--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_11
08
(Mon)23:59

3位からの日本一

昨夜行われたNPB日本シリーズ第7戦、
パ・リーグ3位の千葉ロッテマリーンズが、セ・リーグ1位の中日ドラゴンズを8-7で破り、
日本一となりました!

リーグ3位から勝ち上がっての優勝は、史上初の快挙!
すごい粘りの下剋上ですね……!
千葉ロッテマリーンズの選手・ファンの皆さん、おめでとうございますvv

千葉ロッテは、9月末からシーズン最終戦まで3連勝で勢いに乗り、
パ・リーグクライマックス・シリーズ1stステージは2連勝で西武を撃破、
2stステージはソフトバンクに1勝3敗で王手をかけられたものの、そこから3連勝!
ポストシーズン(クライマックス・シリーズと日本シリーズ)で15試合を戦いましたが、
そのうち、ホームの千葉マリンスタジアムで試合をしたのは、
わずか3試合のみ。
ほとんどの試合を、相手チームファンの大声援に囲まれた「アウェイ」な雰囲気の中で戦いながら、
粘りに粘っての快進撃ですよ!
でも「アウェイ」とも言い切れないかな。
なにしろ、「マリーンズサポーター」の応援は12球団一、とも言われることがあるぐらいで、
ビジター球場でも、統率のとれた熱心な応援をしていますものね。
昨季の終わり頃は、マリーンズサポーターも苦難の時を過ごしたかもしれませんが、
今年の日本一は、選手・監督と、そしてファンが掴んだ勝利ですね!
ほんとうにおめでとうございます!


フジテレビの試合生中継放送時間は、2日連続で5時間超え!
6日の第6戦は、なんと延長15回まで戦っても決着がつかず引き分けで、
5時間43分の日本シリーズ史上最長試合。放送終了時刻は0時2分!
その後のフジテレビの番組も全部繰り下げされて、
夜中の3時過ぎに「すぽると」を生放送していたそうですよ^^;。
昨夜7日の第7戦も、延長12回、4時間56分の死闘で、放送終了は23時12分。

フジテレビさん、全部放送してくれて、エライなぁ~!
と野球好きとして感激していたんですが、
なんでもNPBとの取り決めで、日本シリーズの放送権を買ったテレビ局は、
試合終了後の監督インタビューまで放送しなければならない、んだそうです。
第6戦は、誰も予想しなかった長~い試合だったため、
フジテレビは23時頃までしかCM枠を販売しておらず、
23時頃から約1時間はCMが入らなかった、という民放らしからぬ極めて珍しい放送だったらしいです。

今年の日本シリーズは、第1戦、第2戦、第5戦が地上波全国中継されない、という異例の事態で、
野球は視聴率が取れなくなっているとはいえ淋しいなぁ、と思っていました。
第3戦、第4戦は、関東関西とも視聴率1桁台で、
「日シリが早慶戦に惨敗」なんて書いているスポーツ新聞もありましたorz
でも、激闘の第6戦は、両地区とも18.9%、
昨夜の第7戦は、関東が20.6%、関西が22.0%だったそうで、
瞬間視聴率は34.1%、名古屋ではなんと48.1%だったとか……! す、スゴイ><!
こんなに長い試合だったのに、それでも多くの人がテレビに釘付けになった、ということ。
やっぱり「本気で一生懸命戦っている姿」は、大勢の気持ちを惹きつけるんだなぁ、と思いました。

こんなにも手に汗握る連夜の好ゲーム。
なのに私は、第6戦は11時半からの約30分間のみ、第7戦に至っては全く見れず……orz
これって負け組^^;?orz
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

無念

ロッテの勝利に水を差すつもりは無いのですが…
力が足りなかったと言えばそれまでですがどうしても短期決戦に勝てない、シリーズに出られないソフトバンクの選手たちが哀れです。

クライマックス方式で数年経ちましたが1位のアドバンテージが少な過ぎ。長いペナントレースを戦って勝ち得た1位は球団に金が入るだけで、選手の気持ちはどこへやら…

もしペナントレースで1位2位が突っ走ると3位チームが勝率4割、なのに日本シリーズ勝利~

なんてことも起こるかも?

2010/11/09 (Tue) 22:22 | 風助 #- | URL | 編集 | 返信

風助様、いらっしゃいませvv

>ソフトバンク
ホントにそうですね……。
144試合もの長いペナントレースを戦って、ようやく掴んだ優勝なのに、
日本シリーズを目前に逃していて、悔しいでしょうね……。
「一緒や! 優勝しても」って思いでしょうね。

Aクラス(リーグ上位3位)に入れれば、CSに勝ち進めて、
もしかしたら日本一への挑戦権が得られるかも!?
というシステムは、
楽天イーグルスのようなBクラス常連チーム(とそのファンの私)にとっては、
最終戦ギリギリまで希望が繋げて、モチベーションが保てて、
面白いゲームが見られるというメリットもありますが。

ただ、ペナントレースが終わった後に、
また同じメンツ(同リーグの上位3チーム)でトーナメント戦をする
って現状は、確かに首を捻りたくなる不思議な状況かもしれませんね。
CSでは別リーグの同位チーム(セの3位vsパの3位)で対戦するとか、
なにか違った意義がCSにあれば、納得いくのかなぁ? という気もするのですが。

私なんかのような素人があれこれ言うまでもなく、
NPBでも最善策を模索しているんでしょうけれどねv

>3位チームが勝率4割、なのに日本シリーズ勝利~
ないとは言えないですよねぇ~^^;
なにしろ今年のパ・リーグは、交流戦でセから勝ち星を稼いだお蔭か、
5位までがほぼ借金なし(=楽天だけが一人負けorz)だったので。

いつも奥深いコメントをありがとうございます。
またのお越しをお待ちしておりますvv

2010/11/11 (Thu) 20:22 | 杏月 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。