--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010_03
13
(Sat)23:54

30年前のドラえもん第1話復活

3月19日に、アニメ「ドラえもん」の第1話がノーカット放送されるそうです。

”大山ドラえもん”再び!! 1979年のアニメ第1話が一夜かぎりの復活!!(ORICON STYLE 3月12日付)


「ドラえもん」のアニメ第1話が始まったのは、1979年4月2日。
第1話タイトルは「ゆめの町ノビタランド」
放送当初は、月曜から土曜に放送される10分間の帯番組だったそうで。
2010年3月19日(金)19:04からテレビ朝日系で放送される
「ありがとう!30周年今夜かぎりの春のドラえもん祭り」では、
この第1話がオープニングからノーカットで見られるようですよ。

でも、Wikipediaを見てみたら、こんなトリビアを発見!
>6誌に連載されていたにもかかわらず、はじめはあまり注目される漫画ではなかったという。
>実際、1973年に最初のアニメ化がなされたが、わずか半年で終了してしまう。
>その翌年には、最終回として「さようならドラえもん」が描かれたが、
>翌月「帰ってきたドラえもん」によって連載は続行された。

ほほう! 今のテレ朝の「ドラえもん」の前に、一度アニメ化されていたとは。
……って知らなかったのは私だけで、もしかして周知の事実ですか^^;?
そしてあの「さようなら、ドラえもん」はこの頃描かれたものだったんですねー。

大山のぶよさんのドラえもん、小原乃梨子さんののび太くんが見られるなんて、なぁつかしい~vv
思い返せば、私が物心ついて一番初めに「ハマった」アニメは、
「ドラえもん」だったように思います。
私の故郷では当時、夕方に30分番組で放送していたので、
ドラえもん放送曜日だけは、小学校から下校時も寄り道せずに早歩きで帰った記憶が(笑)。
もちろん、幼少のみぎりの純情可憐(嘘)だったわたくしには、
「腐った思考回路」はまだ搭載されていませんでしたよ!(笑)
純粋にワクワク楽しんで見ていました。
「ヲタク杏月」の礎はドラえもんであったと言っても過言ではなく(以下略

私が最後に「ドラえもん」を見てから、ゆうに10年以上が経過しますが、
なんでも最近では、スネちゃまが携帯電話やDVDやDSに似たゲーム機やパソコンを持っていて、
剛田雑貨店はホームページを開設しているんですって!?
隔世の感もひとしおです……(´ー`)
関連記事

C.O.M.M.E.N.T

私にとってドラえもんは「ウソ800」です。子供心に「好きなのに反対のことを言う」と言うシチュにぐっときた覚えが。いくないですか?;周りはなにあれって思ってて、本人同士はわかってるという……。
今思えばあれは文字通り萌えの萌芽だったのでしょうか…。
でも私ドラえもんと平行して風と木の詩読んでました(笑)
(あまりに幼な過ぎてこれはこれとすんなり受け入れてしまったがために今まったくタブー感のない大人に…?;「好きならいくね?本人同士の問題だし」と思ってしまうので、男同士でこんな、と悩むアベミハが書けないのでした)

2010/03/14 (Sun) 21:10 | 月子 #- | URL | 編集 | 返信

「ウソ800」! 萌えますよねっ!←

わ~い、月子さん、いらっしゃいませ~vv

>私にとってドラえもんは「ウソ800」です。
>今思えばあれは文字通り萌えの萌芽だったのでしょうか…。
ああ、解ります! 解りますよ、あの道具は「萌え」そのものです!!(笑)
それこそ、上記の記事でも触れている「さようなら、ドラえもん」の、
次の回「帰ってきたドラえもん」で登場する道具が「ウソ800」。
これを飲んだのび太が、
「ドラえもんは帰ってこないんだから」「もう、二度と会えないんだから」
と独り淋しく呟いたら、その言葉の反対が実際に起きて、
ドラえもんがのび太の元に帰ってきた……!
のび太はドラえもんに抱きつき、歓喜で滂沱と涙しながら、
「うれしくない! これからまた、ずうっとドラえもんといっしょに暮らさないっ!」
と叫ぶ。……って……
これなんて女性向け同○誌!?(杏月自重…)
私の萌えストライクど真ん中(しかもホップしながら手元で伸びるw)ですYO!(笑)

>風と木の詩
お恥ずかしいことに、私、この名作をきちんと読んだことがないんです……。
途中の一部分だけ目にしたことはあるんですが。
腐女子の端くれとして、いろはの「い」も踏まえておらなんだとは……。
我ながら甚だ遺憾です。(大袈裟w)
あ、でも、のび×ドラの風と木の詩風なSSでしたら読(ry

>「好きならいくね?本人同士の問題だし」
私もそういう価値観なんですよ、リアルで^^。
心から大切で大好きになったら、男も女も関係ない、と。
だけど、男同士なのに…!と葛藤したり背徳感に溺れたりする心理描写も 大 好 物なので(笑)、
そこを捏造するのもまた楽しかったりww
(でもアベミハって二人ともタブーを無自覚で突きぬけちゃってる感じも・苦笑)

萌えるコメントをどうもありがとうございますvv
またいつでも遊びにお越しくださいませ~♪

2010/03/15 (Mon) 02:40 | 杏月 #- | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。