2010_05
16
(Sun)23:59

マー君、甲子園初勝利

今日、マー君は7回93球を投げ3失点で、甲子園で初めて勝利投手となりました!
わ~vv よかったねぇ♪

「……ん? マー君が甲子園で初勝利? でも『初』じゃないでしょ?
高校の時に甲子園で勝ったことあるんじゃなかったっけ?」
と思いのアナタ!

その通り、正解です!
「マー君が甲子園初勝利」とは、プロ入り後の甲子園では初、という意味です^^。
なにしろマー君は、高校まで甲子園無敗投手の伝説を持っていましたから!

「……んん? でも『無敗』じゃないよね?
だって、甲子園決勝延長再試合でハンカチ王子こと斎藤佑樹投手と投げ合って、
負けて準優勝だったでしょ?」
と思いのアナタ!

いいえ、違うんですよ^^。


マー君が高校3年生の時、チームは甲子園の決勝戦で敗れましたが、
マー君はリリーフ登板で、交代した時点で既に点を取られて追いかける展開でした。
つまり、駒苫の先発した投手に負けが記録されています。
ちなみに、高校2年生の夏は、甲子園で一度も負けていない=優勝。
高2の春のセンバツでも、登板して白星を挙げたことがあります。
高校1年の時は、チームは同じく無敗で優勝。但しマー君はスタンド応援、でしたw
とゆーわけで、高校時代は甲子園で通算12試合登板し、8勝0敗。
プロ1年目の春までは、「マー君、甲子園不敗神話」と言われていたのです。

しかし、プロ入り後の2007年6月20日
約1年ぶりに立った甲子園のマウンドで、マー君は3失点を喫して負け投手となりました。
あれからさらに3年ぶりの今日、プロで2度目の甲子園は、
7回93球で最速151km/h、10三振を奪う快投で、5~7回はパーフェクトピッチング♪

でも、マー君も快投してたけれど、8回に2番手で登板した左腕の片山投手(マー君の1つ年上)が
すっごいナイスピッチングでした……!
クロスファイアが冴えまくって、阪神の上位打線を相手に圧巻の3者連続三振!
ズバッとストライクが決まる度に、打席で呆然としているバッターの顔を見て、私もシビレた~vv
地元兵庫(※報徳学園出身)で素晴らしい投球を披露できて、良かったなぁ♪
今季は今日までに打者71人に投げて、15奪三振の防御率1.04vv
頼れる左のセットアッパーだわ~vv
私としては、先発の片山投手も見たいけれど……^^。

一方、マー君は打ってはタイムリーヒットで1点挙げたし、さぞやご満悦でしょうw

6回にタイムリーヒットを打ち、嬉しくって一塁で手を打って喜ぶマー君、の写真(サンスポ5月16日付)
こちらはガッツポーズでにっこにこの写真(サンスポ5月17日付)
パ・リーグはDH制(指名打者制)なので、パの投手は打席に立ちません。
が、交流戦(5月中旬~6月中旬)でセ・リーグのホーム球場で戦う時だけ、
パの投手もバットを握ります。
マー君のプロ3年間(昨年まで)の打撃成績は、14打数1安打1打点、打率.071。
今日打ったヒットがプロ2本目!
しかも初のタイムリーヒット♪(初打点は内野ゴロだった)
今年は「キューバ打法」を自主練して「絶対1本打ちたいんです」と張り切っていたので、
喜びもひとしおだったでしょうね^^。

マー君10奪K!甲子園でプロ初勝ったぁ~(サンスポ5月17日付)
>投打にわたる活躍で、恩師に白星を届けることができた。
>前監督の野村克也名誉監督(74)が体調不良のため休養中。
>田中も病状を報じる新聞各紙を熟読しており、
>「細かいところはよく分からないけど、前監督のためにという気持ちはありました」とうなずいた。

エエ子や……つД`)・゚・。・゚゚・*:.。

3回に3ランホームランを打った草野選手がベンチに帰ってきて、マーくんの頭をナデナデ、の写真(サンスポ5月16日付)
楽天イーグルスの「天才バッター」草野大輔選手は、
身長・バッティング・守備ポジション・明るい性格が「おお振り」の田島くんに似てる、
私が勝手に思っている選手の一人(他に、内村選手もw)です。
今年33歳のパパだけど、やんちゃでムードメーカーで後輩の面倒見が良くて、マー君とも仲良し。
手伸ばしてムリヤリ頭ナデナデしてる図、カワエエなww
マー君188cm、草野さん170cmで、その差18cmなんです^^。

……ハッ!! 
とゆーことは、身長差17cmのあの二人、つまり田島くんが花井くんに頭ナデナデやったら、
こんな感じに……(悶々)。←なんでも萌えに変換。
関連記事
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック