2011_04
08
(Fri)23:59

震災義援金の第1次配分決定

昨夜、東北地方でまた大きな余震がありましたね……。
震源地は宮城県沖で、マグニチュード7.1。
仙台市では、震度6強だったそうで。

……私、何も知らずに 爆 睡 していました……(@_@;)

危機管理能力が足りなすぎとゆーか、鈍感にも程があるとゆーか、生存本能に難ありとゆーか。
おっかしいなぁ?
今までは、睡眠中でも震度2ぐらいの揺れで必ず目が覚めていたのに。
ちょっと自分に不安が募ります^^;。

つい先日「自然に向かって不平不満を訴えても仕方がない」と書いたばかりですが、
それでも言わずにおれません。
もう地震は勘弁してくれ。
大災害に遭って、いろんなものをなくして、心も体も疲労困憊していて、
それでも前向きに歩き出そうとしている被災地の人達を、これ以上苦しめないで。


ところで今日、国の「義援金配分割合決定委員会」が開かれ、
日本赤十字社と中央共同募金会に集まった義援金の、第1次配分が決定しました。
死亡・行方不明で35万円=原発事故避難者も対象-震災義援金の1次配分(時事通信4月8日付)

対象地域:15都道県
対象者
・死亡・行方不明者:1人につき35万円(2親等以内の遺族や家族に)
・原発事故による避難指示・屋内退避指示:1世帯当たり35万円
・住宅被害 全壊・全焼:1戸当たり35万円
・住宅被害 半壊・半焼:1戸当たり18万円
原発事故は人災だが家に住めない状況は全壊と同じとする。
阪神大震災の時を参考に、外国人や旅行者も対象に加え、余震による被災者にも配分する。

「当面の生活支援のため一刻も早く義援金を配るべき」と、
被災状況の調査に時間を要しない人達に絞って、
被害の全容判明を待たずに配分するそうです。

義援金配布までの今後の流れは、下記のとおりです。
被災した15都道県に義援金が配分される。

各都道府県が「義援金配分委員会」を開く。
今回決まった目安を参考に、配分対象と金額を正式に決める。

市区町村を通じて、早ければ4月中にも被災者や遺族に義援金が渡る見通し。

でも、震災で行政機能がストップした地域では、
配布まで時間がかかったり混乱する可能性も……。
日本赤十字社の社長もインタビューにこう答えています。
「寄付した人は、食べる物がなく、何もかも失った人たちに早く配ってほしい
という気持ちが当然あると思う。
ただ、行方不明者が多くおり、行政も機能しておらず、
被災者はいろいろな避難所にばらばらに避難している。
こうした状況で公平に配るというのは技術的に非常に難しい」

インタビュー:義援金の公平な配分は大きなチャレンジ=日本赤十字社(ロイター4月8日付)

阪神淡路大震災では、義援金の第1次配分は震災の2週間後に支給が開始されましたが、
今回は被害地域も広大だし、被災者数も甚大ですものね……。


日本赤十字社と中央共同募金会に寄せられた義援金は、4月6日時点で1283億8000万円
過去にないペースで善意が集まっています。
でも、これではまだ足りないそうです。

義援金の配分額は、寄せられた金額と被災者の規模によって変わる
>阪神大震災では約1793億円の義援金が集まったが、被災世帯が多かったため、
>1世帯当たりの平均は約40万円の配分にとどまった。
>これに対し、16年の新潟県中越地震は約216万円
>2年の雲仙・普賢岳(長崎)の噴火災害では約3219万円が渡されている。

過去最高の義援金どう配分? 「早く届けたいが、公平性も…」(MSN産経ニュース3月27日付)

結構、金額に差があるものなんですね。
被災者が多いと、多額の義援金が集まっても、1世帯当たりの配分額が少なくなっちゃうのかー。

今回の東日本大震災は、現時点で死者・行方不明者は約2万8000人、避難生活をしている人は約16万3000人。
警察庁などが現時点で把握する状況を基にすると、配分総額は500億円、
しかし、航空写真などから推測される住宅被害を考慮すると、最大で2100億円程度に上る、
と厚生労働省は試算しているそうです。
……う~ん……単純計算して、2100億-1284億で、まだ800億円以上足りないのか。
そもそもあんだけ酷い被害に遭って、1次配分の35万円だけじゃ少なすぎる……。
義援金総額が足りないと、最終的に配分が不公平になってしまう可能性もあるそうで。

今後しばらくは毎月一定額の義援金を募金しよう、と地震後から思っていましたが、
決意も新たに頑張ります!
(そしてこの義援金が栄村大震災の被災者にも届くことを祈って…)
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

4/13に拍手からコメントを下さったH様

コメントをありがとうございますvv

>栄村大震災
長野県栄村の地震も震度6強でしたからね…。
リンク先のアンサイクロペディアを見て、
自分達で救助したりとか、密かに頑張っている地元の方々に目頭が熱く…。

>赤十字では30%を本部運営費で控除され70%しか支援に回らないと聞かされて
え? それは事実ですか?
赤十字社の公式発表を信じるならば、
赤十字社の事業そのもの(=被災地医療とか救援物資とか)を支援する「社費(寄付金)」と、
「●●義援金」とは別の口座になっていて、
義援金として集めた金は全額、被災者に分配され、
1円単位まで報告書が出されるはずですが…。

>赤十字は天下り団体と聞くし
確かに、こちら↓の批判的な意見などを見ると
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1157648186
赤十字社の普段の活動資金の集め方には疑問も感じますねぇ。

最も多額の義援金が集まるので、まとまった金額を被災者に渡すことができますし、
一応、「義援金と社費は別」という言葉を信じているんですが
……性善説すぎますかね、私^^;

私の場合、被災地支援のお金は、複数の団体に分けて募金しています。
日本赤十字社への義援金は実際に被災地に届くのが半年ぐらい先になりそうなので、
即効性を期待して、私なりに信用している団体への「支援金」を別途振り込みしたり。
次は、サンドの「東北魂」口座に募金しようかなvv

少なくとも、せっかくのお金が詐欺などで搾取されないように、
募金する団体の素性と、集めたお金の使い方は、よく注意して見ないといけないですねー。
いろいろ考えさせられました。どうもありがとうございますvv

2011/04/15 (Fri) 19:50 | 杏月 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック