fri)23:59

キャプテン梓

今日のタイトルは、超有名な某サッカー漫画風に(笑)。

今年(2011年)のセンバツ高校野球の開催直前頃、大会主催の毎日新聞に
計4回の短期連載でこんなコラムが載っていました。

キャプテン 誰かのために生きること(毎日新聞2011年3月11~17日付)
>高校野球における主将とは……。
>何のために存在し、チームにどんな影響を与え得るのか? 誰が務めるべきか?
>大多数の新チームが最初に直面する“決断”の裏側を、出場校アンケートと過去の事例から探る。


こ、これは花井スキーな私にとって見逃せない素敵な特集コラム!!
しかも「誰かのために生きること」というサブタイトルに思わずもらい泣き……(笑)。

今大会出場校へのアンケートや過去大会の記録を基にしたコラムの内容を、
西浦の花井キャプテンの場合と比較しながら、以下に抜粋してみました♪

●主将はどうやって決めるのか?
・監督主導型:19人(監督による指名など)
・合議型:5人(コーチ陣との会議、選手からの推薦を踏まえて決定など)
・意思決定尊重型:8人(選手による話し合い、提案、投票など)

指導方針が反映されることが多い。
監督が指名するチームは強豪校に多く、
選手は野球の力量(上手いヤツ)で選びがちだが、監督は主将にチームのまとめ役を求める。
一方、投票で選ぶチームは、主将選びに絶対の正解はないから「選手が納得できる」ことを最善とする。

※西浦の場合
部員全員一致&暗黙の了解&監督も一押しで、有無を言わせず花井一択(笑)。


●主将の共通項(資質)
機転、気配りが利く、体も心もタフ、人間性、学業の成績
↑これなんて花井梓?(笑)

●主将の理想像
具体的な理想として挙げられたのは、宮本選手(ヤクルト)が最多。
地味なタイプの主将でも、「高校生は人間的に未熟な集団。
主将の果たす役割は大きく、主将がしっかりと監督の考えを理解しているチームは強い」

天才肌で少々マイペースな主将でも、「主将という立場が選手としての成長につながる場合もある」
責任感が増し、チームを引っ張る存在になることも。

●主将の仕事
「主将の仕事は試合前のじゃんけん」と語る監督もいる。
ちょwwwwwwwwww
花井くん、じゃんけん最弱ですが(爆)。


主将の役割は試合だけでなく、日頃の練習や学校生活、寮生活に至るまで広範囲にわたる。
また実際には、野球の実力がないと主将を務めるのはきつい。

●甲子園出場校で最も多い主将の背番号
(1970年春~2011年春の、春夏合わせた83大会で。同数の重複含む)
1)「2」=キャッチャー(53大会)
2)「6」=ショート(25大会)
3)「4」=セカンド(10大会)

ピッチャー、ファースト、レフト、ライトが主将の背番号で最多になったことはない。
センターラインのポジションが主将になりやすい。
主将はゲームキャプテンを意味し、
主将にふさわしい守備位置は「要のポジションで、チームをまとめやすい」ので捕手
捕手に必要な資質が、主将に必要な資質と似ている。
「女房役という言葉があるように投手の気持ちを察してリードしたり、
打者の心理を読んだりと周囲の人間を観察する能力にたけている。自然とそうなるのでは……」

但し、「野球のプレーだけを見れば捕手が一番いいが、
チーム内で最も影響力のある人物を選ぶことの方が大事」


※西浦の場合
背番号2の阿w部wさんwwww
まぁ確かに阿部くんは「要のポジション」で「打者の心理を読んだり」する能力には長けているし、
試合では戦略を立ててチームをまとめていることは間違いないけれど、
主将の資質「機転」「気配りが利く」「人間性」の面で一抹の不安が……?(苦笑)



それと、今から9ヶ月前(2010年)、第92回の夏の甲子園を前に、
朝日新聞の広島地方版に、「キャプテン!」という計5回の短期連載が掲載されていました。
(ちなみにこの記事を書いた記者は、早大野球部出身で佑ちゃんの2こ上の先輩w)
「今どきの“キャプテン”像に迫る」という趣旨で、広島県の高校野球部主将が紹介されていたんですが、
毎回、ラストに「マンガの中のキャプテンは…」という追記が数行あり、
その第4回に、我らが花井梓もフィーチャーされていましたYO!

