2011_02
11
(Fri)15:47

おお振りを映画化したら?

おお振りアニメ2期DVDのアニメイト全巻購入特典DJCDの中で、
泉役の福山潤さんがこう仰っていました。
「桐青戦、美丞戦、崎玉戦など試合を重点的にやって、劇場で見たい
おっきなスクリーンでリアルな試合を。
応援や掛け声、ガヤにもかなり拘りをもって作っているから、
5.1以上のドルビーサラウンドで、ものすごいイイ臨場感で見たい。
試合を毎週ドキドキテレビで見るのもいいけれど、1試合2時間フルで見るのも面白いんじゃないかな。
このおお振りはそれに耐えうるコンテンツだと思う。
この意見に他9名の西浦キャストの皆さんも大賛成!
「いいこと言った!」「劇場に鳴り物とか持って来てもらって」←www

いいですねぇ~! 劇場版「おおきく振りかぶって」!!
私もぜひぜひ見てみたいっ!
せっかく作画も良いし、キャストも良いし、音も良いし、
それこそ「映画化に耐えうるコンテンツ」だと私も思うんですが。
映画館の巨大スクリーンで、アニメ2期12話の巣山くんの走塁を見れた日にゃあ、
背筋を震えが走りまくりの大興奮になること間違いなし!
私も喜んで鳴り物(楽天イーグルスのツインバット・笑)持参して、
映画見ながらポンポン打ち鳴らして応援しつつ観戦しますわww(←他のお客様のご迷惑です)

アニメ2期が終わって、それ以降の原作単行本が今のところまだ1冊も出ていなくて(3月発売予定)、
約5冊分の本誌掲載分を単行本にしたとしても、西浦の出番はあまりないのでアニメ化は難しそう(?)だし、
さらに原作漫画が約1年間休載で……。
もしもアニメ3期の話が持ち上がるとしても、まだまだ遠い先になりそうな状況。
ならば、アニメ1期&2期をリニューアルして劇場版にすればいいじゃない☆!
(パンがなければケーキを食べればいいじゃない☆的なアントワネット理論で)

アニプレックスさん、本気で考えてくれないかなぁ~?
おお振りの劇場版、集客面や収益面を考えるとGOサイン出すのは難しいのかな……?

そんじゃあ、せめて自分の脳内映画館でだけでも妄想上映することにしますYO。
下記のお遊びメーカーを使って、おお振り劇場版を捏造してみまっす!

ドラえもん映画メーカー
ジブリメーカー

……な、なんとなく一抹の不安が^^;。
どの方向性を目指しているんだ……?(遠い目)






おおきく振りかぶってのドラえもん映画タイトル
2011-02-11doraemon_ofuri.gif

透明薬であんなコトこんなコトいっぱいある~けどぉ~♪
コラコラコラコラコラwww
未成年が透明薬使って、いったいナニしよーとしてるんだ。(そりゃあナニでしょう)←
けしからん、実にけしからん!(*´д`*)
野球をしたまえ、野球を!





おおきく振りかぶってのジブリ映画
2011-02-11jiburi_ofuri.jpg
この映画を見た人の感想
・ロマンチックな恋物語でした
・ぬいぐるみが欲しいです
・西部劇ですか?



(´;ω;`)ブワッ
……こ、これ、全滅エンディングのフラグ立ってませんか?(滝汗)
阿部くんだけでなく、次々と西浦ナインが怪我……いやあああああああ(T◇T)

実は私、未だに「火垂るの墓」を全編通して見られないんです……。
テレビ放映の際に、今度こそ全部見てみよう、とテレビの前に座るんですが、
途中で哀しすぎて哀しすぎて、最後まで見られなくなってしまい……。
てゆーか、冒頭でもう涙ボロボロですわw

こんなにも悲惨そうな映画なのに、「ロマンチックな恋物語」「西部劇」って……(唖然)。
まぁ、前売り特典で三橋くんのぬいぐるみが付いてくるんなら私も欲しいけれどv

安西先生…じゃなくてアニプレックスさん、
ふつーに野球やってるおお振り劇場版が見たいです……!
関連記事

コメント

いいですね。映画化!桐青、崎玉、美丞戦かあ。
テレビ版でも1本観るのに心臓が壊れそうなほど動悸がするのに、2時間も観てたら死んでしまうかもしれません。

それでもやっぱり大きな画面で西浦ーぜの皆を観たいなあと思ってしまいます。

『火垂るの墓』私もトラウマです。母と一緒にテレビで見たんですが。。
戦争にはこういうかたちで亡くなる方々も多かったんだろうなということを改めて考えさせられた作品です。戦争を知らない世代が増えてきた今こそ学校などで一度は観て欲しいと思います。

2011/02/11 (Fri) 16:11 | うりお | 編集 | 返信

うりおさん、いらっしゃいませ~♪

おお振り映画化!
是非やってほしいですよねぇ…!
大画面での西浦ーぜの躍動を見たい!!
桐青戦でも、崎玉戦でも、美丞戦でもいいので。
…でも桐青戦はアニメ1期総集編DVDが出ているから、被っちゃうかな…?

>『火垂るの墓』私もトラウマです。
そうなんですよね~…。
戦争映画、特に戦争アニメは、次世代に(あるいは外国に)
戦争の悲惨さを伝える上でとても効果的な表現方法だと思いますし、
これからもこういうアニメは作り続けてもらいたいし、
学校などでも見る機会があれば、と思います。
私もこの手の戦争アニメは、小学生の頃から結構見てきたほうだと思います。

……が、哀しすぎて最後まで見れないんですぅ~「火垂るの墓」だけは(ToT)
このブログの昔の記事で、「対馬丸」という映画の感想を書いたこともありましたが、
http://aduki1.blog54.fc2.com/blog-entry-8.html
自分で書いた感想文を今読み返しても、映画を思い出して涙目になってしまうという…^^;
年のせいで幼い頃よりも涙腺が弱くなったんでしょーか?(苦笑)

いつもコメントをありがとうございます。感謝しております!
またお気軽に遊びにお越しくださいませvv

2011/02/12 (Sat) 14:59 | 杏月 | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック