*All archives* |  *Admin*

2024/02
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29  >>
はやぶさのおつかい成功
小惑星探査機「はやぶさ」が持ち帰ったカプセルの中に、
小惑星「イトカワ」の微粒子を確認した、
と16日に宇宙航空研究開発機構(JAXA)が発表しました。

イトカワの微粒子、写真公開 はやぶさが回収に成功(ITmedia News11月16日付)※微粒子の写真付き
「はやぶさ」、世界初の小惑星サンプルリターンを達成-JAXA(IBTimes11月18日付)
川口教授「本当に信じられない」 はやぶさの“おつかい”成功に「感激」(ITmedia News11月16日付)

はやぶさたんが「初めてのおつかい」を無事にやり遂げましたよ!。・゚・(ノ∀`)・゚・。

小惑星探査機「はやぶさ」については、過去ブログ↓で熱~く語っておりますのでご参照ください。
はやぶさの星(2010年6月14日の日記)
はやぶさ@プラネタリウム(2010年10月3日の日記)


はやぶさが成し遂げた功績は、小惑星着陸・離陸、試料採取、地球への帰還、サンプル回収と、
どれもこれもが「人類初」の「神憑り的」な偉業でした。
「はやぶさがイトカワに着陸して地球に帰還する、というのは、
確率的には、日本から投げたブーメランを地球の真裏の昆虫に当てるほどの精度」
とどこかで目にした覚えがあります。(正確なソースは忘れてしまいましたがorz)
今回の微粒子発見で、さらにまた一つ「人類初」の、しかも最も重要な快挙が増えました!


「はやぶさ」のカプセルの内壁に付着していた微粒子のうち、
10マイクロメートル(=100分の1ミリ以下)の粒子が約1500個発見され、
それらを電子顕微鏡で観察した結果、カンラン石や輝石などであると判明。
これらの石は、地球にも存在します。しかし、
・鉄の含有量が比較的多く、マグネシウムの比率も地球のものと大きく異なる。隕石に似た傾向の組成。
・この組成は、「はやぶさ」が上空観測で推定したイトカワ表層の物質組成データとも一致する。
・約1500個のどの粒子にも上記の特徴が見られた。
以上から、はやぶさチーム以外の専門家をまじえて検討を重ねた結果、JAXAは
「微粒子のほぼすべてが地球外物質で、イトカワに由来する」と判断したそうです。

地球以外の天体から物質を採取して持ち帰った成功例といえば、
1960~1970年代の米アポロ計画の「月の石」、
NASAの探査機「スターダスト」が、エアロゲルを使った彗星からのサンプル回収、などがあります。
しかし、人類が月より遠い天体から、地表物質の回収に成功したのは、はやぶさが初めて!
(地球から月までの距離:約38万kmに対し、イトカワまでは約3億kmと桁違いに遠い)
しかも、重力がほとんどない小惑星なので、着陸・離陸が非常に困難。
そのうえ、エアロゲルなどを使わない、コンタミ(汚染)のない状態の回収。

なぜ、「イトカワの石」がそんなにスゴイのか?
それは、46億年前に太陽系がどうやって誕生したのか? 当時はどんな状態だったのか?
小惑星や地球などの惑星はどうやってできたのか? を探る手掛かりとなるからです。
地球上にある岩石は、地球ができあがる過程や地殻変動で溶けて変質し、組成も変わってしまいましたが、
火山活動も空気もないイトカワの岩石は、46億年前に太陽系が誕生した当時のままと考えられます。
46億年前を知るための、手つかずの試料を人類は入手した、ということです。

今後JAXAは必要な技術や装置を整えて、(攻殻でお馴染みのw)SPring-8や、
国内外の研究機関に提供して、この微粒子を分析し、
「太陽系の起源と進化の解明」を目指していくそうです。

「はやぶさ」プロジェクトを率いた川口淳一郎教授の会見から一部抜粋。
「1粒でいいからあってほしい、あるはずだ、あると信じているからこそ、
帰りのプロジェクトをみんなで支えられた」
「私は1粒でいいと思っていたが、1500粒もあると聞いた。
そんなにたくさんいらないのに、と正直そう思った(笑)」

はやぶさに今、どんな言葉をかけてあげたいか、という質問に対して、
「はやぶさが打ち上がってから、いろんなしつけをつけて、育て上げ、取り組んでもらった」
「はやぶさ自身も、今回の成果はたいへんに喜んでいることだろう」


あれ、なんか目から汁が……。
嗚呼、この未曾有の快挙が嬉しくて、誇らしいなぁ。

【主張】イトカワ微粒子 世界へ「はやぶさ」効果を(MSN産経ニュース11月18日付)
>その健気(けなげ)さは、感動を呼んだ。
>科学や宇宙に関心を持っていなかった人をも、世代を超えて感激させた。
>普通なら専門家しか味わえない「発見の興奮」を子供たちまでが共有した。


まさにおっしゃる通り。
五輪やワールドカップや国際競技大会でも、同種の感動を味わえますが、
さらに深遠な宇宙を旅して、謎を探るというロマンも味わうことができました。

ところで、今年の優れたチームを表彰する「チームワーク・オブ・ザ・イヤー2010」の最優秀賞に、
小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトチーム(JAXA)が選ばれたそうです。
はやぶさ:今年最高のチームワーク最優秀賞に 「龍馬伝」は逃す(毎日jp.11月17日付)
はやぶさの他に受賞候補に挙がっていたのは、
・大河ドラマ「龍馬伝」(NHK)の制作チーム
・ビール風味の発泡飲料「キリンフリー」の商品開発チーム(キリンビール)
・LED電球商品開発チーム(東芝ライテック)
公式サイトから一般投票で決定され、全体で約4800件の投票の結果、
「はやぶさ」プロジェクトチームのチームワークが最優秀賞に。

閉塞感漂うこの世の中で、日本もまだ捨てたもんじゃないなぁ、と希望を抱き、
チームワークと忍耐の重要性を感じました。
関わったスタッフの皆様、お疲れ様でした。そして、どうもありがとうございました!
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

星雲賞自由部門二回受賞の「はやぶさ」…
このプロジェクトは、やはりすごかった、の一言ですね。あっぱれとしか言いようがありません。
それぞれの持場で技術者たちがベストを尽くしきった結果が、あの最大限の成果に結びついたのだとしか思えません。
偶然には、できることではなかったと、思いますね。
仕事柄(就職以来、某損保システム部門にずっといますので)、「はやぶさ」プロジェクトメンバーの成し遂げた、途方もない困難さは、少しは想像がつきます。通信途絶した探査機を復旧させたこと自体、今まで聞いたことがありませんから。
正に沙漠に落ちた一本の針を探すような、気の遠くなるような作業を経て通信を復活させなければ、その後の地球への帰還はありえなかったですからね。
実は、他のところにも書きましたが、「はやぶさ」搭載のイオンエンジンは、私が子どもの頃は、夢の推進期間でした。それが実用化され、なおかつ耐用時間を大幅に超えて満身創痍になりながらも部品一つで息がつながったことにも驚嘆しました。
SFファンもこの快挙に大喝采をおくったのでしょう、イトカワ到着時と地球帰還時の二回、件名の賞を出しましたので……今さら言うまでもなく、私たちは未来に生きているんだぁと、思います。
旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
01 ≪│2024/02│≫ 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