*All archives* |  *Admin*

2024/03
<<  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  >>
哀惜
読売ジャイアンツの木村拓也内野守備走塁コーチ(37歳)が、
試合前のシートノック中に突然倒れ、意識不明の重体となったのは4月2日。
5日後の今日、意識が戻らぬまま、くも膜下出血で帰らぬ人となってしまいました。

とてもとても残念です。
奇跡が起きて欲しかった。


私は、木村拓也氏のことはよく存じ上げません。
4年前までは大の野球嫌いでしたし、
今でもパ・リーグはよく見るけれどセ・リーグはまったく見ないので、
広島で11年、巨人で4年活躍された木村選手の雄姿をほとんど見たことがないからです。
セ・リーグに疎いこんな私でも、
「球界のキムタク」「あらゆるポジションの守備をこなすユーティリティプレーヤー」として、
キムタクさんの名前は知っています。
それほどに優秀なスーパーサブでした。
そして、私の大好きなタイプの選手でした。

昨年2009年9月4日の試合は凄かったなぁ。
巨人-ヤクルト戦、延長12回表。
なんと巨人のベンチ入り捕手3名が全員使えなくなり(2名は交代、1名は負傷退場)、
キムタクさんが10年ぶりにキャッチャーマスクを被ったんです……!
想像してみてください。
プロの試合で、普段は内野や外野を守っている選手が、
10年ぶりに「昔取った杵柄」でキャッチャーをやるんですよ!?
吃驚仰天です! 観客もチームメイトも、そしてご本人も。
そのうえ、自ら配球を考えてリードし、150km/hのストレートもミスなくがっちりと捕球して、
見事に無失点で切り抜けたんですから……!
私はこの試合はこの目で見ていませんが、某掲示板ではリアルタイムでものすごい祭りになって(笑)、
そこに書かれる文字を追っていました。
試合中継を見ている視聴者に「キムタクのサイン、読めたwwwww」とサインを解読されたりしてたけど(苦笑)、
それもそのはず。
急遽決めたサインは「ストレートは指1本」とか球種のみ。コースはサイン作るの忘れた、だそうですから。
試合中にいきなり捕手が負傷退場したのを見て、慌てて二番手捕手からミットを借り、
ブルペン捕手からレガースやプロテクターを借りた、文字通りの”急造捕手”。
それでもビシッと無失点で抑える辺り、まさに伝説だ……!

キムタクさんは、宮崎県下屈指の進学校出身で、甲子園出場経験もあり、
高校通算35本塁打の記録を持つ強肩のキャッチャーでした。
しかし、ドラフトでプロ球団から声がかからず、「ドラフト外」で日ハムに入団。
その2ヶ月後には支配下登録の枠からも漏れ、「任意退団選手」という扱いに。
つまり、やりたかったら球団の二軍で練習続けててもいいけど、試合には一切出れないよ、という身分。
これまで野球エリートとして華々しい成績を残し、才能への自負もあったであろう18歳の少年が、
自信とプライドを粉々に打ち砕かれた非情な現実の壁……。
それでも、そこで腐ったり諦めたりせずに、
「どうやったら試合で使ってもらえるか?」「どうやったら代えられないか?」を考えて、
新たに外野や内野の練習を積み、スイッチヒッターの鍛錬を重ねて、
投手以外全てのポジションを守れるユーティリティプレーヤーに。
いつでもどこでも守れるように、一塁手ミット、二塁・遊撃手グラブ×2つ、三塁手グラブ、外野手グラブの
計5つを常備していたそうです。
身長は173cmと野球選手としては小柄だし、突出した成績も残してはいないけれど、
バントは上手いし、足は速いし、守りは堅実だし、スイッチヒッターだし、代打の成功率も高い。
なにより明るくて誰からも好かれ慕われるお人柄だったとか。

昨シーズン限りで18年間活躍したプロ野球を引退し、この春から巨人のコーチに就任していました。
3月4日の新人研修では講師を務め、奥の深いお話をされていたようです。

NPB新人研修 木村拓コーチ講義内容(読売ジャイアンツ球団HP)

特に、最後の部分に胸を打たれました。
>自分は「こういう選手になろう」と思ってここまで来た選手じゃない。こうやるしか思いつかなかった。
(中略)
>「俺が一番うまい」と思って入団して、一番得意だった事がうまくいかない。それもプロ野球。
>その時にあきらめるのではなく、自分の話を思い出してほしい。
>投げ出す前に、自分自身を知って可能性を探るのも必要ではないか。


苦労に苦労を重ねて、自らを研鑽してきたキムタクさんだからこそ、
経験の重みを伴って後進に伝えられる大事なことが、たくさんたくさんあっただろうと思います。
木村さんがコーチ、そして監督となって指導する姿、見たかった。


日本プロ野球では今年、悲報が相次いでいます。
1月17日には、日本ハム1軍投手コーチの小林繁さんが心筋梗塞による心不全で急逝。57歳。
小林さんと言えば、江川卓さんの「空白の一日」事件で、交換トレードの相手となった元巨人のエースでした。
お酒のCMで江川さんと小林さんが杯を傾け語り合う姿は、とても印象的だったなぁ。
それから、2月5日にはオリックスの小瀬浩之外野手がキャンプ中にホテルで転落死……。まだ24歳でした。

苦労人には、報われて欲しい。
新たな人生の第一歩を踏み出そうとした矢先に、志半ばにして亡くなられた方々を思うと、
ほんとうに無念でなりません。
心よりご冥福をお祈りいたします。
関連記事
Secret
(非公開コメント受付中)

旬の花時計
善哉庵アルバム
2006~2009年の花や空
カレンダー(月別)
02 ≪│2024/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事+コメント
カテゴリー
人気ページランキング
ブログパーツ
ブログ全記事表示
全タイトルを表示
ブログ内検索
カウンター
Amazonサーチボックス
QRコード
QR
プロフィール

Author:杏月
【属性】 腐女子

【心ときめきするもの】
攻殻機動隊
ファイナルファンタジー10(FFX)
東北楽天ゴールデンイーグルス
おおきく振りかぶって
V6
名探偵コナン&まじっく快斗
ティモンディ

ことに見る人なき所にても、心のうちはなほいとをかし♪