【キャプテン!】4)市立呉 今井惇平君(朝日新聞広島版2010年7月6日付)
「おおきく振りかぶって」花井梓主将
埼玉県立西浦高校野球部の部員は1年生だけ。
中学時代に暗い過去がある引っ込み思案のエース・三橋を軸に、西浦ナインは快進撃を見せる。
主将は、面倒見のよさから抜擢された花井梓。
ずば抜けた野球センスを持つチームメートの田島にライバル意識を抱きながらも、
そのすごさに圧倒され、揺れ動く。
それでも主将としてチームを引っ張るため、田島に無い自分らしさを求めて努力し続けるガッツマンだ。


「面倒見の良さから抜擢」「努力し続けるガッツマン」。
おお~! 素敵に紹介されてますねvv


とゆーことで、じゃんけん最弱(くじ引きも最弱w)という致命的欠点を除けば、
花井梓くんは、主将になるべくしてなったんだなぁ、ということを再確認しました(笑)。
関連記事

コメント

キャプテンあずさ

タイトルで韻を踏んでいたんですね!
漢字だったので、ちょっと気づきませんでした。

件の記事を1~5まで読みましたが、リアル球児たちは
大変ですねぇ(@_@)

梓は、キャプテンじゃなくても、チームのために尽くしそうですけど
隆也は試合を離れたら、全体的な視点でチームを見たりしてませんよね~。

キャッチャー視点も試合中のみで、試合中も往々にして
次の試合を有利に運ぶために、とか、
ピッチャーに自信を付けさせりために、とかで
チーム全体を見ているとは言い難い時もあるし・・・。

主将の資質
「機転」~きく!確かに。でも。
「気配りが利く」~あまり気配ってないような・・・
気は回ってるけど、ちょっと、自己中?
「人間性」~友達いないし(T-T)。
しかもパパから言われるまで気づかない・・・。いとあわれ…。
いぇ、阿部っち大好きですよ!ほんとに!!

カクナル上は、梓のじゃんけん特訓をみんなでしましょう!
うん、そうしましょう!!

じゃんけんサークルだか、研究会?があるらしく
緊張すると、かなりの高確率でグーになるとか。
パーを出すだけで、負ける確率が減るとか
相手が次に何を出すかの読み合いがどうとかいうのを
AKBのじゃんけんナントカの時に見ました。

梓をじゃんけん虎の穴に放り込みましょう!!!

2011/04/28 (Thu) 20:53 | pem | 編集 | 返信

pem様、ようこそ!

>タイトルで韻を踏んでいたんですね!
そうなのですw 「キャプテンつばさ」ならぬ「キャプテンあずさ」です^^。

阿部くんもリーダーの資質はあるとは思うんですが、
扱いづらい投手(三橋くんw)の面倒を(過保護なぐらいにw)みているし、
試合以外でもチーム全体に気を配れ、というのは酷かもしれないですねぇw
とゆーか、花井くんが適役すぎて、ぐうの音も出ません!(笑)

>「人間性」~友達いないし(T-T)。
はうあッ!!
シーッ! そ、それは言わない約束ということで…(笑)
でも、最新号のおお振りを見ていると、
三橋くんといい「友達関係」になりつつありますよね♪

>梓のじゃんけん特訓
私もじゃんけんとクジの弱さには定評があるので、
梓と一緒に特訓したいぐらいです><(笑)

楽しいコメントをありがとうございました!
また遊びにお越しくださいねvv

2011/04/30 (Sat) 15:02 | 杏月 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。